アライバル探偵社

沖縄の別れさせ屋


料金システム 相談窓口

沖縄県の別れさせは全国的に見ても少ない地域です。人助けや絆が強い地域だからでしょうか。そこまで多くはありません。ただ定期的にあるのは事実です。

沖縄本土だけでなく西表や石垣島。また宮古島や久米島などからもごく稀に相談や依頼があります。本土でも那覇周辺の豊見城や南城だけでなく、名護市やうるま市等からの依頼も定期的にあります。

ルーズな性格の人が多いため、トラブルが発生したとしても気にしないという人も多いようです。県内の人たちだけであればこのように収まるわけですが、これが県外の人だった場合トラブルになりやすいのです。とくに多いのは男女間における金銭トラブルです。それを含めた別れさせ屋工作という相談が突出しております。このように依頼者側は沖縄に住んでいないがターゲットが在住しており工作地域もそこになることがあるのです。このような理由で依頼はあります。

他府県と違うところはやはり助け合いの精神が備わっているため、比較的スムーズに進めることが出来るでしょう。ただ交通費の負担を少なくしなければならないため、出来る限り短い期間で進める形が理想でしょう。

口コミ体験談

10年間付き合っている父親と愛人との別れさせ。母親はこの件でうつ病を患っているので娘である相談者が電話をしている。

■愛人について
・氏名、住所、勤務先がわかる。
・看護師をしている。知り合いと同じ勤務先らしく、愛人のシフトがわかるそう。
・愛人には元々夫がいたが、愛人の浮気を知りそれを苦に自殺した。

今は愛人はフリー。3年前に一度母親が父親の浮気に気づき、父を問い詰めたら浮気を認めた。その後平謝りで愛人との別れを約束した。しかし最近母が父と愛人が一緒にいるところを目撃してしまう。その場で問い詰め、やはり別れを約束したが前回のこともあり実際には別れていないだろうと踏んでいる。夫を死に追いやってまで父との交際を続けているあたり、相当な執念の持ち主であると母も思っている。母は離婚は考えておらず、なんとかして愛人と手を切ってもらいたいというのが相談内容。愛人の住まいは名護で勤務先は那覇にあるとのこと。

解決方法

まともな人であれば工作はある程度有効ではありますが、非常識な人を相手にしておこなったとしても良い結果は生まれません。ただそれでも何とかして解決策を探していく必要があります。愛人との関係は10年。恐らくご主人は開き直っているのでしょう。ただ開き直っていたとしても浮気は民法で禁止されている行為です。そのためその証拠集めをまずは行っていくべきでしょう。

初回の約束が履行されていないということはその時から現在まで関係が続いているということになります。慰謝料請求の対象にもなるでしょう。相手に対し慰謝料請求をしたとしても、離婚をしなければならないというわけではありません。

このようにしてある程度割り切って行う形が良いでしょう。そのため工作員を近付けてという形は取らずとも、別れさせが成立する可能性が十分あります。

九州地方…福岡佐賀熊本長崎大分宮崎鹿児島


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容