アライバル探偵社

証拠とはどういうものなのか

浮気というのは人により考え方が様々です。例えば異性の人と二人で食事に行ったという事実があれば浮気と判断する人もいれば、社会に出ているのでその程度は該当しないと考える方もいるでしょう。このようにどこからがそれに該当するかはその人の気持ち次第なのです。しかし、そのような基準が曖昧なままでは社会生活を送るうえで様々なトラブルを招いてしまいます。そのため法律である程度定義づけされております。

浮気写真

法律上では浮気という言葉を用いずに不貞という呼び方をします。夫婦間には貞操義務というものがあります。つまり結婚している人は別の異性と性的な関係を持ってはいけないということです。つまり、法律上の浮気は肉体関係があるかないかという部分が一つの基準となります。解釈では「性的関係」という形で濁されておりますが、基本的にはその行為そのものがあるかないか、またそれに準じたことをしているかどうかという部分です。しかし、その行為中を見るのは現実的に不可能なもので、探偵社が調査をしたとしてもそれは取得できないでしょう。基本的に屋内でそれをしているため、見ることはできません。つまりそのものズバリの証拠は入手できないのです。しかし、ラブホテルに異性と行った場合、それは中の様子を見なくても、想像ができます。客観的に考えても明らかにその行為をしているというのは事実と考えられます。つまりこのホテルの出入りというのが一つの証拠となるのです。そのほか、利用明細やメールの内容などそれらも一つの証拠となるでしょう。ただメールのやり取りだけで詰めるのは極めて難しいと思います。したかどうかは本人が自供するかどうかというのがカギとなります。

裁判等になれば、裁判官の判決により決まるわけですが、それまでの協議や調停というのは本人の証言次第です。証拠を見せられても何もしていないといわれてしまえば裁判等にするしかなくなってしまうのです。そうならないためにはある程度使える「カード」を持っていたほうがよいでしょう。

メールの履歴だけではなく、帰宅時間のチェック、電話の履歴やカード明細など集められる情報は複数あります。それらの情報次第で相手を自供させられるかどうかが変わります。またその証拠をどのように使うかはあなた次第となり、使い方を間違えれば状況を悪くしてしまいます。このあたりは注意しておくべきでしょう。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容