アライバル探偵社

可能性をチェック

以下の項目は該当するほど可能性が高まります。ただ該当したとしても必ずしも成功するというわけではありません。
復縁までには様々なプロセスがありそれを乗り越えていかなければなりません。いばらの道の可能性もあるでしょう。ただそれらを乗り越えればもう一度やり直すチャンスが生まれます。それまでにすべきこと、また過去を見てだめだった部分を改善していかなければなりません。このチェックテストは過去の問題点を再認識するものです。

■付き合った期間が三年以上ある。

付き合いの期間が長ければ、より復縁の可能性を高めます。やり直すためにはあなたに対する気持ちを再度甦らせなければなりません。交際期間が短いと思い出すどころか記憶から消されてしまいます。期間が長い、または結婚していた事実があればその分可能性は高まるでしょう。

■別れてからも連絡が取れる状況だ。

やり直すためには最終的にあなた自身が動かなければなりません。待っていてももとには戻れないでしょう。つまり、連絡が取れる環境でなければなりません。ただ連絡が取れるからといって下手な行動は避けるべきです。関係が修復できない状態で連絡をとれば、それは相手にとってストレスとなります。そのため改善できていない段階ではできる限りやり取りは控えましょう。

■別れたあと復縁の話をしていない。

関係が修復できない段階で復縁を迫っても返って来る言葉は否定的なものです。頑なになっている相手に話をしても意味がありません。潔く身を引くことも時には重要なのです。面倒な人と思われる前に一度身を引いて気持ちを落ち着かせるべきでしょう。

■相手には交際相手がいない。

交際相手の有無は極めて重要な要素です。いる場合は別途別れさせが必要となります。寄りを戻すためには一定の冷却期間が必要です。しかし、あまり時間を置きすぎると第三者と交際してしまう可能性もあるのです。これらは復縁を目指す上でかなり重要なポイントとなります。

■相手の基礎情報(住所や勤務先)などはわかる。

工作を行うのであれば、相手の情報は必要不可欠です。ないのであれば収集することになりますが、その分費用がかかります。また情報の多さは工作の可能性を高めるひとつの判断材料となります。情報が古くなる前に着手すべきでしょう。

■共通の知人がいる。

共通の知人がいると間に入って手助けしてくれるケースがあります。ただこの共通の知人選びも慎重に行わなければなりません。どちらかの肩を持つということが事前にわかってしまう人の場合、その人を仲介役にしても意味がありません。双方が「この人は中立的な立場で判断してくれる人」という印象がある人でなければ取り持っても意味がないのです。どちらかの肩をもちような人の場合、頼まれたのでは?という疑いをもたれてしまいます。実際に頼んでいなかったとしても相手がそう思えばそれまでです。求人に頼むとしてもこのあたりは注意すべきでしょう。

■住まいが近い。

住まいが遠いと距離に応じて難しくなります。単純に接点が少なくなるからです。家が近ければその分関係の距離感も近くなります。復縁をするための土壌は整っていると考えてよいでしょう。距離が遠くても方法次第ではできますが、その後の対応は極めて難しいものとお考えください。

■共通の趣味がある。

趣味というのは出会いの場としてふさわしい場所です。理解してくれる人に対し人間は興味を持ちます。共通の話題が多いほど関係は深まるのです。合コンやお見合いなどで同郷の人の場合成約率が高まります。単純に話が合うからというのが理由でしょう。また相手の興味を持つ者に対し一切興味を持たないというのは、相手のすべてを受け入れようとしていないことでもあります。同じ趣味にする必要はありませんが、興味を持ってみるというのも一つだと思います。

■別れた原因はあなたにある。

別れの原因が相手の浮気やわがままなどであれば、相手を変えていかなければなりませんが、自分自身であれば自分を変えていけばよいのです。それすらできないというのであれば復縁は諦めるべきでしょう。原因を改善せずして復縁はあり得ません。問題点を修復することで可能性は生まれます。何もせずにお金だけ払えば、業者が何とかしてくれるという考え方はやめたほうがよいでしょう。そのような考えをしている方は当事務所では対応しておりません。

■別れ際は比較的きれいに別れられたという自信がある。

別れ際にネチネチ復縁を迫ったり、自分の命を人質に関係を元に戻すように頼んでいませんか?相手は別れを決意しています。その原因があなたにあればいくら説いたとしても回答はNOでしょう。そのような中で無理に懇願すれば状況をよけいに悪くしてしまいます。別れ際に拗れるようなことをするのは避けるべきです。きれいな形で別れて、その後も連絡が取りあえる環境であればその分可能性は広がります。

■嘘などが理由で関係が悪化したわけではない。

嘘をつき、それが知られてしまった場合、信用を無くします。恋人関係はある意味企業同士との関係と同じです。信頼関係で成り立ち、お互いが共存しあう。ともに生きて利益を出す。このように会社も恋人も成長していくのです。しかし、そこに嘘や偽りがあった場合相手を信用できなくなります。信頼関係が崩壊すれば、その後の行く末は見えているでしょう。普通に考えれば関係の解消です。ちょっとした嘘でも関係は壊れてしまいます。それだけ恋人や夫婦の関係で嘘というのは重罪なのです。ついていなければよいのですが嘘をつき、それを知られてしまった場合は難しくなります。

恐らく、このチェックテストを見ている方はあまりチェックがついていない、つまり該当する項目がない人が多いのではないでしょうか。だからこそインターネットで復縁代行屋を探しているのだと思います。とくに当事務所の相談者は、別れの原因が相談者にあるが、別れ際に関係をさらに悪くしてしまったという人が多いのです。このような状況ではご自身で改善するというのは困難でしょう。そのため当事務所があるのです。上記項目に該当しないケースでも当事務所はその中で交差君も提案をいたします。確かに簡単なことではありません。ただ可能性があるのであればそれを追い求めることも重要だと思います。まずは一度状況だけでもお問い合わせください。当事務所があなたの悩みを解決いたします。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容