アライバル探偵社

ストーカー対策撃退方法

ストーカーとは同一のものに対し、恋愛感情またはそれを満たす理由でつきまとい等を行うものを指します。張り込みや待ち伏せ、複数回の電話や嫌がらせがそれらの行為に該当します。傍から見れば何かされるわけでもないため気にする必要はないと思われるかもしれませんが、当事者からすれば、いつ何かされる不安はずっと続きます。実際に殺人事件などにも発展するケースもあるわけです。初期段階のうちに対処しなければ傷害事件や殺人事件へと発展してしまいます。内容次第では警察も動いてくれません。自分の身は自分で守るしかないのです。

相手からの連絡を拒否する。電話番号を変える、引越しをするなど、一方的に連絡を絶つ手段はありますが、これをするとエスカレートしていきます。逗子のストーカー殺人事件のように調査会社を利用して特定をする人も中にはいるでしょう。つまり逃げるというのは根本の解決になっていないのです。改善していくためには戦う姿勢を見せ、相手がストーカー行為を辞めなければならないと思わせる必要があるのです。

必要な作業

以下の作業を行いながら改善を目指していきます。

■証拠集め
まずストーカー行為が実際にどの程度あり、どのような被害を受けているのかを明確にします。証拠が無ければ何もできません。これを集める作業から始める形となるでしょう。実際に自宅近くで張り込んでいたとしても、何の証拠も無く訴えれば証明が出来なくなります。実際にいるという部分を証拠として集めていくべきでしょう。通話やメールに関しても削除するのではなく時間等をしっかりとメモし、かかってきたことを証明できるようにしておきましょう。

■情報集め
相手の身元が分らなければ、何もできなくなります。相手を知るのは大きなポイントとなります。ストーカーをしている人がいったいどういった人なのかが分らない場合証拠集めと同時にどこの誰なのかというのを特定する必要があります。欲しい情報は名前、勤務先、自宅です。さらに実家住所や親族に関することがわかるとよいでしょう。

これらの作業をまずは行う形となります。相手は自分がストーカーだと思っていない可能性もあります。しかししっかりと証拠があり、客観的に見てストーカーだと判断できる材料が揃っているのであれば、それをもとに行動を起こすことができ、相手の情報が一通り揃っているのであれば、無理もしないでしょう。ただこの作業を一人で行うというのは困難です。当事務所にお任せしていただければ、不安な部分を解決できるようになるでしょう。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容
クレジットカード対応