アライバル探偵社

冷却期間はどれくらい置くべきか

よく、別れた後は冷却期間を置くべきだと言われます。その理由は時間の経過とともに精神的ストレスを和らげ、また過去の不快感を忘れるようにするためです。時間が癒してくれるのはこれが理由です。その癒しの部分が不完全な状態でアプローチをかければ拒否反応から相手は逃げの姿勢となってしまいます。そのような状況下で復縁を迫れば、ストーカー扱いされてしまう恐れもあります。ではどの程度の期間を置くべきかに関してです。これに関しては正直お答えようがありません。なぜなら別れた状況や相手の精神的な負担というのは見えないからなのです。別れ際、過度のストレスを与えていた場合、円満に別れて現在も連絡が取れる状態とを同じ尺度で考えるわけにはいきません。相手が何を思っているのかわからない以上何日経てばよいのかはわからないのです。

このように相手の心理状態により置く期間が変わるのは当然です。ただ別れ際がスムーズなのであれば、比較的短い期間で癒えるでしょう。逆にひどい状態なのであればある程度時間を置く必要があります。一般的には三週間~三か月程度といわれております。しかしこの期間中には様々な作業をしなければなりません。冷却だから「ただ冷静になり待つ」ではだめなのです。また工作を行うのであれば早めに行うべきです。

工作は数日間で結果が出せるものではありません。ある程度の期間が必要となります。工作の平均期間は三か月程度。つまり、冷却期間に相当します。逆に冷却期間を置いてから工作に着手したのでは半年後まで先延ばしされることになるのです。長くなる分不満点は忘れることとなりますが、よい部分も同時に消えていってしまうでしょう。さらには別に好きな異性が出来てしまうことも考えられます。

このように時間を置けば心身ともに落ち着きますが、過ぎ去った時間は元には戻りません。だからこそ早めに対処すべきなのです。

冷却期間中にしてはいけないこと。

まず期間中絶対にしてはいけないことに関してです。
その期間中は絶対に連絡をとらないことです。当たり前です。冷めるのを待つわけですから、相手には何もしないというのが条件です。一度でも連絡を取ってしまえば、状況は悪くなるだけです。

連絡を取らないと忘れられるのではないか?それで構わないのです。
結局問題が生じているわけで一度相手の心の中、頭の中から消える必要があるのです。期間中に連絡を取れば、また一からではなくそれ以下のところからスタートしなければならなくなります。くれぐれも連絡は取らないように注意しましょう。

もう一つは、あなたも一度相手のことを頭から消し去ってください。期間中、相手のことばかり考えていると夜も眠れなくなるでしょう。それでは心身ともに疲弊してしまいます。健康は恋愛をうまく進めるうえで必要な要素です。目の下に隈ができているような人と復縁したいとはだれも思わないでしょう。心身ともに安定させる上で相手のことは忘れてください。無論、SNSなどの動きを見るのは禁物です。中途半端に相手の情報がわかるのは余計悩みを増やす形となってしまいます。これらは一度遮断すべきでしょう。

やるべきこと。

よく自分磨きをするべきだというのが言われますが、磨くといっても何をすべきかわからないでしょう。そのように思っているのであれば、まだ復縁の道は遠いです。問題点は誰しもあると思います。それをまずは改善するところから始めましょう。それ以外にも改善すべき点はあります。不細工よりもカッコいいほうがよいでしょう。スタイルもきれいな方がよいと思います。肌の調子も荒れているより安定している方が理想だと思います。上を見ずして下ばかり見てはいないでしょうか?その性格も直していかなければなりません。恋愛経験が少ないのであれば一度外を見るというのも一つです。一人で考えるよりもまずは自分でできることから始めていく方が復縁は近づきます。悩んでいるのではなく、動くこと。それが復縁への第一歩なのです。


◆お電話でのご相談・お見積りも無料にて承ってます。

0363040074

以下のフォームは簡易相談ができるものとなっております。お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。当事務所のスタッフより連絡をいたします。なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容