アライバル探偵社

別れた後の対処法

別れた後は冷却期間を置かなければならないのでとりあえず何もしないとお考えの方は多いのではないでしょうか?それは大きな間違いです。何もしなければ状況は平行線のままです。冷却期間という言葉通り何もしないというのは大きな間違いです。よりを戻したいのであれば、それまでに行わなければならない必要最低限のことをすべきでしょう。悩んでいる暇はないのです。つらくて食事ものどを通らないなどと言っている暇があれば、何かをすべきなのです。時間的余裕は一切ありません。

基本的に当事務所のホームページを見ている方は「別れの原因が自分自身にある」か「理由が分からない」のどちらかです。ただどちらに関しても自分に責任があると考えて行動すべきでしょう。復縁は問題点の修復をしなければ改善しません。つまり何もしていないということは、改善にすら近づいていないということです。冷却期間の喪が明け、いざアプローチをかけたとしても良い回答は返ってきません。状況が変わっていないためそれも当然でしょう。これらを改善するためには別れてからあなたのすべきことをしていかなければならないのです。

男女問わず異性には知性や教養、見た目などの最低限の部分は求めてくるでしょう。付き合う相手は見た目ではなく中身と話す方もいらっしゃいますが、同じ中身が伴っているのであれば見た目のよいほうを優先するでしょう。見た目が判断材料ではないとしても、悪いよりは良いほうがいいでしょう。とくに復縁したい相手が男性であればなおさら女性の魅力は高めるべきです。相手の趣味嗜好にあわせ体系を変えていく、メイクや服装を変えるのも重要なポイントとなります。このようにして以前とは違う自分を作るのも一つのポイントです。もちろん180度変わる必要はなく、それをしてしまうと元の自分とは全く違います。多少の変化でよいのです。男女ともに変化は好むでしょう。特に自分の好みに近くなるということは共感を持ってくれるのです。このように何かしらの変化というのが必要です。

ここまでは見た目などのお話で重要となるのは中身です。別れの原因で見た目で何かを言われることはなく、ほとんどは中身に対し苦言をいうことでしょう。依存度が高い、束縛が強いなど、相手への要求が過度となり関係を悪くしてしまうのです。その結果別れを言われたという人は多いのではないでしょうか。つまり、その中身の部分が変わらなければ復縁の可能性はゼロなのです。別れた後は冷却期間を置く、ただしその期間中は自己改善をしていく。このようにすることで復縁の道はひらけていくのだと思います。何もせず悩んで待つのではなく、やらなければいけないことはたくさんあります。復縁を目指すのであれば、自分自身を見直していくべきでしょう。

しかし、それだけでは自分が変わるだけでそれ以上はありません。復縁は双方の気持ちの問題です。一方的なアプローチをしても一度壊れたものは改善しないでしょう。相手も変わらなければならないのです。当事務所は復縁工作という方法を通じ、相手の気持ちを変え、また依頼人様自身の改善をサポートしております。失恋で悩んでいるのであれば、まずは一度お問い合わせください。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容