アライバル探偵社

盗聴器発見調査FAQ

盗聴って犯罪ではないのですか?

盗聴自体を取り締まる犯罪はありません。要はラジオを聞いたりするとの変わりがないからです。ただその機材を仕掛けるためには家屋に浸入せねばならず、またそれを聞き外部に漏らすなどをすれば罪に問われる可能性があります。そのような行為が無ければ罪に問われることはありません。

仕掛けた人を特定することはできますか?

盗聴器が携帯電話などの名義登録をしているものであれば、警察に届けることで特定は可能となります。ただ電気街などで売られている盗聴器の場合、誰が仕掛けたのかというのはわかりません。仕掛けた人を特定するためには一度盗聴器を外し、再度仕掛けるところを捕えるなどの作業をしなければなりません。

盗聴器の調査時間はどの程度でしょうか?

部屋の規模などにもよります。40平米程度の部屋であれば1~2時間程度です。回収業務が必要な場合はもう少し時間がかかることもございます。また部屋の形状などにより時間もあくまで目安となります。余裕のある時間に行う形が良いでしょう。

どの場所についていても盗聴器は外せますか?

設置個所によっては電気工事などが必要です。その場合工事関係者に連絡の上、外してもらう作業が必要となります。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容
クレジットカード対応