アライバル探偵社

データ調査の基礎知識

探偵業の基本的な業務は尾行や張り込みなどターゲットを追う行動調査、聞き込み等の情報収集が主となります。
ただ、これらの調査を行うためには、そのターゲットとなる人の居場所が明確になっていなければなりません。
動きを見たいと思っても、その人物の居場所がわからなければ何も行うことができません。最低限尾行や張り込みを行うためには当該ターゲットの住所や勤務先、もしくは頻繁に訪れる場所などがわからなければ何もできないのです。写真もあればその分スムーズに進められるでしょう。しかし、これらの情報が一切ないという方もいらっしゃいます。例えば復縁工作や別れさせ屋などを行う場合でも、相手の居場所がわからなければ、何も行うことはできません。その場合手詰まりとなり、先に進められなくなります。これらをカバーするのが情報調査となります。ターゲットの住所や勤務先がわからなかったとしても、FacebookやMIXIなどの情報から居場所を特定したり、そのほか名前や大まかな住所地からエリアを少しずつ絞っていき、特定をするのが主な方法となります。この方法は、ターゲットを追うなどをするのではなく、あくまでもデータ上の情報を集めていくものとなります。そのため気づかれることなく調査を行うことができます。ただ情報を駆使しておこなうため、情報量が少なかったり、また古かったりした場合判明しない可能性もございます。確実に判明させることが困難なため、この調査方法は成功報酬制で対応しております。

判明の決め手は情報の信ぴょう性と新鮮さ

情報に誤りがあれば、特定はできなくなります。住んでいる大まかな住所が違っていた、名前が違っていたなどです。とくに女性の場合結婚をすることで姓が変わります。名前が違うことになり、結果情報に誤りがある形になってしまいます。これは新鮮さにも関係します。古い情報は時間の経過とともに変わってしまいます。唯一変わらないのは生年月日と出身校くらいでしょう。女性であれば名前が変わる可能性があります。実家の場所、勤務先なども変わる可能性があります。変わってしまうと元の情報は古い、もしくは誤ったものとなってしまいます。この手の調査を行う場合において、重要なのは早い段階で着手することです。メールアドレスや携帯電話番号等もすぐに変わってしまいます。情報化社会といえど、古い情報は役に立たなくなってしまいます。自宅を特定したい等をお考えであれば、早めに着手することをお勧めいたします。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容