アライバル探偵社

状況別対処法

別れ方が違えば、それに対する対処法というのは大きく変わります。復縁は一つの作業をしているだけでは意味がありません。状況にあった手法を施さなければ効果はないのです。当事務所ではご相談者様の状況を聞いたうえで適切な形をサポートいたします。

元カレの場合

元カレとよりを戻す場合、ほとんどのケースで依頼人の方が相手に依存してしまっていた場合があります。恋人関係というのは通常の人間関係とは少し違います。しかし、人と人とのつながりあいというのは変わりありません。依存度が高ければストレスを感じてしまいます。本来であれば適度な距離感を保つべきものですが、自制心が働かずに欲望のまま相手に欲求をしてしまいます。最初のころはよいかもしれません。しかし終始そのような形をとっていれば愛想を尽かされることもあるでしょう。

元彼女の場合

元彼女のケースの場合、男側、つまりあなたの対応や反応に大きく問題がある場合があります。人間を二つに分けるというのは聊か暴論ではありますが、やはり女性と男性は根本的な考え方が違います。セックスだけで考えても、その目的や気持ちというのは全く違うのです。違うものに対し、自分の考えを押し付けるというのは関係を悪くしてしまうのです。相手のためを思ってとった行動。その行動も相手のためにはなっておりません。情けは人の...ということわざ通り、結局は自分のためにそうしているだけです。要は自己満足にすぎません。自己満足しかしない人を好きでいるというのは無理でしょう。

同性愛のケース

同性愛だからというのは特に理由になりません。ただ単に同性が好きというのは性癖やその人の性格の問題で、男女の恋愛と何ら変わりはないのです。もちろん相手が同性愛者ではないというのであれば別ですが、そもそも交際をしていた以上、相手にも気持ちがあったのでしょう。同性愛という言葉を別れの理由にしているだけで、根本的な解決から目をそらそうとしているだけです。

付き合った期間が短い

付き合った期間が短いのは復縁工作をする上で一番難しい問題となるでしょう。工作は相手の深層心理に働きかける、また記憶を甦らせる作業を行っていきます。しかし交際期間が短ければ相手の心には何も残っていません。無いものを引き出すということはできません。最低でも交際期間は三か月ほどなければ厳しいでしょう。できれば一年以上お付き合いがあるほうがよいです。

離婚後の復縁

この手のご相談は一定数あります。とくにお子様がいらっしゃる方に多いです。子供がいると離婚後も子供との面接や養育費のやり取りなど定期的に連絡を取らなければなりません。ある程度期間がたつと、当時もめた離婚も笑い話となっているケースもあります。その時にふとなぜ離婚をしたのだろうと思ってしまう方がいらっしゃいます。このようにある程度友達のような関係を続けていれば、もう一度やり直したいという気持が生まれるでしょう。子供がおり相手に交際相手がいない場合、一番復縁はしやすいケースです。

まだ別れてはいないが微妙な状態

離婚話が出ている、別れ話が出ているというケースの場合、放っておけばいつかは別れる結果となります。相手には気持ちがなくなっているためいくら当事者が話し合いを設けたとしても良い答えは返ってこないでしょう。この場合は一刻も早く対処することをお勧めいたします。



TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容