アライバル探偵社

別れさせたい

別れさせ屋工作の依頼で一番多いケースは第三者を別れさせたいという内容のものです。この依頼をされる方のほとんどが、工作終了時点が目的達成というわけではありません。ほとんどの方が復縁や付き合いたいといった理由があり、依頼するのです。

ご依頼される方で多いのが、不倫関係にある女性です。既婚者男性と交際を始め、先々離婚をすると約束をしてくれたものの進展なく半年、一年とすぎていく。痺れを切らした女性側が工作業者に依頼をするというものです。中には依頼する前に揉めてしまい別れてしまったという方もいらっしゃいます。その男性が離婚を前向きに動いてくれればよいのですが、基本的にこのトラブルに該当する方は「離婚をすると言っておきながら何も行動をしない」という人ばかりです。しかし、実際にそれに対して行動をしたとしても、奥様が離婚に応じなければ成立はしません。中には不倫関係を奥様に知られてしまい、さらに分が悪いという方もいらっしゃるでしょう。結局のところ妻が離婚をしたいという気持ちが生まれなければ話は前に進まないのです。

これらのことを考えると、妻をターゲットにするしか方法はありません。ただその方法は吟味しなければなりません。よくご相談者様からの提案で「既成事実を作り、それを理由に離婚させたい」という話が出ますが、この方法は違法な手段です。業者の中には提案しているところもありますが、法律に抵触する行為となります。つまりこの方法は行えません。それ以前にこの状況では異性を近づけるという手法は得策ではありません。当事務所であれば、妻に対して女性工作員を近づける形となるでしょう。具体的な進め方に関しては案件により異なりますのでお話ができないのですが、方法としては同性工作員を近づけるのがハードルも低く、最終的な目的にも近づけるのではないでしょうか。ただこれらの方法はあくまでも状況に合わせて行うことになるため、場合によっては異性工作員を近づける方法をとります。

工作というものはセオリーがあるわけではありません。そもそもかかわる人が違い、状況も異なるため同じ方法を行っても意味がありません。案件に違いがあれば、手法も違いがある。これはどのような工作でも同じことが言えるでしょう。業者の中には一辺倒の回答しかしないところがあるようですが、それでは理想の工作は行えないでしょう。当事務所では案件一つずつ考えながら適した方法を選んでおります。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容