アライバル探偵社

奈良の別れさせ屋


料金システム 相談窓口

自分は現在結婚をしておりますが、離婚を考えております。最近妻に対し離婚話をしましたが、話を聞くこともない状態です。

私と妻の間には小学生の子供がいます。できれば親権を持ち、離婚したいというのが私の一番の要望です。両親にはすでに話しています。現在の家は奈良市ですが、実家も奈良県の大和郡山です。そのためさほど離れることもありません。子供も小学校を変えずに通うことができるでしょう。また私は自営業のため時間的な余裕もあります。

子供の年齢的に母親が有利だというのは知っております。ただ親族のサポートもあり、経済的な部分も問題ありません。親権は取れるのではないかと思っております。しかし調停などに発展させればそれがかなわない可能性もあります。できれば穏便に離婚ができればと思っております。

離婚を優位に進められるかわかりませんが、妻は以前浮気をしていました。相手は高校の時の同級生で定期的にあっていたそうです。浮気をした理由はセックスレスだったからというものでした。確かに当時は夫婦関係はなかったです。そのとき問い詰め、別れると言っておりましたが真相は不明です。もしかしたらまだ定期的にあっているのかもしれません。その同級生に関してはどこの誰なのか不明です。恐らく地元の人なので橿原か桜井あたりに住んでいるのだと思います。既婚者かもしれません。

当事務所スタッフより

この場合、工作を行う必要はないかもしれません。妻が現在もその同級生と関係があるのであれば、それは離婚事由の一つとなります。つまり相談者様側が一方的に離婚を進めることができます。そのため妻の行動を見るのが一番の解決方法です。しかし、すでにその関係が終わっているのであれば、いくら調査を続けたとしても証拠の入手はできません。

確実に浮気をしているのであればそれのために全勢力を使う形ですが、確実でない場合はそれだけ行うのはリスクです。このような場合、調査を行いつつ工作員を近づける形を取ります。二つの作業を同時に行うことで無駄も少なくなります。証拠が取れればそちらの方に重きを置き、そのような動きが無ければ工作員を近づけるという形をとるのがよいでしょう。

親権に関してですが、確かに子供が幼少であればあるほど、母方が有利です。また離婚事由と親権者の取り決めは別です。つまり妻が浮気をしていたとしても母方が親権を取ることもあるのです。ただ経済的な問題もなく、親族からのサポートもあり住環境にもさほど変化がないのであれば、父方が親権を取る可能性も十分ございます。どちらにしても離婚の話が進まなければこの部分は決められません。まずはそれを目指していくのが解決の方法だと思います。

関西地方…大阪府兵庫京都府滋賀和歌山


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容