アライバル探偵社

別れさせ屋のポイント、成功の秘訣

別れさせる上で重要となるのが相手の情報です。工作は情報心理戦のようなものです。情報を多く持っている人が有利であり、それを如何にうまく使っていくかが工作の決め手です。例えば別れさせる相手の居場所がわからなければ何も行うことが出来ません。相手の情報を知っていればそれを調べる作業も少なくなるため金銭的な負担も少なくて済むでしょう。また相手の行動パターンなども把握されているようであればそれも重要な情報となります。

そのほかフェイスブックやツイッターなどのSNSの情報、相手の趣味嗜好というのも重要です。行うべき作業はまず接触や連絡先交換です。これを行う場合何もない中で接点を持つよりかは相手の気を引くワードをちりばめて話しかけるほうがより成功に近づきます。相手を知っているというのは工作を行うための強みとなります。相手のことを知らないのであれば、まずは調べるところからスタートする形でしょう。

しかし、調べるには費用が必要です。ただ工作にかけられる予算枠というのがあるのも事実です。相手を細かく調べても、その先の工作費用分が無くなってしまえば意味がありません。重要なのはバランスです。バランスを考えず目の前のことばかり気にしていればせっかくうまくいっていても最終的には失敗してしまいます。逆に先々のことばかりを考え目の前の状態を見ずにいても同様に失敗を招いてしまいます。全体を見ながら目の前のことも考え、その中で成果を見出していくという形を取るのが一番理想的な方法です。

上記の通りターゲットの情報が多いほうが工作には役立ちますが、それを考えるあまり自分で情報を収集しようとする方もいらっしゃいます。それはリスクがあるためあまり良いものではありません。相手から直接情報を聞き出せば、それがリスクとなることもあるのです。工作前に執拗に聞き出せばそれは不自然な行動です。その時はよかったとしても先々工作が控えているのです。

工作を行い別れさせることが出来たとしても当事者はなぜあの時聞いてきたのかと違和感を覚えるでしょう。結果的に依頼人が何かをしたのではないか?と疑われる可能性もあるのです。またその形ではなく自分自身で調査をするというのもリスクを生みます。それはリスクではなく犯罪になってしまう恐れもあるでしょう。ストーカー規制法という法律で、自身の満たされない感情を満たす目的で相手やその交際相手に対し尾行や張り込み待ち伏せをする行為をストーカー行為としております。そのつもりが無かったとしてもその行為自体が禁止されています。つまりそれは犯罪なのです。そのためこのような軽率な行動は取らないようにしてください。場合によっては当事務所でお受けできないこともあります。

情報が多いほうが工作もスムーズに進められますが、このように収集の仕方というのは注意が必要です。くれぐれも軽率な行動は取らないようご注意下さい。せっかくの可能性を潰す結果となってしまいます。工作をお考えの方はまずは一度ご相談ください。最適な方法を当事務所で考え提案いたします。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容