アライバル探偵社

福岡の復縁工作

九州で一番依頼件数が多いのは福岡です。単純に人口が多いため、福岡市などではかなり依頼件数がございます。とくに博多で働いている人がターゲットになるケースが多いでしょう。同地域では比較的スムーズに進められます。理由は県外の人が多く、またターゲットも外出する機会が高いからです。その他の地域の場合、外出するとしても行くところが無く、繁華街に出るのも遠いため、休みの日は自宅で過ごす、または出かけるとしても誰かと一緒という場合があり、ファーストアプローチを目指したくてもそれができない環境となってしまいます。しかし繁華街に近い場所に住んでいる方は出かける機会も多いでしょう。また仕事終わりに中洲などに出る人もいます。屋台などに行けばそれは接触のチャンスでもあります。福岡の人は比較的友好的であり、また人見知りをしない所があります。

飲み屋での接触はお酒の力もあるでしょう。アルコールを摂取すると、人は警戒心が弱まります。それで騙される人もいますが、工作もお酒の力はかなり有効な手段です。相手の懐に入るためには心を開いてもらわなければなりません。元々赤の他人であり、また最近知り合った工作員にどこまで話してくれるかというのが工作で重要となるポイントです。秘密主義の人も中に入るでしょう。しかし話したいという気持ちが芽生えれば、そのような人でも真実を言ってくれるのです。そのような状況を作るためにはその場の雰囲気やこちらの受け答え、また話したいという状況を作るための会話というのはかなり重要となるのです。そこにお酒の力を使うというのも一つです。

ターゲットがお酒好きなのであれば、それを使わない手はありません。上手く利用していくべきでしょう。このようにその人の性格や趣味なども工作には影響してくるのです。そのためファーストアプローチをする際は相手の性格などをお聞きする場合があります。それをもとに適した接触方法を考えていきます。福岡でも同様に対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

キャバ嬢とやり直したい

ターゲットは中洲で働くキャバクラ嬢。相談者はそこに通っていた客。相談者は上司との飲み会の時にその店に行ったらしい。全く興味が無かったが、その女性からもうアプローチを受ける。結果的に交際を始めるようになった。女性は店を辞め昼職一本となる。3カ月後には同棲を始める。しかし半年ほど経ってから関係が少しずつ悪くなっていく。恐らく女性が浮気をしていたようで、それを問い詰めたところから別れ話に発展してしまう。

一時は落ちついたものの以後の関係は最悪となる。さらに女性は再度中洲のキャバクラでバイトを始めだしたそうだ。一年後には同棲を解消し自然消滅という形で別れてしまった。彼女の住まいは不明だが昼の仕事と夜バイトをしている場所は知っている。年齢は21歳。恐らく博多在住。このような状態だが依頼は可能か?

対処法:彼女に追わせること

恐らくバイトを再度はじめたあたりから別れの覚悟をしていたのでしょう。年齢が若いところから色々な誘惑があるのだと思いますが、結局はご相談者様の対応に問題があったのだと思います。細かな別れの原因を聞いていないため何とも言えませんが、恐らく相談者様は付き合ったという形ではなく、付き合ってあげていると上から目線で交際をしていたのだと思います。初期のころは入れ込んでおりますのでそれでもついてくるでしょう。しかしその熱というのは時間が経てば冷めてしまいます。結果的に関係は少しずつ悪くなってきてしまうでしょう。彼女も「こんなはずではなかった」「思っていた人と違う」と考えていたのだと思われます。しかしここで相談者様が彼女を追っても関係は修復しないでしょう。

本件で重要なことは「彼女に追わせる」という形です。これは彼女の性格などを考えた結果ですが、世の中の人を二つに分けると追うタイプ、追われるタイプのどちらかとなります。彼女は追うほうが性格などにもあっており、ストレスを感じないのでしょう。そのため追わせる形を取らなければなりません。そのためには再度彼女の気持ちを甦らせ、闘争心に火をつける必要があります。一般的な復縁であれば同性工作員を近付ける形となりますが、職業や性格などを考えると男性を近付ける方が無難かもしれません。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容