アライバル探偵社

浮気相手の特定方法

パートナーの浮気が発覚したとしても相手がいったい誰なのかわからないケースもあります。ほとんどのケースで職場での知り合いという状態ですが、必ずしもこのようなわけではありません。相手を知るためには以下の行動を注意しておくとある程度絞れると思います。

■浮気相手と会う日時
相手も生活があります。そのため四六時中または好きな時間に会えるわけではありません。ご主人または奥様の休みの日はいつなのかを考えてください。例えば平日休みで浮気相手と平日あっているのであれば同業者の可能性があるでしょう。逆に平日休みなのに休みの日は会わず、週末会っていれば業種は違うことになります。基本的に気づかれないように会うため、ほとんどのケースが仕事終わりです。ただある程度関係が深まると一緒に旅行に行ったりするケースもあります。そのため調査をする前は相手の行動パターンを把握したほうがよいでしょう。

■金銭的な支払いはどうなのか。
全ての支払いをパートナーがしているのであれば、相手は経済的な余裕があまりないか、もしくは一方的な好意によるものです。例えばホストやキャバクラ嬢が相手の場合、支払うのはパートナーでしょう。男性の場合だとたとえ相手が経済的に余裕があったとしても支払う人はいますが、お金の流れを掴むことである程度見えてくるところがあると思います。W不倫はワリカンにしている方が多いです。理由は双方ともに家庭があるためでしょう。

■メールのやり取り
メールのやり取りを見れば相手の年齢や性格がある程度見えてくるでしょう。文章はその人の性格や生まれて今までの環境を映し出します。また人格を形成した時期が文章に表現されます。絵文字を使う人使わない人。またその絵文字がどのようなものなのかである程度年齢は絞れてくるでしょう。些細な情報ではありますが、断片的な情報が役立つケースもあるのです。

■行動範囲の予測
浮気相手と会うポイントが分かっていると、調査を円滑に進めることが可能となります。これらの情報はパートナーの携帯からわかるケースがあるでしょう。

■インターネットの情報
facebookやツイッター、ブログなど浮気相手が利用している可能性があります。これらの情報はかなり重要なものとなります。その情報は入手したほうがよいでしょう。

浮気をするためには相手と連絡を取るわけで、それらの情報から住んでいる場所やもともとの関係性などが分かる場合があります。具体的な住所などは調査を行わなければ入手が難しいですが、それ以外のものはご自身で収集できるところがあります。ただ収集をする方法を間違えれば相手を警戒させてしまいます。くれぐれも気づかれないように行うべきでしょう。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容