アライバル探偵社

告白が上手くできない方へ

まず告白をしようと考える前に、その状態に満たしているのかを考えましょう。告白をするということは相手から良い返事をもらいたいという気持ちがあります。悪い答えを聞くとわかっているのであればわざわざ行動には移さないでしょう。求めているのがイエスなのであればその回答が出るような形を目指さなければなりません。

告白ができない人は恐らくこの部分で悩んでいるのでしょう。否定的な回答を聞きたくないから奥手となり気持ちを思うように伝えられないでいるのです。確かに良い回答が得られなければその後の関係は難しくなるでしょう。それが職場などの同僚であれば気まずい関係がつづきます。一度告白をしてしまうと相手も意識してしまうでしょう。断ったという経緯から関係も悪くなります。なにか相手のためにした行動も「好意があるから」という目で見られてしまうのです。気持ちを伝えるというのは重要ですが、相手の考えなどを考えずに一方的に気持ちを伝えるというのは自己中心的な考えです。好意を伝えるとしても相手の気持ちや状況を考えた上で行うべきでしょう。とくに相手が既婚者なのであればそこは注意が必要です。結婚をしているためいくら気持ちがあったとしても離婚をしない限り願いは叶いません。離婚をするかどうかは相手次第です。つまりすべてを相手に任せなければならないのです。これらの負担はかなり大きく、たとえ告白をして良い返事がもらえたとしても良い状況にはならないでしょう。このように告白のタイミングというのは相手のことを考える必要があります。

否定的な解答なのであれば告白は控え、理想の答えであれば告白をする。このような状況であれば告白はしやすいのではないでしょうか?不安がなければ自分の気持ちを伝えられるでしょう。ただそんな状況が事前にわかるのであれば悩むことはないわけで、それを知るのが大変なのです。つまり相手の気持ちはどうなのかという答えを知らなければなりません。当事務所では工作という過程で相手の気持ちを聞き出していく方法を提案いたしますが、それ以外にも方法がございます。

まずはあなたとターゲットの関係を考えてください。知り合ってから期間が長いのか短いのか、また接点は多いのか少ないのか。ここが重要となります。知り合ってから期間が短く接点が少ない、また長くても同様に接点が少ない場合、判断材料が少なくなってしまいます。ただある程度接点が多いのであればそれは参考となるでしょう。接点が少ない場合はただ単に接触する時間を多くすべきでしょう。接点が多いということは相手の反応も見ることができます。直接言葉にしなくとも対応などで相手に気持ちを伝えることができるでしょう。理想は相手側に告白をさせることです。出来れば仕事だけではなくプライベートに誘うなどがよい形だと思います。その際に相談を持ち掛けるなど秘密の共有をすることで距離も縮まるでしょう。告白は自らするのではなく相手にさせる形をとります。うまくできないと思っている人はうまく告白をするのを目指すのではなく、相手にさせる形を選ぶべきでしょう。もちろん相手も同じように告白が苦手ないタイプなのであれば自らが動かなければなりませんが、そのあたりまで見えてきていれば振られる怖さというのはないでしょう。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容