アライバル探偵社

個人を対象とした聞き込み調査

本心が分らない相手に当事者が直接聞いたとしても本当の答えは返ってきません。また共通の友人を介したとしても、利害関係がある以上事実を聞き出すのは難しいでしょう。ただ第三者で本件の悩みとは関係していない人物であれば、隠す必要もありません。利害関係の無い第三者だからできる聞き込み調査です。
この調査で一番多くご依頼があるのは、やはり男女関係のことでしょう。続いて居場所を知るための身元調査に該当するものです。

男女関係に関しては離婚事由や相手の現在の交際有無、また依頼者に対する感情や気持ちを聞き出してほしいというものです。これらの場合、興信所のスタッフとして聞き込みを行うことはできません。また恋愛話など個人のプライベートな部分を覗く形となりますのである程度の交友関係が構築できていなければその話まで到達するのが難しくなるでしょう。そのため聞き込みを行う上で、接触や連絡先交換、関係の構築などの事前準備が必要とされます。これらの作業は復縁工作などに用いられるケースもあります。元恋人とやり直したいなどをお考えであれば一度ご相談ください。

行方不明者の捜索で情報が全くない場合、現地での聞き込みを実施する場合があります。当該対象者の失踪したポイントから絞り込みを行い、場合によってはローラー作戦で一軒ずつ聞き込みを行う形です。交友関係が明確であれば、友人などに行うケースもあります。失踪者の捜索に関しては興信所のスタッフとして聞き込みを行うケースもあれば、それを伝えずに行う場合もあります。これは失踪した状況により変わります。本人の意思で行方をくらませていれば、例え知っている人がいたとしても口止めされている可能性があります。その場合、事実を教えてくれないでしょう。探していることを悟られ、余計見つけづらい状況を作り出してしまいます。そのようなことが無く、居場所も不明、また情報も無い場合は興信所のスタッフとして聞き込みを行います。調査をしている旨を伝え、それをもとに調べていく形となります。

基本的に個人に対する聞き込みは、電話などの通信機器を用いたものではなく直接ターゲットに接して行う場合がほとんどです。場合によっては会いつつ電話を用いるケースもございます。しかし、通信機器で聞き出すのには限界というものがあります。行うのであればやはり直接会う形が聞き込みの効果を最大限発揮できるでしょう。

このように個人に対する聞き込みは、案件によりアプローチ方法や聞き出し方が大きく変わるものです。また当案件にかける資金面でも変わってきます。ご予算状況を踏まえた上で、その中で出来る方法を当事務所では提案いたします。ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容
クレジットカード対応