アライバル探偵社

青森の復縁工作

復縁工作を依頼される方は九州よりも東北の方の方が多いように感じます。理由は恐らく北国の人の方が精神的に不安定になりやすいからだと思います。人恋しいと思う気持ちがもう一度やり直したいと思い、工作を考えるのでしょう。青森の方からの依頼も人口の割合から考えると多いように思います。

ただ同県には復縁工作業者というものがありません。あったとしてもレンタルオフィスなど事務所の存在が無いところでしょ.ウ。またそのようなところに依頼をすると別名目で様々な費用を請求されてしまいます。結局は都内にいるスタッフを現地に派遣するだけで、結局は都内の業者に頼むのと料金に変わりがありません。ただ当事務所では青森でも安心して依頼が出来るような形を提案しております。

工作の進め方を上手く行えば、そのあたりの経費を押さえ、円滑に進めることが出来るでしょう。青森県の方でも気軽にご利用できる復縁工作をぜひご検討していただけたらと思います。

青森の復縁体験談

青森在住の三浦と申します(男性・40歳・会社員)実は妻との関係修復に悩んでおります。

私は2年ほど前から会社内の人間関係で悩み、カウンセリングを受けるようになりました。1年ほど前から心療内科にも通い、またカウンセリングなども受けて治療中です。診断の結果は躁鬱、統合失調の疑いがあると言われています。何とか妻や子供達には迷惑をかけたくない、また不安定になった状態を妻子に見せたくないという思いで別居を申し出て、現在私は一年ほど前から一人でくらしております。

週に一度は自宅に戻り家族と過ごすようになっているのですが、妻は私が浮気をしていると疑ってしまってます。それはないと話しても納得しません。治療方針から独りで暮らしている部屋は見せないでいます。特にその部分を疑っているようです。妻の疑いが晴れればまたやり直せそうですが、このままズルズルと続けばいつかは離婚の話が出てくる可能性もあります。子供のこと、妻のことを考えると余計鬱状態となってしまい、さらに悪い方向へと進みそうです。夫婦改善のためにできれば復縁のサポートをしてもらいたいと思います。まだ別れてもいない状態ではありますが、この場合でも工作は可能でしょうか?

対処法

現状婚姻関係は続いているものの、家庭内別居状態やすでに離婚話が出ているなかで関係を修復したいというご相談は多くあります。本件の場合、奥様が疑っている状況ですのでその疑いを晴らす必要があります。治療も重要ですが、奥様との関係修復も重要でしょう。ただ一度疑いをもってしまうとそれを修復するのは難しくなります。例えば過去に浮気をしたことがある場合、その後も疑いは続いてしまいます。復縁を目指すためには奥様の信用を得ていくしかありません。この状況から考えられる手法はまず奥様に同棲工作員を近づけていきます。現状では知り合いではないため、まずはどこかしらで接点を持たなければなりません。接触、連絡先交換を行い、工作に進んでいきます。工作中はお子様の考えを聞きつつその中で心理誘導を目指すという形になります。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容