アライバル探偵社

恋愛のプロが手掛ける復縁工作

復縁工作と聞いて何をするのかわからないという方も多いと思います。そのため基本的な工作の説明をしていこうと思います。単純に復縁を目指すために何かしらの作業を行いながら相手とよりを戻す機会を作り出すというのがそれにあたります。何かしらの作業という部分が復縁工作に該当する部分です。方法に関してはご予算や状況により変わるのですが、基本的によりを戻したい相手に工作員を近づけ、その中でよりを戻す要素を見つけ出し、または心理誘導などを行いながら、戻りたいという気持ちをよみがえらせるか、別れた原因となる部分を改善しつつ、依頼者様側から再度アプローチをかけてもらうというものです。

これらの作業を行うためには、まず工作員がターゲットとなる人に接点を持たなければなりません。まずはこの作業が工作のスタートとなります。面識は無いため、誰かの紹介というわけにはいきません。仮に誰かの紹介で近づいたとしてもそれでは意味がないのです。お宅様とつながりがあると思われてしまえば、警戒し本心を言わなくなるでしょう。警戒心を与えれば、さらに印象を悪くしてしまいます。そのため、全く関係のない形で接点を見つけ出さなければならないのです。しかし、自宅がわかっているからといって直接家に行くわけにもいきません。つまり尾行や張り込みという作業を行いつつ、その中で接触を目指していくのです。

そして接触を行い、連絡先交換をします。何度も偶然を装い会うのは不自然でまた無理があります。そのため電話番号やメールアドレスを交換し、まずは友達関係を構築いたします。その後やり取りを行い、会っていく形となります。そこで本件の復縁工作がスタートするのです。ここまでの作業が前半部分となります。下地作りではありますが、先に進めるためのアプローチです。これがうまくいかなければ前にも進めません。そのためある程度本腰を入れ行う必要があります。

やり取りを開始し、会う日が決まります。以後は関係の構築を行いつつ本題である復縁に向けたサポートを行います。ここで重要なのはいままで交際していた時の状況や相手の情報です。ただ復縁をすべきだと説得したとしてもそれは受け入れてはもらえないでしょう。あくまでも自然な形を目指さなければなりません。理想は相手からよりを戻したいという気持ちを作り出していくことです。ここではリーディングという手法を使います。持っている情報をうまく駆使し、相手によりを戻したいという気持ちを芽生えさせ、その行動を起こすように心理誘導をしていくのです。この部分に関してはある程度経験を積まなければできない作業となります。ただリーディングを行うとしても、依頼者とターゲットとの間で起こったことを共有しているのかなどがポイントとなります。依頼人は共有していると思っていたとしても、相手は特に気にも留めていない事象なのであれば、それをしても効果が出ません。また相手の気分や精神状況にも左右します。施したはよいがタイミングが悪かったという場合もあるでしょう。そのため、工作は確実に成功するというものではないのです。またこの最終段階だけではなく、前半の部分にも失敗するリスクは潜んでいます。このように不確定要素のある中で進めていかなければならないのです。ただ、現在の状況をお考えください。あなた自身でこの件を改善できるとお考えでしょうか?恐らく難しいと判断したため、現在このサイトを見ているのだと思います。何かをするためには動かすための力が必要です。当事務所ではその力を貸しております。相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

工作の可能性

可能性はあるのか?という質問が多いのですが、それはゼロではありません。ただ何%の可能性があるということはお伝えできない部分です。そもそも、相談時にお話しすることは限られた情報のものです。たかだかその程度の情報で可能性云々の話ができるわけがありません。相手の性格を話していただいたとしても、それはあなた側から見た相手です。つまり事実とはズレが生じている部分もあるでしょう。性格に関しても同じことが言えます。その相手の性格がすべてわかっているのであれば、恐らく別れるという状況は免れることができたでしょう。別れたのであれば、それができていなかったのだと思います。少しきついことを言いましたが、これは事実です。人対人、とくに恋愛に至っては相手のことはあまり見えていないケースが多いのです。だからこそ関係に亀裂が入ったり、するのです。工作を依頼する上で可能性がどの程度なのかを気にするお気持ちは非常にわかります。しかし何も見えていない状態ではそれを判断できるだけの情報がないのです。そのため、依頼時に言えることは五分五分というところです。もちろん、進める中で見えてくるところがあります。そのため着手しながら可能性は判断していくものです。

可能性を高めるために

今お持ちの情報を整理してください。あくまでも客観的な情報です。主観的なものは工作にマイナスの影響を与える可能性があります。確実性があり、第三者から見ても正しいとされる情報が多ければそれは可能性が高まるでしょう。情報量次第で行える方法は変わってきます。お伝えした通り情報が多ければその分可能性は高まるわけですが、それをするために無理に集めようとするのは禁物です。とくにあなたはすでに別れた、もしくは別れそうになっている相手です。そのような状況で情報を集めるために動き、それを知られてしまうと余計状況が悪くなるばかりか、工作がその時点で行えなくなってしまう可能性もあるのです。動くのはお控えください。

冷却期間のページでも説明しておりますが、やはり依頼人側も変わっていく必要があります。相手が復縁したいという気持ちが芽生えたとしても当事者が以前と変わりがなければまた別れる可能性があります。復縁は別れの原因の改善と、相手の気持ちの変化、また依頼人自らの気持ちや問題点の改善がありはじめてできるものとなります。つまり依頼者様もその間修復や自己改革に向けて行動を起こしていく必要があるのです。悲しくて夜も眠れないと言っている暇があれば、悩んでいないでそれに対して行動を起こすべきでしょう。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容