アライバル探偵社

鹿児島の復縁工作

ターゲットとなるのは彼か彼女。結婚していたのであれば元妻や元夫です。やり直したいという気持ちを相手から引き出すといった形で工作は進んでいきます。この鹿児島県でも同様に復縁工作のご利用が可能です。地方の場合、ターゲットとなる人物のほとんどが車両移動です。鹿児島市でも同じように車を使う人ばかりです。そのため工作に勧めるためのファーストアプローチは電車移動の方よりも容易ではありません。車を尾行しなければならず、また行先も不明です。行った先で誰と合流するのか、また何をするのかも不明の中で行わなければなりません。様子を見たいですが、それをしているとチャンスを逃してしまう恐れがあります。そのため様子を見るとしても過度に行うよりもある程度見切りをつけて行っていく方が良いでしょう。探偵社の中にはやたらと事前調査ばかりを行うところがあるようです。確かに事前調査は必要です。しかし、それだけをしていても何の意味もありません。復縁を目指すためにはファーストアプローチ及び連絡先交換が最低限必要です。必要な作業を一切せずに、ただ調査だけ行い、結果何もできずに終了してしまうという話も耳にします。当事務所では基本、情報が一通り揃っているのであれば事前調査はほとんど必要ありません。情報を確認するために多少行うだけで、あとは工作に進むためのファーストアプローチを行っていきます。またこのような形で行っておりますので、支払いに関してもまずは前段階の作業分だけのお支払で構わないのです。料金システムがこのような形となっておりますので、負担を少なく始められます。また鹿児島県でも着手後すぐに工作に進む手筈を踏んでいきます。

元カレとの復縁体験談

元彼と現彼女の別れさせ、および元彼との復縁希望。2011年3月に別れたが秋頃に復縁しようとしたら彼にはすでに交際相手がいた。今も彼は現彼女と仲良くやっているようで、この年末に「もう連絡したり会ったりしないほうがいい」と彼に言われた。

■彼情報
36歳、フリーランスのライター自宅および記者編集部は鹿児島市内。普段の勤務場所は自宅と編集部以外にも鹿児島県外の現場があり、勤務形態も休日もすべて不規則。自宅は6階建てぐらいのマンションの4階。オートロックなし、エレベーターあり。車と自転車を持っていて、どちらも普段から使う。自転車はマンション敷地内の駐輪場に、車は自宅近くの平置き月極駐車場に置いている。

■彼女情報
30歳、携帯ショップの接客業。

対処法:費用対効果を考えるべきです

別れてから半年ほど経過しているため、それがどのような影響を及ぼすのかわかりませんが、まず行うべきことは別れさせです。彼女をターゲットにする形となるでしょう。しかし彼女の情報が不足しています。そのためまずは特定作業を行ないますが、特定するためには二人が会わなければなりません。いつどのような形で会うかが分らないため特定が出来るかどうかも不明です。しかし特定が出来なければ彼女に対し工作を仕掛ける形が取れません。そのためだけに費用をかけるというのは費用対効果が悪いでしょう。そのため、彼もターゲットの一人として考えるべきです。どちらにしても彼を尾行するため、特定が難しそうであれば彼を対象に、特定できそうであれば彼女を対象にすればよいと思います。このように工作は一つの作業を行うのではなく、柔軟に対処するほうが効率よく出来る場合があります。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容