アライバル探偵社

山梨の別れさせ屋


料金システム 相談窓口

山梨県は東京も近いため比較的工作の相談や依頼が多い地域です。特に主立った特徴は無く、様々な職種の方がターゲットとなり、手法もそれに応じて違いがあります。

基本的に別れさせ屋工作というのはターゲットとなる人物に対し、工作員という人間を近づけていくところから始まります。まず行うべきことは接触です。全く見ず知らずの人が仲良くなっていくためにはこの接触が重要なのです。

ファーストアプローチをした後、連絡先交換をするための接触などをへて交友関係を結んで行くわけです。一般的には異性を近付けるという手法が提案されますが、必ずしもこの方法だけが別れさせ屋工作ではありません。

案件により同性工作員を近付けるほうが効果的もしくは同性を介し異性を近付けるという形を取ることもあります。これは予算状況や案件内容により大きく異なります。そのため事前にある程度打ち合わせが必要となるのです。

山梨県でもやはり同じようにまずはメールや電話などで状況を聞きながら大まかな方針を取り決めるところから始まります。特に都内からのアクセスもしやすい環境なので、休日ターゲットが東京まで遊びに来ることもあるでしょう。とくに大月や甲府などであれば車で二時間もかかりません。このあたりの動きは注意しておくべきでしょう。

初期段階は動きが見えない部分がありますので苦労するところがありますが、後半はそれが優位に働くこともあります。案件により適した手法を提案いたしますので先ずはお気軽にご相談ください。

口コミ体験談

相談者は会社を経営している。妻をそこで社員として使っているが、妻に会社を辞めさせてその後別居するところまでを工作でやりたい。相談者には交際相手が別にいて、別居・離婚が果たせればその女性と結婚するつもり。妻(49歳)には月20万円の給与を渡している。

相談者から妻に退職の話をしたところ「強制的に辞めさせるのなら3人ぐらい(有能な人間を)引き連れて会社潰してやる」と脅迫めいたことを言われた。年齢的に20万もらえる他の勤め先が見つからないと思っているからだろう。妻が自発的に会社を辞め、その流れで別居まで果たせればと考えている。

相談者はマスオさんのような立場で、妻の両親も同居している。妻の両親はあと5年生きられるかどうかという年齢。相談者と妻の間には子供が3人いる(専門生、高校生、中学生)。交際相手の女性は会社の人間ではなく、妻とも面識はない。ただ、妻が相談者の浮気を疑っている可能性はある。女性とは土日どちらかに、月に2~3回のペースで会っている。2ヶ月に一度ぐらいは泊まりあり。

解決方法

まずは妻の今の気持ちを知るために工作員を近づけていく。関係を築きながら情報を集め、自発的に会社を辞めるよう別居を決意するよう心理誘導などを進めていく。恐らくこのような流れだと思います。

業者の中には異性を近付けてという方法を提案してくるところもありますが、必ずしもそれが適切というわけではありません。気持ちを聞きだし、心理誘導をしていくというのも一つです。これはどのようなケースでも言えることですが、新たな出会いがあるとセロトニンの分泌量が増します。後ろ向きな気持ちも前に向くことがあるでしょう。このように変化を与えることで自らが動き出そうという気持ちも出てくるのだと思います。

近畿地方…静岡長野岐阜愛知三重


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容