アライバル探偵社

愛媛の復縁工作

失恋したけどもう一度やり直したいとお考えの方へ。愛媛でも復縁工作を対応しております。松山を中心に県内全域で工作対応しております。松山の飲み屋街は有名です。地方で人口も少ないですが、全国的に見ても有名なところです。わざわざここに行くために県外から来られる方も多いようです。

飲み屋が多いということは、そこで働く人たちの恋愛模様もそこにはございます。ターゲットが水商売をしている、もしくは依頼者自身が従事している場合もあります。色恋沙汰のある職業のため、この手のトラブルは多く抱えているのです。またこの場合、復縁工作の前に別れさせる作業が必要となることが多いのです。

男女の恋愛というのはちょっとしたすれ違いで壊れてしまう非常に脆いものです。結束が強かったとしても、恋愛のトラブルで壊れてしまうケースは多いです。一度壊れてしまったものを直すというのは簡単ではありません。時間と労力はどうしてもかかってしまうでしょう。

よく、復縁をするためには一度冷却期間を置くべきといわれるケースがあります。たしかに時間の経過とともに相手に対する感情は薄れていきます。嫌な思いをしたのであれば、その感情はすくなくなるでしょう。しかし期間をどれくらい置くべきかは相手次第となります。性格や生活スタイル、別れの原因や交際期間などは人により違います。例えば交際して三か月の方と10年の方の場合、思い出の量は全く違うでしょう。そこに違いがあるのであれば冷却期間にも違いが出るはずです。またその人の性格的な部分も考慮しなければなりません。スパッと気持ちを切り替えられるようなタイプなのであれば、気持ちが癒えるのも早いでしょう。逆の性格なのであれば長期間必要な場合もあります。

このように期間は人により違いがあります。違う以上、自分の予想に頼るのではなく、事実を知りそこで対処していくべきです。復縁工作はその情報を聞き出す一つのツールです。相手の気持ちがわかるということは、適した対策も考えられるようになります。工作を行うのであれば、時間を置くのではなく、すぐに対処したうえで進める形が理想なのです。愛媛でも復縁工作の対応をしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

判断しても復縁したい

結婚を決めていた彼との復縁。ほぼ結婚が確定していたが彼の両親が土壇場で反対するようになり破談。両親が反対した理由は相談者のホームシック。相談者は今、彼と一緒に住むはずだった松山のマンションに一人で暮らしているが、故郷の大阪に帰りたいと時折思ったのを彼の両親が不快に思ったそう。彼は両親の意向に従い「もう結婚は難しいと思う」と言っており、それに反論する相談者と膠着状態。

対処法:彼の考えを変える必要があります

両親が反対をしても結婚は出来ます。結局は当人の気持ちの問題でしょう。ホームシックの度合いがどの程度なのかにもよりますが、結婚時によくあるマリッジブルーです。本来であれば彼がサポートしてあげるところです。別れの原因は表向きは相談者にありますが、根本は彼です。彼の気持ちを変えることでもう一度チャンスは訪れると思います。反論をしていても良い結果は生まれません。話し合いはうまい具合に切り抜け、とりあえず現状を維持できる体制を整えていきましょう。それと同時に工作を進めることになります。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容