アライバル探偵社

結婚調査の相談事例

結婚調査といっても様々な側面からアプローチをかけ、また得たい情報は依頼者様により異なります。
当事務所では以下の様なご相談が多くよせられます。

■金遣いが荒いようだが、普段何をしているのかが気になる。
このような場合、ターゲットを尾行し普段の生活を見る形となります。ギャンブルなどをしていないか。していた場合どの程度の頻度でどれくらいお金を使っているのか等、お金の流れを見ていく形となります。買い物に関してもカードを利用するのか現金を利用するのか、ATMの使用頻度などを確認する形となります。

■二人で会っているとき以外の生活が不明瞭。
上記調査と同じように尾行や張り込みによる調査となります。過去にあったケースでは実は妻や夫がいたというものもあります。それでは結婚をすることもできません。また別に交際相手や異性との友達関係なども調べることが可能です。報告は写真を添付し、行動を時系列でまとめたものをお渡しいたします。すでに婚約をしている中で他の女性と関係がある場合は相手に対し慰謝料請求をすることも可能です。

■周りの評価が知りたい。
聞き込みなどの情報収集がメインとなる調査です。
ターゲットと接点のある人物を対象にし、聞き込みを行う形です。ただ調べていることを告げれば、事実が聞き出せなくなり、さらには相手と依頼人の関係も悪くなってしまうでしょう。そのため自然な形で聞き出すことになります。

■親がどのような人なのかが知りたい。
まず行うべき作業は実家の特定です。情報をもとに調べていく形となります。
実家が分れば親の行動を監視し、どのような人物なのかを見ていく形となります。

≪受けられない調査≫
■相手が特殊部落出身者か調べて欲しい。
■身内に特殊部落の出身者がいないか調べて欲しい。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容
クレジットカード対応