アライバル探偵社

離婚に関係する費用に関して

結婚時は離婚をするつもりではなかったため、この部分を気にすることはなかったでしょう。夫婦関係が悪くなってから考えるため、様々なトラブルが発生します。養育費や財産分与、慰謝料また最近では年金の分配に関しての話し合いもあるようです。離婚時はある程度取り決めるため良いのですが、離婚後の養育費などの支払いがないという状況になった場合話し合いをするのが難しくなります。さらには話し合いをするためにはある程度の証拠を用意しておこなければならないため、それらの作業をすべて行うというのは難しいでしょう。当事務所では情報収集などを中心にあなたの悩みを解決していきます。

●離婚における慰謝料請求
慰謝料というのは慰め、謝るための料金です。つまり離婚をする上で謝る必要がない場合は慰謝料は発生しません。双方同意の上で離婚をし、円満に解決したのであれば、基本的に慰謝料は発生しませんが、一方が浮気をし、それが原因で離婚となった場合は離婚原因を作った浮気をした側に対して慰謝料を請求するケースがあります。この費用に関しては慰めるために支払うため、金額は状況などにより大きく変わります。金額に関しては相手の収入や資産などの金銭的な部分、子供の有無や婚姻期間、また離婚の原因に至った事由などを総合的に見て判断いたします。裁判となった場合は裁判官が公平な立場から自由裁量で決めていきます。一般的には200~400万円前後が多いようですが、必ずしもこの金額があっているというわけではありません。記した通り慰めるための料金のため、離婚に至った理由がひどければ金額は変わります。例えば浮気に関しても一回よりも複数回のほうが金額は高いでしょう継続性が求められればその期間精神的な苦痛があるとみなされ、その分金額も高くなるのです。

●離婚における財産分与
財産分与とは婚姻生活の中で夫婦が協力し形成した財産を婚姻解消時に清算または分配するものです。民法上きめられたものであり、分配をする形となります。分与するのは預貯金だけでなく不動産や有価証券、車などの動産もそれに含まれます。一般的には折半という形となります。子供がいる家庭だと妻が家事をし夫が外で働いているため、収入は夫のものとみられがちですが、内助の功という言葉にある通り妻も家庭を守ってきたという形となります。そのため収入がどちらかにあるというのに関係なく分配されます。ただ婚姻前に所持していたものに関しては協力して形成してきた財産とはなりませんので財産分与の対象外です。親の遺産なども同様に違うものと考えられます。財産分与は慰謝料とは違うため、離婚原因を作った側でも請求する権利があります。そのため慰謝料とは別と考えるべきでしょう。

●子供の養育費
養育費とは子供を育てるために必要な費用のことを言います。収入などにより条件は異なりますが、一般的な目安は3~5万円程度となります。支払いは子供が成人するまでですが、近年では子供が大学に行くケースもあるため、大学を卒業し就職するまでという形にする場合がほとんどでしょう。金額は夫婦の話し合いで決まります。そのため収入等を考えて決める形となります。ただこの養育費は成人するまでに支払いが履行されないケースが多いです。子供とも会えない、かつ新たな生活もある。このような状況の場合支払いが滞ってしまいがちになるのです。裁判を起こし給与の差し止めなども行えますが、それをするまでには様々な作業が必要となり、泣き寝入りをするしかなくなってしまうのです。

●年金分配制度
近年、年齢層の高い方が離婚をするというケースが増えております。子供も成人し、自らの余生を楽しく過ごしたい。我慢していた結婚生活にピリオドを打ち、新たな自分を見つけたいと考える方です。このような場合基本的に夫婦同意の上で離婚をするケースがほとんどですので円満に別れることが多いでしょう。近年熟年離婚が多くなったのは、年金分配制度が出来たからです。以前までは妻が扶養となっている状態で離婚をすると厚生年金の受給額が少なかったのですが、年金受給額の格差から2007年に厚生年金の分割制度がスタートしました。そのため離婚後に年金の受給額が減ることなく離婚ができるということで、経済的な不安も少なく別れることができるようになったのです。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容