アライバル探偵社

関西の復縁工作

復縁の相談が多い大阪

大阪は東京に次いで復縁工作の多い地域です。大阪市内だけでなく堺や泉佐野などでも多いです。

東京と同じように大阪は様々な職業の方がターゲットとなります。水商売や風俗店に勤務している方からの依頼や、ターゲットが公務員というケースまで様々です。

大阪市内に住んでいる人は公共交通機関で移動する人が多いです。郊外の場合は自家用車を所有している人が増えます。
ターゲットが車両移動の場合は最初から車で動いてもらったほうが良いのです。調査や工作で一番厄介なのは移動手段が都度変わる人です。電車に乗ってタクシーに乗る、また自転車を利用するというのがそれにあたり、このような変化に対処するのが難しい場合があるのです。これは人口が多く繁華街や企業がある地域ほどこの傾向となります。大阪がまさにその地域となります。

地方の場合はほとんど車社会のため、最初から車を使用するわけですが、大阪のような地域の場合は全く予測ができません。このあたりはお住まいに地域や職業、相手の性格で大きく変わるでしょう。ただ繁華街も近いため、連絡先交換後は比較的進めやすい地域となります。ターゲットとの距離を縮めるうえで、このような環境は適しているでしょう。飲みに行く人であれば、一緒に飲み歩くことも可能です。至って不自然なく進めることができるでしょう。

大阪の相談事例「最悪な状況だけど復縁は可能か?」

相談者(女性):大阪の泉佐野 32歳 婚姻歴なし
彼:大阪の吹田 32歳 婚姻歴なし

出会い系サイトで出会った彼との復縁工作。お互い同じ大阪在住で今年7月に出会って一週間で交際開始。8月に泉佐野のマンションを借りて半同棲状態が始まる。8月29日までは週に4日一緒に住んでいた。交際前は明るかったのに交際し始めたらすごく暗くなった。そのことで喧嘩をして別れ話へと発展する。

その後メールで何度かやり取りをする。
「連絡とりたくなかったんですね」
「しばらくそっとしてほしい」
「とりあえず少し話せませんか」
「そっとしておいて」
「生理が遅れていたためとりあえず連絡とりたいんですが」
「病院に行って結果がはっきり出たら連絡ください。しばらくはそっとしておいて」

などを一方的に送るも返答無し。

昨日マンションに行ったらメモがあった。

「自分は器が小さいのですべてを受け入れることはできません」
「これからの幸せを願っています。ありがとうございました」

というメモだけ置いてあった。

今日も連絡したが出無かったためメールを送ると以下の様なやり取りがあった。

「陽性反応だったので話がしたい」
「お金がほしいんだね。いくらほしいの」
「お金じゃなくて話がしたいんです。連絡をとりたいです」

それに対する回答は「振り込みますよ」と言ってきたため「会いたい」と返す。「病院に行く前に一度会う機会を作ってお金を直接渡す」 と言われた。実際に妊娠をしていることも無く、生理も普通に来ている。彼に嘘を悟られている状態。このような状態で復縁は可能か?

対処法:ウソを一度クリアしなければなりません

復縁を目指す上で一番してはいけないウソをついています。これに関しては修復が困難と考えるべきです。自分で関係を壊しているのと同じです。
ウソをつく人を好きになる人はいません。これに関してはちゃんと謝るべきでしょう。いまのようなやり取りを続けるよりも一度関係を解消し、ゼロからスタートすべきです。現段階ではマイナスの状態です。

男性は妊娠しません。また生理もありません。男性が経験しないものでウソをつくのはあってはならないことです。すでにしてしまった以上ウソで塗り固めるよりもしっかりと話をして謝るのが先決でしょう。一度関係は無くなりますが、それ次第で修復の可能性はあります。時間のかかる作業ではありますが、急ぐのではなく着実に進めるべきです。まずは一度リセットして修復作業を行っていきます。

兵庫県神戸市の復縁「システムエンジニアの場合」

兵庫県の案件は大阪に次いで多い地域です。
とくに神戸にお住まいの方からの依頼が多いです。

対象者の職業がシステムエンジニアの人というケースがあります。
復縁工作を行う上でこの職業は厄介です。普通のサラリーマンであれば朝の出社時間は固定で、帰りもよほど繁忙期でない限り多少の残業程度でしょう。そのため帰る時間も予測ができます。しかしSEという職業はプロジェクトが始まれば時期に関係なく忙しくなります。終電で帰る人もいれば、職場や近くのホテルに宿泊する人もいます。このように動きが非常に読みづらくなります。必ず帰る人だとしても、帰宅時間が遅いため工作を仕掛けるのは容易ではありません。連絡先交換ができたとしても日々忙しい生活を送っているため、会うペースも限られてしまいます。このあたりが難しいところなのです。

兵庫県でSEの人が多いのは大阪に近いからなのでしょう。残業も多いのでできる限り職場の近くが望ましい。そうなると通勤圏内である尼崎や神戸市、三宮のあたりに住むのだと思います。

対象者がSEだった場合、依頼人の方もシステムエンジニアとして当時働いていた方というケースが多いです。同じプロジェクトに参加していたケースもあり、そこで知り合い恋人関係となったという方もいらっしゃるでしょう。いわゆる社内恋愛です。
職場恋愛の場合、それがストレスとなり関係を悪くしてしまう可能性があります。職業柄一緒にいる時間も多いですが、それらはすべて仕事上の付き合いです。それで仕事が終わった後も四六時中いるわけですから、ちょっとしたことで関係を悪くしてしまうことがあるでしょう。夫婦ですら仕事中は接点がありません。それはずっと一緒にいるとストレスとなってしまうからなのです。適度な距離感を保つことが人間関係では重要なものなのです。そのため、本来であれば同棲などは避けるべきでしょう。しかし、その気持ちを抑えることができないという方もいらっしゃいます。しかし、上記のように過度のストレスとなれば、失恋の始まりになります。相手のことを考えてください。そうすれば適切な恋愛ができるのではないでしょうか。当事務所ではあなたの復縁をサポートしております。神戸などにお住まいの方でもご利用いただけますので、ぜひお問い合わせください。

奈良で復縁工作を依頼したい

当事務所では近畿地方の工作を多く取り扱っております。そのため奈良県も問題なく対応できます。

離婚したがもう一度やり直したいという案件や元カレや元彼女とやり直したいというものまで様々です。基本的にどのような案件でも対応しています。

ただ案件によりお受けできないケースというものがあります。

例えばDVを理由に離婚をし、暴力をふるった側からの依頼は当事務所ではお受けしておりません。暴力による離婚というのはDV法という法律があり様々な制約があります。また2013年に改正された新DV法では、家族だけでなく同棲している恋人同士でも暴力があればこの法律に該当します。復縁工作は相手の行動を監視したり、または居場所の特定をしたりします。つまり探偵業の届け出が必要となり、受ける場合も探偵業法という法律に則り手続きをしなければなりません。ターゲットがシェルターなどに入居している、または警察の保護、裁判所からの接見禁止などが下されているのであれば、それをすることでDV法に抵触してしまうのです。探偵社は工作の契約時に契約前の書面と契約書、それと利用目的確認書などの書類手続きが必要です。この利用目的確認書というものに、DV法に抵触する行為には使用しないことという記載があります。また探偵社もそれが分かった段階でたとえ契約時だとしても調査を終了し、その時点で契約を解除する形となります。このように復縁工作といってもなんでも対応できるものではないのです。DV法だけでなくストーカー規制法に該当するものも同様です。すでに警察が介入し、注意勧告を受けている状態なのであれば、当事務所では同様にお受けできないケースとなります。それを隠して依頼をした場合は、警察への通告などを行う場合もあるでしょう。このような事象がない限りは基本的にお受け可能です。奈良県でも一般的な復縁工作であれば対応しております。そのためまずは状況を教えてください。

奈良在住24歳。他社に依頼中だが対応は可能?

現在他の業者に依頼中。元彼との復縁を希望していて、その彼は業界人で私と同じ24歳。しかし今の業者の工作がどうも怪しく、信用できなくなってきた。そのためほかの業者を探しているが奈良での依頼は可能か?

出会いは彼からの一目惚れ。たまたま通りかかった彼がじ~っと見てきた。飲食店へ入ると彼もついてきたよう。先程すれ違った時に気になったとしてアプローチ。そこから二人の交際が始まった。彼も私も奈良県に住んでいて急速に距離が縮まった。しかし徐々に会う頻度も減り関係が疎遠になったのが昨年の8月ごろ。彼から一方的に距離を置くようになった。
その原因はおそらく二人を知る共通の知人女性が良くない噂話を彼に悪く話したから。彼はそれを率直に受け止めて、距離を置くようになった。また彼は誰かから嫌がらせを受けているという。それぞれが同一の人物かは不明だが、嫌がらせはエスカレートしてきていて、彼は近々所属事務所を経由して警察へ通報するというところまできているそうだ。

しかし彼が受けている嫌がらせも通報の信憑性も実は不明瞭。というのも、その情報というのが現業者が工作で入手した工作員からの情報だから。工作員の接触内容は、現業者のスタッフにたまたま業界繋がりの人物がいて、そのコネクションを使って工作員の接触を行ったそう。対象者が参加する業界人の集まりの二次会において、対象者のマネージャーを経由しての接触だったようだがどうも怪しい。連絡先も対象者のものは分からず、マネージャーのものだそうだ。

なにより報告方法が怪しい。接触の画像はあると言っているものの、見せてくれずに出し渋っている。そもそも業界とコネクションがあるという根本から嘘なのではという疑いが出てくる。対象者の知名度はあまり高くないようだが、それでもその関係者とピンポイントでコネがあるのは話しがうますぎる。まして、マネージャーの連絡先しか分からないとして対象者からワンクッション置いている的な設定も疑う予知あり。しかも画像無し。現業者は契約を継続させるためにあらゆる虚偽報告を行い、なんとか繋ぎ止めているようにしか思えない。あげくの果てに工作員を3組程接触させている。確かに工作をやっているという姿勢は見られるが、さすがにそこまではやり過ぎだと感じたそうだ。ちなみに工作員の接触が上手くいっていないことで、現業者は対象者と直接会わせるという提案された。

解約してからであれば奈良での依頼は可能

現在他社に依頼中ということなので当事務所ではお受けできません。行うのであれば解約手続きをした後となります。

問題となるのは今依頼している業者の手法に関してです。そもそも本当に稼働しているのか疑問なところではありますが、全てが本当であれば対応できないでしょう。このあたりの情報精査が必要な案件だと思われます。これがクリアになれば対応できるかもしれません。ただ今の段階ではどのような方法が適切なのかというお話が出来ない状況です。

京都で復縁を依頼したい

京都といっても広いです。北は宮津から南は山城まで府内全域で対応しております。同地域でやはり多いのは京都市です。人口も多いためでしょう。ただ京都人は特有の文化があるためそれがネックです。

京都の方はあまり部外者とかかわりを持とうとしません。中には大阪や神戸の人たちは毛嫌いする人もいるそうです。若い世代はこの傾向は少なくなりましたが、年配の方は表面上を取り繕いつつも、心の中は冷淡という人もいるようです。ただ、工作を行うためには部外者がターゲットに近づいていかなければなりません。そのためこの部分をクリアしていかなければならないのです。

接点が持てたとしても連絡先交換に至らないというケースも中にはあります。しかし、交換ができ普通に会える環境が整えば比較的スムーズに進みます。部外者ではなくなるため、距離も狭まるでしょう。

また人も多く、遊ぶところもあるため、ターゲットと工作員が一緒に外出する機会も増えると思います。このように工作は地域や特性、その人の性格によって進むペースや進め方が変ります。そのため、まずは相手の性格を把握すべきです。

付き合っていた当事者からしてみれば、相手のことは手を取るようにわかると思いますが、全てが分かっていたのであれば、今のようにはなっていないでしょう。つまりあなたは相手のことを分かっていない所があるのです。全てを自分の都合のよいように考え、勝手な解釈で相手のことをわかったふりをしているのでしょう。そのように自分自身を見て思う節はないでしょうか。

少しきつい発言ではありますが、これも復縁したい方のためを思って言っていることです。

復縁を目指すのであれば主観的に見るのではなく客観的に見ていかなければなりません。

滋賀の復縁工作

琵琶湖が中心にある滋賀県。ここでも復縁の依頼はございます。琵琶湖に関係することわざで「急がば回れ」というものがあります。このことわざは室町時代の連歌師が歌ったものが由来となっております。その歌は「もののふの矢橋の舟は速けれど急がば回れ瀬田の長橋」というものです。当時は交通の便も悪く、京都へ向かうためには瀬田の長橋を渡るか、琵琶湖を船で渡るかのどちらかでした。船を使えばまっすぐ進めるため、短時間で向かうことができますが、天候が悪ければ転覆してしまうこともあったようです。そのため少し遠くても安全な橋を使うべきだという意味で「急がば回れ」ということわざができたそうです。これは工作においても同じことです。急ぐあまりに周りが見えず余計状況を悪くしてしまうこともあります。つまり短時間で行えばそれがリスクとなることもあるということです。円滑に進めるのと急ぐのでは全く違います。急ぐとしても的確に物事を捉え、それに合わせた対応をしていく必要があります。滋賀県の草津が工作地域だとしても、この和歌の通り、リスクとスピードの部分をしっかりと見つつ、その中で出来る手法を考えるのが理想でしょう。もちろん急ぐことで可能性が高まるのであればそれを選択すべきです。しかし失敗する可能性やその他のリスクが高いのであればゆっくり進めていくべきでしょう。これに関しては案件により異なります。そのため、状況や別れの原因などを考えて、行う速度を決めて行けばよいと思います。当事務所ではこのような形でも対応しております。ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

浮気相手から彼女にクラスアップしたい

元彼との復縁工作。
同じ大学に通う元彼(22・4年生)とは別れた後も関係が良好で二人で会ったりしていた。

元彼は別れた後に新しい彼女(22)と付き合いだすも、相談者との仲が良くなったことで別れた。

なあなあなまま二人で過ごす日々が続いていた。
そんな中、今朝の話しだが一緒にいて彼があまりにも怒りっぽくなったので勢いで「一緒にいないほうが良くない?」と提案すると彼が「そうかもね」などと受け入れてしまった。

ただ、今日は別々に過ごそうといった短期間の話でもう会わないなどという話ではない。 が、このままだと結局付き合えないまま二人で会ったりすることもなくなりそうなので、彼の本心も知りたいし復縁できないかと思って相談してきた。
二人は付き合っているときお互いに遠慮してか本音を言えずにぎくしゃくしていた。
むしろ別れてから会っていたときのほうが本音を言い合えて楽しかった。それを彼も感じているはずなのになぜか恋人には戻りたくないみたいで、彼がわからないとのこと。

■彼
滋賀県で一人暮らし。
8月の3週目あたりから夏休みだが、バイトが忙しいので愛知の実家には戻らないとのこと。

対処法:アプローチの方法を考えるべき

現状連絡が取り会える状況です。アプローチの仕方を間違えなければ問題なく交際関係に発展させられるでしょう。しかし過去に別れた経緯もあるため手法を間違えれば関係を悪くしてしまいます。恐らく相談者の方は付き合いたい気持ちがある一方で今の関係を壊したくないという考えがあるのだと思います。付き合うためには一歩踏み出さなければなりませんが、その一歩で地雷を踏み関係を悪くしてしまう可能性もあります。そのため一歩が踏み出せず曖昧な状態を継続しているのだと思います。恐らくこれは交際期間中もそうだったのではないでしょうか。腹の探り合いをしていればお互いストレスとなってしまいます。付き合っているのに相手の顔色を伺いながらデートをしていれば関係も悪くなります。今の相談者の考え方ではアプローチも曖昧なままとなってしまうでしょう。そのためには工作という形で当事務所が道案内をする形がよいでしょう。地雷がどこにあるのかが分れば前に進むのも怖くありません。それを知るためには彼の本心や考えを理解する必要があります。友達以上、恋人未満の関係なのであればこのような形が適切でしょう。

和歌山の復縁解決方法

和歌山県でも失恋に悩む男女がいらっしゃいます。出会いがあれば別れがあるのは当然ですが、それが一方的過ぎると納得ができないでしょう。復縁工作にご依頼される方はこのような悩みを抱えております。地方の場合で最近多いのはインターネットで知り合うケースです。和歌山でも同様にこの手の恋愛トラブルが多いです。例えばお見合い系のマッチングサイトなどがそれです。出会い方が何か手続きを踏んで行われるわけではないため、相手のことを知らないケースが多く、交際して発覚し、それでトラブルとなるケースが多いようです。また別れた後も共通の知人がいるわけではないため、疎遠となり場合によっては連絡が取れなくなってしまう方もいらっしゃいます。さらには相手の居場所も分からないということもあるでしょう。このようなケースの場合、接点が持てないため自分で解決するというのは困難です。復縁マニュアルなどを購入しても、それを実行できる状態ではない場合もあるでしょう。出会い方がこのような方は、工作や第三者の力を借りるしか手法は無いのです。結局そうなると業者選びとなりますが、なかなか業者を選ぶというのは簡単ではありません。実際に何もやらない業者、契約をしたら連絡が取れなくなるというところもあるようです。契約前と契約後の対応が180度変わるところもあるそうなので業者選びは慎重になるべきでしょう。とくに着手金をまとめて支払うようなところは注意が必要です。全てを支払うと、返金が一切ありません。つまり業者の良し悪しをその時点で判断しなければなりません。また和歌山で業者を探すのは困難です。そのため、依頼をするとなると必然的に都内などの業者を探す形となります。その場合交通費がかかってきてしまうでしょう。ただ当事務所は違います。様々な案件がありますのでうまく組み合わせ交通費の負担が少ない形で工作を行うことができます。負担を少なく、よりスピーディに解決する。それが当事務所のメリットです。

学歴の問題で結婚できない

2ヶ月付き合って別れた彼女との復縁希望。彼女は38歳の塾講師で出会いは合コン。結婚の話も出ていたが、相談者の学歴が高校中退ということで、身内など周りに反対され、やがて別れることになってしまった。12月から相談者は東京に転勤になったが、彼女は和歌山にいる。彼女の行動として、平日は勤務先の行き来のみ。休日はわりと早くから外出することがあるという。ジャニーズのファンで、ライブがあると必ず行ってしまうらしい。

対処法:これは当事者の問題です

相手が未成年なのであれば親の反対を押し切るというのは難しいのですが、もうすでに40歳手前です。一般的に考えれば結婚適齢期を逃しております。学歴云々で選べる年齢でもないでしょう。またそれをに親族が口を出すというのは些か問題だと思います。最終的には彼女の意思で判断されるものですので、ターゲットは彼女となるでしょう。提案としては、彼女に同性工作員を接触させて心理誘導していく形となります。例えば工作員の設定を既婚女性として、「私は結婚前にさんざん周りに反対されたけど、そんな反対を押し切っていざ結婚してみたら、みんなとっても喜んでくれたのよ」などといった内容の会話をするなど結婚に対する不安点を軽減させて行く形となるでしょう。

相談お見積もりは24時間対応で無料です。電話、メールまたはLINEでお問い合わせください。

TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム
メールアドレス*
ご相談内容*
■大まかな相談内容だけで構いませんのでお書きください。