アライバル探偵社

口コミや評価は信用できる?

口コミは、後から続く人に対して自分の経験を含めたアドバイスです。
経験者からの意見が聞けるなら、これほど頼もしいことはないと思います。

しかし、こうした「口コミ」を逆手に取った広告アピールがネット上には多く存在しています。
少し前ですが、飲食店の口コミを載せているサイトがニュースで話題にもなりました。
サイトにお金を支払わなければ、星の数が増えない仕様になっていたとかいないとか…。
また、飲食店の登録件数を増やそうと、そのサイトにはお店に対する批判的な意見が書き込めないということもあったようです。

こうした問題は、果たしてこのサイトに限った例外的なことだったのでしょうか?
「噂に尾ひれがつく」という諺などもあるように、昔から、いわゆる「口コミ」に対する信ぴょう性には常に疑問符が付きまといます。

探偵業に関しても同様です。
ネットにあふれる口コミや評価は、必ずしも利用した本人が書いたとは言えません。
どこかで見聞きした情報を何気なく呟いたら、それが独り歩きしてしまっているかもしれません。

成功した人は、探偵とは関りをもつべきではない

特に探偵業の場合、成功した人が探偵社の良い話をネットに書くことはほぼあり得ないと言っていいでしょう。なぜなら復縁や別れさせに成功した依頼者は、成功した時点で探偵社との関係は断ち切った方が良いからです。

ここまで二人三脚で行ってきた依頼者と業者の地道な工作が実を結び、後は依頼者の頑張りで二人の関係を続けていくだけです。
これまでの過程を全て無に帰すかもしれないリスクを背負ってまでネットに業者の評判を書くということは、まだご依頼されていない方にとっては「業者にとっては良いこと」のように見えるかもしれません。しかしそれは間違いです。

出来る限り探偵社とは今後連絡を取らない方が良いし、全てのメールや報告書は破棄するように伝えています。
なぜなら、探偵に依頼していたという事実を、肯定的にとらえてくれる人はなかなか少ないからです。

「相手に対しての後悔と、諦めきれない強い気持ちを持っていたからだ」と私たちからすれば思うのですが、それは一般的な考え方ではないと残念ながら思っています。

復縁や別れさせは、一時的なものでは意味がありません。
今後も二人の関係が良好なものとなるように、成功したからには、探偵に関することからは距離を置いた方が良いのです。

定期的に近況をお伝えくださる方もいらっしゃり、それを私たちはとても嬉しく感じています。
しかし、今後は送らないようにした方が良いということを必ずお伝えしています。
本来、成功した後のお二人がどういう結末を出したのか、依頼が終わった後の私たちが知るべき立場ではないからです。
せっかく勝ち得た幸せを陰らせる要因に、間違っても私たちがなってしまっては本末転倒です。

こうした私たち探偵業の気持ちの矛盾を理解してくださる方は、少なくとも口コミなどは書かないと思っています。

自分で確認することが一番

信頼がおけるかどうかというものも、会社全体で考えるとややこしくなってしまうと思います。
そのため、何を信じたらいいかわからなくなってしまったら、やり取りをした担当を信じられるかどうかで考えてみてはどうでしょうか。

工作は人が人に対して行うものです。
同じように、担当者とあなたの相性も重要であると考えています。
この人のことを信用して工作を任せられるのか、アドバイスを聞いて納得できるのか。
メールや電話などのやり取りをしていく中で、信頼に足る人物かどうか判断をしていくのが良いと思います。

業者の考え方が合う・合わない、また料金システムに納得がいくかどうか。
このあたりも判断材料にしてください。

また、依頼をするのであれば契約書もしっかりと見ておいてください。
解約の場合どの程度のペナルティが科せられるのか、またスムーズに解約が出来るのかなど、
すぐに依頼を止められるシステムかどうかは、誠実な業者かどうかの指針になると考えています。

嘘を見抜くというのは簡単ではありません。
色々な情報を見て、何が正しいかわからなくなってしまったら、ご自身の気持ちを信じるようにしてください。

百聞は一見に如かず。
まずは悩みを聞かせてください。
やり取りをしていく上で、信頼のおける業者だと感じてくださったら幸いです。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容