アライバル探偵社

よくある質問

会社を経営しているのですが社員の素行を調べてもらえますでしょうか?

信用調査とは法人様からの依頼が主となります。基本的には他社の信用情報などを取得するのが主な業務ですが、社員の行動監視、不正の証拠収集など業務を円滑に行う上で調査をご依頼される方もいらっしゃいます。そのため、対応可能です。またご利用の際必要であれば領収書なども作成いたしますのでご安心ください。

人事担当者ですが、採用するうえで求職者が部落出身者なのかを調べてほしいのですが可能でしょうか?

差別にかかわる調査は全般的に対応しておりません。ただ、求職者の素行を調べ、採用するに値する人物なのかをレポートとして提出することは可能です。近年では個人でもインターネットに情報を配信できる時代となっております。避止義務を守らずに会社に不利益を与える人も多いようです。これらは事前にどのような人物かわかっていれば避けることができるでしょう。差別にかかわるものでなければこのような形でお受けできます。

どのような形で調査をおこなうのでしょうか?

登記簿などの基本的な情報から、範囲を狭め資産状況や会社経営状態を診断していく形となります。それに加え実地での聞き込みや情報収集、また張り込みや尾行といった特定人の行動を監視する作業が主となります。データバンクなどの資産情報はあくまでもデータ上の情報にすぎません。そのため見えないところは多く存在するでしょう。一つの判断材料となりますが、話を進めるうえでもう少し具体的な情報がほしいというのが本心だと思います。当事務所ではそのようなデータだけにとらわれず、生の情報を収集し、レポートを挙げております。

社員の行動はどこまで見てもらえるのでしょうか?

基本的に何を目的なのかで調査方法は変わりますが、基本的には職務中の行動、またプライベートの動きを監視する形となります。プライベートといっても会社に不利益になる情報以外は基本収集はしません。ただ明らかに会社にとって不利益になる情報はレポートとしてあげます。社員も一個人のため企業がプライベートに言及するのは人権侵害などの問題にもなりますが、それでも企業のコンプライアンスを守るうえで、会社に不利益を与える可能性があるのは排除していかなければなりません。最低限の防衛策としてある程度調べることをお勧めします。

撮影などもしてもらえるのでしょうか?

撮影に関しても調査の過程で必要とあらばおこないますのでご安心ください。なお、撮影があったからといって金額が変わることはございませんのでご安心ください。

その他不明点がありましたら総合ページのFAQ(よくある質問)を確認していただくか、直接お問い合わせください。担当者が細かくお答えいたします。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容
クレジットカード対応