アライバル探偵社

中部地方の復縁工作

山梨で復縁工作をお考えの方へ

都内に近いのですが、交通の便が悪い山梨県。ここでも復縁工作の依頼はあります。件数は少ないかもしれません。依頼される方の年齢層は40代半ばです。

独身の方は都内に引っ越す人も多いです。そのため山梨にいる人は結婚をしている方が多いです。そのため依頼の多くは既婚者の方です。離婚はしたくないけど別れ話が出ているというものです。復縁工作は一度別れてしまった関係を修復するイメージが持たれますが、必ずしもそれだけではありません。夫婦改善を目指す人も多いのです。

離婚は一方的にできるものではありません。法律上の関係ですので、それを解消するのも法的な手続きを踏む必要があります。紙一枚の関係ではありますが、そう簡単なものではないのです。ただ書いた通り紙切れ一枚の関係です。気持ちが離れてしまえば結婚をしていてもいつかは破たんしてしまいます。

法律はその人の気持ちを縛ることができません。つまり元の夫婦に戻るためには、相手の気持ちを変えていく必要があるのです。

まず、離婚話になった原因を考えてください。結婚生活のマンネリ化、家事を手伝わないなど、様々な理由があると思います。相手から言われたことを今更直してももうすでに手遅れです。相手は以前からそのサインを出していたと言ってくるでしょう。気付くわけがないというのが本心だと思いますが、それを気付かなければならなかったのです。理由は夫婦だからです。意思疎通がしっかりと出来ていなければ円滑には夫婦生活を続けられません。相手のサインも気を付けるべきでなのです。ただそれに気付けというのは難しい問題です。

相手の考えが手に取るようにわかる人なんていません。しかし、今の状態になる前に対策は考えられたのではないでしょうか?例えば話し合いの場を定期的に設けるなど、意思疎通を図る場は作れたのだと思います。それをしなかったあなたに問題があると考えても良いでしょう。たしかに相手もそこで提案しなかったのは悪いのだとは思います。しかし今それを言いあっても何も変わりません。行う作業は修復です。当事務所では山梨県の方の復縁及び夫婦修復のサポートを行っております。お気軽にお問い合わせください。

地域によって状況が変わる静岡の恋愛工作

静岡県の場合東西に長いため、東側の伊豆や沼津と西側の浜松では違いがあるのです。東側は東京まで一時間程度。新幹線を使わなくても東京に来れるような場所です。仕事で都内に通う人もいます。

西側の浜松のあたりは名古屋までの距離が近いです。車で愛知方面に出かける人もいるでしょう。東側と同じように名古屋に職場がある人もいます。清水など中部の人もどちらかというと名古屋方面に出る方がいらっしゃいます。このように静岡の人は地域により偏りがあるのです。

ただ基本的な進め方は同じです。復縁は別れた相手がいるわけです。つまりそこの関係を修復していく作業を行っていきます。もちろん別れの状況や交際期間、また現在の状況は人それぞれです。すでに別の人と付き合っているのであれば別れさせ工作が必要となり、引っ越してしまい居場所がわからないのであれば、現住所の特定作業が必要です。
ターゲットの移動手段によっても方法は変わるでしょう。浜松は車社会のため車両移動です。そのため、車で移動するターゲットを尾行しなければなりません。この場合交通事情を考慮しながら行う必要があります。

遠距離の方の相談内容

遠距離恋愛をしている彼女と結婚の話が出ているのですが、彼女に僕が仕事を辞めて伊豆に引っ越してきて欲しいと言われています。そうじゃないと結婚できないと。現状僕は仕事を辞められず、長男ということもあり地元を離れることが出来ません。彼女はバツいちで、前の旦那さんが浜松の人間なのでそちらには住みたくないようです。彼女を浜松に引越しをさせるような工作が出来ないでしょうか?

対処法:起爆剤が必要

彼女がどちらを重要としているかで引っ越すかどうかが決まってくるでしょう。現状結婚の意思があるが、浜松には元夫が住んでいるためそちらには行きたくない気持ちのようです。つまり浜松まで行ってまで結婚をする気は無いという考えのようです。結婚への意識が低いためそれを変えなければ話は平行線のままで説得して無理に引っ張ってくればのちのトラブルとなるでしょう。

理想は彼女自身が浜松に行ってでも結婚したい気持ちになることです。実際に長男なので地元を離れるわけにはいかないのは彼女もわかっているでしょう。そのような中で無理難題を押し付けている状態ですので、話し合いでは解決しません。彼女の気持ちを突き動かす起爆剤が必要となるでしょう。そのためにはまず彼女の気持ちを聞き出してからではないと前には進みません。

本件は復縁工作ではなく結婚サポートというものです。ただ行う作業は基本的に変わりありません。当事務所では似たような案件を過去に行なっておりますので対応可能です。

対象者に合わせた手法を。長野の恋愛工作

長野の依頼は比較的あり、松本だけではなく諏訪でも案件がございます。同地域は東京からも名古屋からも距離的に変わりがありません。そのため依頼を考えている方は都内の業者に絞ることが多いでしょう。

長野にある業者は探偵業のみをしているところばかりで、復縁の依頼は受けておりません。受けていたとしても、経験値が低いためより良い方法は選択できないでしょう。

長野県で多いのはターゲットが教職員であるケースです。小中高の先生、つまり公務員がターゲットというものです。これは職業柄の理由だと思われます。教職員は定期的に人事異動があります。つまり社内恋愛で付き合いだしても人事の関係で別の場所に動くことが多いのです。職場が変わると新たな出会いもあり、また距離の関係から二人の気持ちも少しずつ離れていってしまいます。仕事柄休みの日も部活などで時間が無く、会えるペースは日に日に減ってしまうでしょう。そこで別の異性が現れれば、そちらに傾いてしまう人もいるようです。

教職員をターゲットにする場合、その人の生活スタイルが大きくかかわってきます。例えば中学や高校教師の場合、部活動の顧問をしているケースがあります。土日も生徒らのために自身のプライベートを削っています。そのような人をターゲットにした場合、接触のチャンスはありません。
学校付近では警戒心も強く、また長野であれば基本車移動でしょう。非常に難しい案件なのは確かです。ただここを切り開いていかなければ復縁の道は閉ざされたままです。切り開くためには進めて行かなければなりません。当事務所ではこのような案件でも対応しております。難しいから依頼をするのであって、難しくても挑戦していく。それが復縁への第一歩です。

婚約寸前だったのに...

はじめまして。とある事が原因で、婚約予定であった彼女との連絡が1週間前、突然途絶えてしまいました。原因は相手方の両親らしいのですが、連絡を取らないで欲しいとのメールが来たのみで、以来、連絡が途絶えています。どういった状況になっているのかが、分からない以上は、何も動けないので、ただただ、静観するしか術が無いと感じています。私としては、やはり、彼女との結婚を切望しているのですが、こういった事も、対応可能なのでしょうか?

別れを切り出された原因が不明のため、まずはそれを調べてもらいたいです。また復縁も視野に入れて動いてくれるとうれしいです。

私の住まいは長野県の甲府です。彼女は実家暮らしで松本市にいます。彼女の仕事は松本駅前にある洋服屋で販売員をしています。基本的に水曜日が彼女の休みなのですが、お店自体はやっているためシフトが変わることもたまにあります。両親が原因ということですが、本当のことはわかりません。

対処法:彼女の気持ちを聞き出すこと

何が原因かはわからない以上、彼女の話したことすべてを鵜呑みにしないほうがよいでしょう。またこれまで何もしなかったのは良かったと思います。予測して動き、その結果が裏目に出た場合取り返しがつかないことになる場合もあります。それなのであれば状況を掴むまで様子を見た上で、その結果を待つべきでしょう。状況が分かれば対処法も考えられるでしょう。別れの原因を知っているのは彼女です。そのため彼女がターゲットとなります。

情報が一通りそろっているため事前調査は不要です。初回からファーストアプローチを目指す形となります。彼女と工作員が仲良くなる中で、婚約を破棄の原因を見つけていく形となります。

恋愛事情に合わせた手法を。岐阜でW不倫の方の場合

岐阜市内だけではなく、多治見など岐阜県全域で対応しており基本的に地域による料金の差はありません。負担なく工作を行え、また支払方法も明瞭です。

岐阜県は愛知と接しているため、依頼件数も多いです。岐阜は愛知(名古屋)に影響が強く、ターゲットの職場が名古屋というケースもあります。

当事務所は名古屋支社というものはございません。業者の中には支社があるところもあるようですが、事務所だけあるだけで人はいないという事が多いでしょう。面談が入れば都内からスタッフを派遣させる形です。ビジネスモデルとして一つの営業方式ではありますが、やはりそれらを維持する経費は依頼人に重くのしかかってくるのです。交通費がかからないと思いきや、交通費だけではなく事務所を維持するための料金まで依頼人が負担をしていることになります。岐阜の方が業者を探す際はその当たりを注意したうえで考えるべきでしょう。

W不倫からの復縁

相手とは、W不倫関係にあり、離婚をして(現在婚姻中)から一緒に暮らそうと言われ、離婚を決心したところ、逃げられてそのまま音信不通になってしまいました。何も話ができないまま今の状態になってしまい、会ってちゃんと話がしたいです。

他社の探偵に移転先調査を依頼したところ、住所が実家になっていました。探し出すことは難しいでしょうか?分っていることは勤務先と名前だけです。現在私は離婚協議中です。彼女の住まいも実家になっているので離婚をしたのだと思います。突然のことで意味が分かりません。勤務先の場所は岐阜市内にあり、実家は多治見でした。少し離れているためここから通うより別に部屋を借りているのだと思います。この場合どのような形で進めていくのでしょうか?

対処法:まずは状況把握から

他社の探偵がどのような形で調査をしたのかわかりませんが、その結果が真実なのであれば離婚をした可能性はあるかもしれません。ただそれだけを頼りにするのはあまり好ましくありません。現状職場がわかるということですのでそこから洗い出す形になるでしょう。

現住所が分らなければ何も行えません。身元を明るくした上でその後の方針を決める形が良いでしょう。そもそもなぜ連絡が取れなくなったのかというのも不明のためそれを知ってからどうするか考えた方が良いと思います。

愛知の方がよりを戻すために今できること

別れてから数カ月が経ち、失った辛さを感じ始める。
しかし、自分では何もできずただ悩むだけの日々。

別れた状況は人により違いがありますが、復縁したいと願う人は多くいらっしゃいます。愛知にお住まいの方からの依頼も多くあります。

一人では解決できないため工作業者に相談をするわけですが、愛知には業者が少ないのが現状です。名古屋に事務所があるところもありますが、スタッフが常駐していないところばかりで関東か関西の業者に相談をする形となってしまいます。

地方だと相談するのが大変なのではないか?
愛知以外の業者だと土地勘はあるのだろうか?
愛知県外の業者だと交通費が高くなるのではないか?

このような悩みを持ってしまうと思います。

特に復縁は業者とのやり取りが重要となります。依頼人とやり取りをし、それで復縁を目指すわけですから常に連絡が取れる環境が望ましいです。県内、県外にかかわらず、基本的に連絡の手段はメールや電話などの通信手段にてやり取りをするわけです。仮に月に一度直接会って話す機会を設けていたとしても、その一回だけのために選択肢を狭めるのは望ましくないでしょう。当事務所はいつでも連絡が取れる体制になっております。

復縁を目指すためにすべきことは一人で悩むのではなく第三者の意見を取り入れることです。一人で悩んでいると悪い方へ悪い方へと考えが偏りがちになってしまいます。人に相談することで別の意見も聞けるでしょう。工作業者も相談窓口の一つです。まずは一度相談してみて解決策を聞いてみるのはいかがでしょうか?

愛知県は車社会なのでそれに合わせた手法を

愛知県は関東以外に大阪の次に多い地域です。
特に名古屋在住の方またそれに隣接する都市の方からの依頼が多いです。企業も多く、ターゲットは自営業者ではなく勤め人の方がが多いです。ただ大阪や東京と違いって愛知は車社会で車両移動が多いです。

ターゲットが車を使用する場合、わたくしたちも同様に車両を用いて尾行をするわけですが、交通事情の関係で追いきれないこともあります。また移動中は何かできるわけではありません。工作は工作員が近づかなければならないのですが、移動にに話しかけることができません。つまりどこかに立ち寄った時をねらっていかなければなりません。

仕事に行くときも車だった場合、立ち寄りがなければ接点を持てなくなってしまいます。一人暮らしをしている方であればスーパーやコンビニなどに立ち寄ることもあれば、ファーストフードそのほか飲食店に行く機会も多いでしょう。しかし実家住まいの場合、そのような動きも期待が持てません。

家と勤務先の直行直帰の場合、工作を円滑に進められなくなるのです。このような動きが予想される場合、行う日を休日にするなどして方法を変えていきます。相手の動きに合わせて工作日もこのように考えなければなりません。

三重県ではタイミングを考えた工作を

三重の特に桑名と四日市で多く依頼があります。名古屋にも近く人口が多いのが理由です。復縁工作を行うのであれば理想は8月です。理由は夏祭りや花火があるからです。工作を行うためにはターゲットが外出しなければなりません。またその外出もできる限り心を開いてくれる時が良いでしょう。何もない時よりも、お祭りなどの方が警戒心も低く、関係も構築しやすい場を作り出すことができるでしょう。それなのであれば冬場に行うのではなく、このようなイベントのある時期に行う方が可能性は高まるのです。桑名の石取り祭りは工作を行う上で魅力的なイベントです。ただ、そこにばかり捉われるのではなく、あなたの状況にあった形で復縁を目指していくべきでしょう。

しかし、それを狙うために行う時期を遅めるのは不適切です。イベントが一か月後などであれば良いのですが、冬に別れたのをわざわざ時期を待って行えば状況が変わってしまいます。復縁を目指すのであれば別れた直後に動き出すのが効果的です。

冷却期間は工作とは別問題です。すぐにでも着手し、万全な体制を取ることが望ましいので、行う時期に適しているのは別れた直後です。

津市や松阪市でも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

友達以上恋人未満からの復縁

先日彼に別れ話をされました。付き合った期間は3週間・別れてからの期間は1週間 彼は24歳東京在住・私からの告白で付き合うことになりました。三重と東京の遠距離でした。

11月に5回デート(私は月の半分桑名に滞在しています)主な連絡手段はLINEです。12月頭に二週間ぶりに名古屋で彼に会い、そして男女の関係を持ちました。

3日目に突然彼から「相性が合わない」と言われ、「友達以上の存在でとても楽しいけど恋愛対象としては無理」と言われました。そして、「気持ちの整理がついたらまた連絡ください」と言われました。現在もメール・電話ともにつながります。今の段階で私は「別れたくない」と言っていますが彼の意志は変わらないようです。年明けの1月にまた桑名に行くのでその時に彼と話をすることになっています。彼がいう「相性」は体の相性だったのではないかと思っています。

対処法:身体の相性は重要ですが、

身体の相性は恋愛で重要なポイントです。男性は身体の相性を重要視する人が多いです。女性は逆に気持ちの相性を重要視します。このように交際をする上で考え方の根本が違います。相手が違う考えをしているのであれば、それを無視するわけにはいきません。しかし、本当に体の相性が別れの原因のすべてなのでしょうか。

恐らくそれ以外にも問題点はあったのではないかと思います。
彼に依存している状態が好ましくなかったのではないでしょうか。それを改善するためには彼を追うのではなく追わせる形を取らなければなりません。
交際期間が短いため早期に着手しなければまた別の人を探す形となるでしょう。その前に何かしら状況を変える必要があります。できれば次回会うまでに対処法を見つけたいところですが、期間的な余裕がありません。そのためまず目指すところは次々回も会えるような形を取るべきでしょう。それまでの間に工作を進める形となります。

相談お見積もりは24時間対応で無料です。電話、メールまたはLINEでお問い合わせください。

TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム
メールアドレス*
ご相談内容*
■大まかな相談内容だけで構いませんのでお書きください。