アライバル探偵社

岩手の別れさせ屋


料金システム 相談窓口

震災の影響で一時は減少しつつありましたが、最近になり別れさせ屋の相談及び依頼も増えてきました。理由は恐らく県外の人が岩手に来たからだと思います。

盛岡の繁華街

盛岡の飲み屋街。夜になるとネオンが光る。

依頼件数は多少人口に比例します。関わる人が多ければ摩擦が生まれ、新たなトラブルが発生します。特に関係が短い中で急速に深まるとその様なトラブルになりやすいのです。

岩手の場合、ボランティアなどのスタッフが多く流入しました。干渉は避けられません。男女の出逢いも多くあったでしょう。震災の影響で結婚を早めた方もいらっしゃいます。このように不安も影響していると思います。

ただ不謹慎ではありますが、その震災を有効に使うことで自然な形で別れさせ屋を進めることもできます。岩手だからできる方法を提案いたします。

岩手の別れさせ屋体験談、口コミ

彼女から別に好きな人ができたと言われ、一方的に別れを告げられました。その人はボランティアで来た人のようです。寝とられた形となり、本当にムカつきました。彼女はその男と一緒に岩手を離れて東京で生活するそうです。

男の身元が全くわかりませんでした。担当からは彼女を追って割り出すしかないと言われました。特定出来ない可能性もあると言われましたが、待っていたところで状況は変わらないと思い、依頼を決意しました。

結果からお伝えすると、別れさせは成功しました。しかも工作員を近づけることなく彼女が別れを選択する形で終わりました。

男性は他の女性にも手を出していたため、それを利用しました。

まず、最初に行ったことは男の特定でした。そいつが普段なにやっているか不明のため、担当の人と話をして、彼女の休みである火曜日と水曜日を狙いました。予想通り、休みの日に二人は会い、男の家を特定しました。本来であれば工作員を近づける形でしたが、男が帰る前から家の明かりがついてました。そのため、翌日張り込みをしたところ、女性と一緒に住んでたんです。予定とは大幅に変わりましたが、結果彼女が戻ってくるのであればどうでもよかったです。依頼して正解でした。

彼女は再度僕のところに戻ってきて、以前よりも関係が良好になりました。あのまま何もせずにいたら、今のように彼女とは一緒にいられなかったでしょう。早い段階で頼んでよかったです。

担当者の一言

工作員を近づけることが必ずしも別れさせ屋工作とは限りません。情報を上手く駆使することで、本件のように成功するケースも多いのです。
そのため、多少の調査が必要な場合もあります。この辺りは話を聞きつつ判断する形となります。

東北地方…北海道青森秋田山形宮城福島


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容