アライバル探偵社

三重の復縁工作

三重の特に桑名や四日市などで多く復縁工作の依頼があります。名古屋にも近いためでしょう。また人口が多いというのも一つの理由です。復縁工作を行うのであれば理想は8月です。理由は夏祭りや花火があるからです。工作を行うためにはターゲットが外出しなければなりません。またその外出もできる限り心を開いてくれる時が良いでしょう。何もない時よりも、お祭りなどの方が警戒心も低く、関係も構築しやすい場を作り出すことができるでしょう。それなのであれば冬場に行うのではなく、このようなイベントのある時期に行う方が可能性は高まるのです。しかし、それを狙うために行う時期を遅めるというのは不適切です。それが一か月後などであれば良いのですが、冬に別れたのをわざわざ時期を待って行えば状況が変わってしまいます。復縁を目指すのであれば別れた直後に動き出すのが効果的です。冷却期間というのはあくまでも二人の関係に関することなので工作とは別問題です。すぐにでも着手し、万全な体制を取ることが望ましいので、行う時期に適しているのは別れた直後です。もちろんこれはあくまでも一般的な別れ方です。別れの理由は人それぞれで、やはり同じことをすれば同じ結果が帰ってくるというものではありません。違う以上は時期やタイミングなども変わってくるでしょう。桑名の石取り祭りというのは工作を行う上で魅力的なイベントです。ただ、そこにばかり捉われるのではなく、あなたの状況にあった形で復縁を目指していくべきでしょう。もちろん津市や松坂などでも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

友達以上恋人未満からの復縁

先日彼に別れ話をされました。付き合った期間は3週間・別れてからの期間は1週間 彼は24歳東京在住・私からの告白で付き合うことになりました。三重と東京の遠距離でした。

11月に5回デート(私は月の半分桑名に滞在しています)主な連絡手段はスカイプとメールです。12月頭に二週間ぶりに名古屋で彼に会い、そして男女の関係を持ちました。

3日目に突然彼から「相性が合わない」と言われ、「友達以上の存在でとても楽しいけど恋愛対象としては無理」と言われました。そして、「気持ちの整理がついたらまた連絡ください」と言われました。現在もメール・電話ともにつながります。今の段階で私は「別れたくない」と言っていますが彼の意志は変わらないようです。年明けの1月にまた桑名に行くのでその時に彼と話をすることになっています。彼がいう「相性」は体の相性だったのではないかと思っています。

対処法:身体の相性は重要ですが、

身体の相性というのは男女の恋愛の中で重要なポイントとなります。特に男性は身体の相性を重要視する人が多いです。女性は逆に気持ちの相性を重要視します。このように交際をする上で考え方の根本が違います。相手が違う考えをしているのであれば、それを無視するわけにはいきません。しかし、本当に体の相性が別れの原因のすべてなのでしょうか。

恐らくそれ以外にも問題点はあったのではないかと思います。恐らく彼に依存している状態が好ましくなかったのだと当事務所では考えます。それを改善するためには彼に追わせる形を取らなければなりません。交際期間が短いため早期に着手しなければまた別の人を探す形となるでしょう。その前に何かしら状況を変える必要があります。できれば次回会うまでに対処法を見つけたいところですが、期間的な余裕がありません。そのためまず目指すところは次々回も会えるような形を取るべきでしょう。それまでの間に工作を進める形となります。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容