アライバル探偵社

徳島の復縁工作

沖縄でもアライバル探偵社では復縁工作を行っております。同地域は那覇などの本当がメインとなりますが、稀に離島からの依頼というものもございます。ただ本当でも全国的にみると依頼件数が少ないです。そもそも相談自体が少ないのです。理由は性格的なこと、また天候や気温などが影響してくるのでしょう。

おおらかな人が多いというのは良く聞く話で、恋愛トラブルに発展する可能性が低い地域なのでしょう。ただこれは依頼人とターゲットの両方が沖縄に住んでいるという事だけの話しであり、ターゲットは沖縄在住で、依頼人が全く別の場所に住んでいるという事もあるのです。その場合遠距離の復縁工作という事になります。多いのが依頼者側は都内や大阪などの大都市に住んでおり、ターゲットと沖縄で出会って工作を始めるが遠距離ということで関係が希薄となり、自然消滅をしてしまったというものです。このようなケースの場合、工作地域は沖縄という事になります。

実際に行う場合、現地にスタッフを派遣し、滞在させその中で工作の切り口を見つけていく形となります。このような方法で行う理由は交通費などの負担を少なくするためです。交通費などに関しては着手金の中から出費していくわけですが、往復を繰り返せばその分負担となってしまいます。それを避けるために連日して行う中である程度形を作り出していくというのが当事務所の進め方です。同地域の適した時期は台風の来ない秋から初夏にかけてです。夏場は天候が荒れて工作を想うように進められなくなります。天候が落ち着いているのであれば夏でもも問題なく行える、むしろその時期の方がスムーズに進められるのですが天候ばかりは事前に全てを知ることができず、かなりこれには悩まされるポイントとなってしまうでしょう。

このように工作は天気にも大きく左右してくるのです。幾ら地元の人が台風に慣れているからといっても、やはり自然災害なので慎重になるでしょう。その気持ちをうまく引き出して工作に役立ているというのも一つの手だとは思いますが、不確定要素が高いため、オススメできるものではありません。

沖縄で出会った人と復縁したい

当方は都内在住ですが、ターゲットは沖縄に住んでいます。去年の夏旅行で女友達と沖縄に行きました。そこで彼と出会いました。当時は観光客として滞在していたのですがその期間中に関係を持ってしまいました。以後定期的に沖縄に行き彼と会っていました。交際してから三ヶ月程で結婚の話が持ち上がりました。彼も一度東京に来て両親と化追わせをしました。しかし今年の四月に突然彼から別れを告げられました。理由は不明ですが浮気をするような人ではありません。

彼は以前から鬱病を患っており、恐らくそれが原因だと思います。男性でもマリッジブルーの様な現象が起こるそうなので、それのせいだと私は考えております。別れた後もメールのやり取りをしており、沖縄に行くペースは減ったものの、それでもいまだに彼と会い関係もあります。会うたびに復縁の話を匂わせますが、もとに戻る気は無いと言われております。このように中途半端な関係ですけれどやり直すことはできるのでしょうか。

対処法:アプローチを間違えなければ

遠距離でターゲットが沖縄というケースはあります。どうしても会えるペースが少なくなってしまうため、関係を保つのが難しいでしょう。またメールや電話だと相手のストレスとなってしまうことがあります。本件のターゲットのように気分の浮き沈みが激しいとマリッジブルーとなり結婚に前向きへとならない方もいらっしゃいます。とくに急激に関係を深めたのであれば尚更でしょう。関係というのは徐々に深めていく方が壊れづらいです。そのため今はやり直すための準備期間と考えるべきです。

連絡が取り会える関係ですので、アプローチの仕方を間違えなければよりは戻せると思います。そのため行くたびに復縁を匂わすのはタブーです。もう少し彼の心の中を見た方が良いでしょう。理想は彼の気持ちがわかる状態にしておくことです。それをするためには工作という作業が必要となります。ターゲットに工作員を近づけ、気持ちを聞き出しつつ相手の反応を伺う。その結果をもとにご相談者様がアプローチ方法を考えていくというものです。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容