アライバル探偵社

和歌山の復縁工作

和歌山県でも失恋に悩む男女がいらっしゃいます。出会いがあれば別れがあるのは当然ですが、それが一方的過ぎると納得ができないでしょう。復縁工作にご依頼される方はこのような悩みを抱えております。地方の場合で最近多いのはインターネットで知り合うケースです。和歌山でも同様にこの手の恋愛トラブルが多いです。例えばお見合い系のマッチングサイトなどがそれです。出会い方が何か手続きを踏んで行われるわけではないため、相手のことを知らないケースが多く、交際して発覚し、それでトラブルとなるケースが多いようです。また別れた後も共通の知人がいるわけではないため、疎遠となり場合によっては連絡が取れなくなってしまう方もいらっしゃいます。さらには相手の居場所も分からないということもあるでしょう。このようなケースの場合、接点が持てないため自分で解決するというのは困難です。復縁マニュアルなどを購入しても、それを実行できる状態ではない場合もあるでしょう。出会い方がこのような方は、工作や第三者の力を借りるしか手法は無いのです。結局そうなると業者選びとなりますが、なかなか業者を選ぶというのは簡単ではありません。実際に何もやらない業者、契約をしたら連絡が取れなくなるというところもあるようです。契約前と契約後の対応が180度変わるところもあるそうなので業者選びは慎重になるべきでしょう。とくに着手金をまとめて支払うようなところは注意が必要です。全てを支払うと、返金が一切ありません。つまり業者の良し悪しをその時点で判断しなければなりません。また和歌山で業者を探すのは困難です。そのため、依頼をするとなると必然的に都内などの業者を探す形となります。その場合交通費がかかってきてしまうでしょう。ただ当事務所は違います。様々な案件がありますのでうまく組み合わせ交通費の負担が少ない形で工作を行うことができます。負担を少なく、よりスピーディに解決する。それが当事務所のメリットです。

学歴の問題で結婚できない

2ヶ月付き合って別れた彼女との復縁希望。彼女は38歳の塾講師で出会いは合コン。結婚の話も出ていたが、相談者の学歴が高校中退ということで、身内など周りに反対され、やがて別れることになってしまった。12月から相談者は東京に転勤になったが、彼女は和歌山にいる。彼女の行動として、平日は勤務先の行き来のみ。休日はわりと早くから外出することがあるという。ジャニーズのファンで、ライブがあると必ず行ってしまうらしい。

対処法:これは当事者の問題です

相手が未成年なのであれば親の反対を押し切るというのは難しいのですが、もうすでに40歳手前です。一般的に考えれば結婚適齢期を逃しております。学歴云々で選べる年齢でもないでしょう。またそれをに親族が口を出すというのは些か問題だと思います。最終的には彼女の意思で判断されるものですので、ターゲットは彼女となるでしょう。提案としては、彼女に同性工作員を接触させて心理誘導していく形となります。例えば工作員の設定を既婚女性として、「私は結婚前にさんざん周りに反対されたけど、そんな反対を押し切っていざ結婚してみたら、みんなとっても喜んでくれたのよ」などといった内容の会話をするなど結婚に対する不安点を軽減させて行く形となるでしょう。



TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容