アライバル探偵社

福島の別れさせ屋


料金システム 相談窓口

福島の別れさせ屋は震災の影響でいまだ少ない状況です。特に原発の問題を抱えているため、沿岸部はそもそも人が少なく案件が少ないところです。ただ全くないわけではありません。とくに今回の地震で人の流れが変わりました。

除染の看板

いまだに震災の爪跡を残す福島市。

ボランティアのスタッフや工事関係者など様々な人が出入りしております。また放射能の影響で自宅をあとにし、郡山などに引っ越した方、被災したため仮設住宅に住んでいる方もいらっしゃいます。このように環境が変わることで新たな出会いや恋愛トラブルが発生することもあるのです。

地震直後はそれどころではなかったと思いますが、やはり時間が経つにつれてそのような悩みは増えてくるでしょう。実際に震災後結婚をするカップルが一時的に増えました。恐らく自然災害の恐怖から一人でいるよりも誰かと一緒にいたいという気持ちだったのだと思いますが、その場のノリと勢いで結婚をしてしまったため、以後後悔をしている人も中にはいらっしゃるでしょう。しかし主だった離婚事由も無く、また別れを切り出したとしても話し合いになるどころか余計気まずい状況を作ってしまうため、何もできずにいる方も多いと思います。

結果的に別れさせ屋業者に依頼をするしか手が無いと考え相談をする方もいらっしゃいます。当事務所ではそのような悩みを抱えている方のサポートもしておりますのでお気軽にお問合せしていただけたらと思います。

口コミ体験談

娘が46歳男性と半年ほど付き合っている。娘は「入籍する」と言っており、先週の土曜に頼まれて3人で会った(彼を紹介された)。男性は同じ郡山で喫茶店を経営している。娘もそこで出会ったと思われる。が、この3月で同店を閉めることが決まっていて、そのあとは田舎の二本松に帰る見込みが高い。そっちで住みこみの形で仕事をするかもしれないし、もしくは郡山に残って何か仕事を探すかもしれない。

娘は相談者らと実家暮らしだが、時々男性の家に寝泊まりする。まだ学生で、3月に卒業予定。だから少なくとも3月までは実家にいる。相談者が娘の結婚に反対なのは年齢の問題と、その男性がバツイチであるため。母親もいわく、外見だけでなく内面的に考えても、どこが良いのか分からないとのこと。3人で会ったあとに娘に対して結婚には反対だとメールをしたが、「考えておく」旨の返事があったのみ。この二人の関係を断ちたいというのが相談内容。

解決方法

お嬢様の年齢が若く、交際相手と年が離れているとやはり気になると思います。成人をしているため本人の自由意志ではありますが、今まで育てた身としてはできる限り幸せな結婚生活を送ってもらいたいと思うのが親の本望です。その人と結婚することが必ずしも失敗になるとは限りません。ただ親と同じくらいの相手と付き合うというのはそもそもまともな考えではないです。

周りの目などを気にするのであればたとえ好意があったとしても自制心が働くわけですが、それが無いということはまともではないと考えるべきでしょう。場合によっては遊びでお嬢様と交際をして、あとで捨てるつもりなのかもしれません。いくら本気だと言われても状況が状況のためそれを受け入れるのは困難でしょう。

お嬢様のために工作を行うのも一つだと思います。ただ強制的に別れさせるという形ではなく、できる限りお嬢様に選ばせる形を目指すのがよいと思います。そのため行うのであればお嬢様に同性工作員を近づけ、結婚のこと彼のこと、また家族のことを聞き出しつつその中で別れさせを演出していくのがよいでしょう。

東北地方…北海道青森秋田岩手山形宮城


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容