アライバル探偵社

状況別対処法

交際はしているが結婚の話が進まないという方に当事務所ではサポート業務を行っております。
ただできない理由は人それぞれです。案件に合った方法を選んでいく形が理想です。

■相手が結婚しているため、話しが前に進まない。
別れさせ屋工作が必要な案件です。離婚が成立しなければ一緒に生活をすることはできません。
また今の様な不倫関係を続けていればいつかは破たんしてしまいます。早急に対処するのが望ましいでしょう。詳しくは別れさせ屋のページをご覧ください。

■お互い結婚の意志はあるが親に反対されている場合
どちらの親が反対しているのか、また反対する理由によります。基本的に親は反対するものです。どこの馬の骨とも分らない人を突然連れてこられて結婚しますと言われれば誰でも不安に思うでしょう。余程おおらかな人間でない限り反対をするかと思います。この部分を解決せずに結婚をすることもできますが、やはり家族のつながりというのは切ることが出来ません。できればお互いしっかりと気持ちを決めた上で結婚をしていった方が良いでしょう。一番多いケースがこの形ですが、逆にこれは乗り越えやすい部分だと思います。本当に結婚したいという気持ちがあるのであれば親の気持ちを変えることもできるでしょう。

■結婚の話が出るが彼が踏み留まっている状態
経済面で結婚を踏みとどまっている方も多いと思います。特に男性はそれを考える人は多いでしょう。昔ながらの結婚観の方の場合、嫁を育てるというイメージからこのように考えるのではないでしょうか。確かに子供が生まれれば経済面を気にしなければならないでしょう。ただ結婚だけであれば、そこを気にする必要はないのです。しかし、この考えが根底にあるため当事者がいくら話したとしても受け入れてはくれないでしょう。第三者のサポートが必要となるものだと思います。

■彼女が結婚になかなか同意してくれない場合
まだ遊び足りないから結婚はしたくない。女性にはこのように考える人がいます。結婚をすると夫を持つ妻というイメージがあり友人と遊ぶのも少なくなってしまいます。また異性との交流の場も徐々に減ってしまうでしょう。年齢が若い人はこのように考える人が多いようです。女性がそのように考えている場合は、その人の気持ちを動かしていく形が良いでしょう。男性の場合、ただ浮気をしたいだけなのかもしれません。この場合は性格的な問題でありそれを変えるというのは少し難しいところがあります。相談者様に魅力が無いと思われているのかもしれません。または釣った魚には餌をやらないという人なのかもしれません。この場合は工作ではなく自己改善やアプローチの仕方を見直していくのが効果的でしょう。

そもそも結婚観が違う男女が同じ土俵の上で話し合ったとしても良い着地点は見つかりません。場合によっては譲歩したりする必要も出てくるでしょう。結婚まではある種の交渉のようなものです。お互いが好き同士だとしても結婚を選択しない人も中にはいるのです。極端に考えれば書類上の契約のようなものですが、それを重く考える人も中にはいるでしょう。このように価値観の違いが前に進まない状況を生んでしまうこともあります。そのためお互いの考えを認識することから結婚の道はスタートしていくものです。これは親に反対されているという場合でも同じです。結局は親のせいにしているだけで、交渉が苦手な出気ということです。親に対し交渉をするというのは少し変な言い回しではありますが、感情を抜きにすれば何事も交渉にあたるのです。冷静になってみて親の気持ちを考えるというのも一つでしょう。このようにすることで結婚のための第一歩が踏み出せるかもしれません。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容