アライバル探偵社

よくある質問

父親側が親権を取ることは可能なのでしょうか?

子供が幼少の場合、親権を得るのは母親のほうが有利です。これは裁判などの判例に従っております。単純に未就学児は母親のほうが接している時間が長いというのが理由です。最近では共働きも増えておりませんが、以前の日本では夫は働きに出て妻は家事や子供の世話をするという風習がありました。その名残がまだあるのでしょう。そのため、親権者は母方になるケースが多いのです。しかし、あくまでも親権は「子の利益」を優先します。つまり子供が将来有益になると判断されれば父方になることもあるのです。例えば母親がネグレクトや家事を放棄していたのであれば、そちらを親権者とするのは子の不利益となります。このような反残材料があれば、父親が親権者となるケースもあります。

離婚にかかる慰謝料や養育費はどの程度なのでしょうか?

婚姻期間や慰謝料が発生する事由、また収入などにより大幅に変わります。この件に関しては弁護士等にご相談されるほうがよいでしょう。

妻が離婚に同意してくれない。何とかなりませんか?

婚姻関係というのは法律で守られているため一方的に離婚をすることはできません。別れさせ屋工作が必要だと思われます。しかし、よく言われる工作方法は異性を近づけ既成事実を作るという方法を行えば、それは公序良俗に反し無効となります。あくまでも妻に離婚をするように考えてもらう必要があり、地道な作業となるでしょう。詳しくは別れさせ屋のページをご覧ください。

離婚後に親権を変えることは可能か?

基本的に離婚後に親権を変えるというのは難しいと思います。特にお子様の年齢が低ければ、生活基盤を決めたものをわざわざ動かすのは子に不利益を与えてしまう可能性があります。しかし、今の状態が不利益と判断されれば親権者を変えることは可能でしょう。これを行うために裁判を行う形となり、その証拠を提示する必要があります。

離婚相談は無料でしょうか?

離婚の相談は当事務所ではお受けしておりませんが、それを解決できる何かしらの調査・工作があるかもしれません。つきましては最終的な目的と現在の状況を教えてください。それをもとにあなたの解決策をこちらから提案いたします。

その他不明点がありましたら総合ページのFAQ(よくある質問)を確認していただくか、直接お問い合わせください。担当者が細かくお答えいたします。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容