アライバル探偵社

九州の復縁工作

九州地方では博多を中心の全都道府県を対応しております。また沖縄などの離島でも変わらず工作を行うことが出来ます。

失恋からよりを戻す。福岡の復縁工作

九州で一番依頼件数が多いのは福岡です。単純に人口が多いため、福岡市なはかなり依頼件数がございます。とくに博多で働いている人がターゲットになるケースが多いです。同地域では比較的スムーズに進められます。理由は県外の人が多く、またターゲットも外出する機会が高いからです。その他の地域の場合、外出するとしても行くところが無く、繁華街に出るのも遠いため、休みの日は自宅で過ごす、または出かけても誰かと一緒という場合があり、やりづらい環境となってしまいます。

博多の中心地に近い場所に住んでいる方は出かける機会も多いでしょう。また仕事終わりに中洲に出る人もいます。福岡の人は比較的友好的であり、また人見知りをしない所があります。

アルコールも場合によっては工作の手助けとなります。アルコールを摂取すると、人は警戒心が弱まります。相手の懐に入るためには心を開いてもらわなければなりません。元々赤の他人であり、また最近知り合った工作員にどこまで話してくれるかが工作で重要となるポイントです。秘密主義の人も中に入るでしょう。しかし話したい気持ちが芽生えれば、そのような人でも本音を言ってくれるのです。そのような状況を作るためにはその場の雰囲気やこちらの受け答え、また話したい状況を作るための会話が重要となります。つまり相応の技術が必要なわけです。

当事務所の工作員は一定の技術を兼ね備えております。福岡全ての地域で対応しておりますので一度お問い合わせください。

ケース1:キャバ嬢とやり直したい

ターゲットは中洲で働くキャバクラ嬢。相談者はそこに通っていた客。相談者は上司との飲み会の時にその店に行ったらしい。全く興味が無かったが、その女性からもうアプローチを受ける。結果的に交際を始めるようになった。女性は店を辞め昼職一本となる。3カ月後には同棲を始める。しかし半年ほど経ってから関係が少しずつ悪くなっていく。恐らく女性が浮気をしていたようで、それを問い詰めたところから別れ話に発展してしまう。

一時は落ちついたものの以後の関係は最悪となる。さらに女性は再度中洲のキャバクラでバイトを始めだしたそうだ。一年後には同棲を解消し自然消滅という形で別れてしまった。彼女の住まいは不明だが昼の仕事と夜バイトをしている場所は知っている。年齢は21歳。恐らく博多在住。このような状態だが依頼は可能か?

対処法:彼女に追わせること

バイトを再度はじめたあたりから別れの覚悟をしていたのでしょう。年齢が若いところから色々な誘惑があるのだと思いますが、結局はご相談者様の対応に問題があったのだと思います。細かな別れの原因を聞いていないため何とも言えませんが、相談者様は付き合ったという形ではなく、付き合ってあげていると上から目線で交際をしていたのでしょう。初期のころは入れ込んでおりますのでそれでもついてくるでしょう。しかしその熱は時間が経てば冷めてしまいます。結果的に関係は少しずつ悪くなってきてしまうでしょう。彼女も「こんなはずではなかった」「思っていた人と違う」という考えに至ったのです。ではここで相談者様が彼女を追っても関係は修復しません。

本件で重要なことは「彼女に追わせる」形です。これは彼女の性格を考えた結果ですが、世の中の人を二つに分けると追うタイプ、追われるタイプのどちらかとなります。彼女は追うほうが性格にもあっており、ストレスを感じないのでしょう。そのため追わせる形を取らなければなりません。そのためには再度彼女の気持ちを甦らせ、闘争心に火をつける必要があります。一般的な復縁であれば同性工作員を近付ける形となりますが、職業や性格などを考えると男性を近付ける方が無難かもしれません。

不倫関係解消された。佐賀でも依頼ができるか?

マイナーな県と言われておりますが、それに関係なく佐賀でも依頼はございます。当事務所は全国対応です。そのため全国の復縁で悩むお客様へ適した解決策を送り届けております。

一昔前は電話しかありませんでしたがインターネットが普及したおかげでメールやネットなどで相談者の方とやり取りができるようになりました。それと同じように出会いの場もネットを経由したものが増えております。

インターネットで出会い、関係を構築して会い、付き合うようになるカップルは最近増えてきております。以前までは出会い系サイトが主でしたが最近ではモSNSで知り合う機会が増えております。年齢は20代が多いですが、40代、50代の方もいらっしゃいます。このように自宅にいても出会える環境のため、佐賀に住んでいようとも知り合える環境なのです。相談者は福岡に住んでおりターゲットが佐賀在住という事もあります。この場合、調査地域は佐賀県になります。

インターネットで知り合うケースは共通の知人がいないため別れてしまうと接点が無くなってしまうことがあります。また知り合って期間が短いと相手の情報が不足していることもあります。情報が少ない場合、まず行うべきことは相手の身元をしっかりと固めることです。できれば自宅と勤務先が分かると良いでしょう。また写真があれば上出来です。これらの情報を揃え、工作に着手していきます。情報が無い場合は事前調査で調べていく形となります。佐賀でも県内すべてで対応していますのでお気軽にお問い合わせください。

不倫でも復縁したい

今年の2月に同じ職場で出会った妻子持ちの男性と交際する関係にまでなった。2人は本気だったようで、男性は奥さんとの離婚に向けて計画を進め、相談者は職を変えた。しかし、6月になって相談者と男性の関係は悪化。

相談者が男性に対して頻繁に離婚の進行状況を聞いてしまったことが原因らしい。つまり男性としては、相談者のそのしつこさが負担になり、今回別れを切り出されることになったという。しかし、実際に男性がどう思っているのかは分からない。

本当は奥様と仲は良く、離婚話すら出ていないのかもしれない。もしくは、他にも浮気相手ができたのかもしれないし、その辺りは相談者が問い詰めたところで教えてはくれないだろうし、たとえ聞けたとしても関係は悪化するような内容。ちなみに先日、男性とは旅行に行っているが、会うのは明後日が最後のようだ。

対処法:対象となるのは妻

不倫関係のある男女の別れでよくあるパターンです。別れると言っているものの離婚話が進展しないのはよくある話です。離婚話が進展しないためそれをしつこく聞く気持ちもわかりますが、それをすれば関係も悪くなってしまうでしょう。本当に離婚話をしているかは定かではありませんが、仮にしていたとしても男性側の意思で離婚が出来るわけではありません。妻がそれに同意をしなければ状況は変わらないのです。

本件は復縁よりも先に別れさせ工作が必要となる案件です。そのためターゲットとなるのは妻です。離婚が成立すれば自然とよりを戻すことができるでしょう。旅行時はあくまでも次に会えるような形を目指すよう、彼に負担をかけないようにすべきです。

離婚の恋愛トラブル解消を熊本でも対応

熊本県でも復縁工作を行っております。

出会いがあれば別れがあります。もう一度やり直したいけれど、別れ際に執拗に復縁を迫ってしまったためもう呆れられてしまった。こうなると自分自身では復縁を目指せなくなります。

復縁マニュアルという本もございますが、やはり一般的なものしか対応しておらず、出来ることは限られております。自分磨きも大切ですが、相手の気持ちが変わらない限り元に戻るのは難しいでしょう。修復の手伝いを友人知人に頼んでもやはり限界があります。このような状況なのであればやはりプロの力を借りていくのがスムーズで且つ状況を悪くしないで行うことができます。

もちろん、相手次第の所がありますのでいくらお金をかけたとしても確実に成功するものではありません。その時の気分や状況、相手の性格など様々な部分が関係してくるからです。また別れた原因が何だったのか、交際期間はどれくらいなのかという部分も関係してくると思います。

例えば別れ際に嘘をついてまで関係を保とうとしていた人と、綺麗な形で関係を断った人であれば明らかに後者の方が可能性が高いです。また交際期間が数ヶ月の方と、10年近く付き合った人なのであれば後者の人の方がよいでしょう。可能性が高井理由は相手の心の中にどのような形で思い出がしまわれているかです。良い思い出なのであれば思い出した時に印象はよく、悪い思い出なのであれば思い出したくないため心の奥底に閉まってしまいます。深層心理に接し、深い部分を掘り起こしたとしても、やはりそれはあまり良い思い出ではありません。このように様々なものが復縁には影響してくるのです。そのため方法も案件や地域により変わってくるのです。熊本県でも復縁工作を行っておりますが、状況によっては対応できないものもあるかもしれません。この辺りに関してはお電話かメール、LINEでお話を聞いたうえで判断いたします。そのためまずはお問い合わせください。

妻ともう一度やり直したい

一年前に妻と離婚した。原因は嫁・姑の問題に自分が間に入って上手く対応できなかったこと。離婚する時にまったく条件など決めずに離婚したため、慰謝料などは今も払っていない。そもそも妻との出会いは、相談者が転職する際に学校に通った時にその学校で出会った。結婚前の交際期間は4年ほど。結婚したのは2年前、できちゃった結婚だった。電撃結婚であり電撃離婚だった。妻は結婚を機に福岡から熊本に出てきて友達などもいなく一人で寂しかったのだろう。相談者の実家は近くにあり、相談者の母親が妻を手伝ったりしていた。相談者は35歳、妻は26歳、子供が2人(2歳と2ヶ月)。2~3ヶ月前に一度携帯に電話したが着信拒否されている状態。復縁したい。子供に会いたい。

対処法

離婚はしたけれどもう一度やり直したい方は一定数います。

本件の場合主だった離婚原因がありません。また連絡も断たれた状態なので無理にアプローチをすれば状況は悪くなってしまいます。お互いの間に子供がいるようですので、上手く進めることで子供に会えるようになるでしょう。またそれと同時に復縁が出来るケースもあります。しかし別れてから連絡を取っていないためまずは状況を把握する必要があります。場合によってはすでに交際相手がおり、そこの別れさせなども必要になる可能性もあります。状況を把握した上で方針を決める形となるでしょう。

復縁のための別れさせも。長崎の相談事例

長崎の場合、沖縄同様に離島の方からの依頼が定期的に御座います。九州本土であれば比較的行いやすいのですが、離島の場合は簡単ではありません。そのためシステム等もそこに合わせた形で行っております。

本土の場合は他の九州と同じような形で対応しております。まず行うべきことは相手の情報の整理です。どのような情報をお持ちかによって下準備がどの程度必要なのかが変ります。準備をした上で最初に行うのは接触です。当事務所ではファーストアプローチと呼んでおります。工作に進むためにはターゲットと工作員が仲良くなる必要があり、それをするためには面識のない関係ですのでまずは接点を持たなければなりません。接点の持ち方は相手の生活スタイルによって変わります。基本的に働いている人は家と会社の往復です。たまにガソリンスタンドに寄ることもあれば、コンビニに立ち寄るケースもあるでしょう。一人暮らしで自炊をしている方であればスーパーなどにも行くと思います。基本的にはこの程度の動きです。もちろん休日であれば繁華街に出かけて買い物をすることもあるでしょう。しかしそれがいつなのかというのは分かりません。確かに接触がしやすい環境の方が先に進めやすいです。ただそれはその時に出会わなければいつまでたっても前には進みません。前に進むためにはファーストアプローチが出来なければ意味がないのです。ダラダラと相手を追い、そこで行うよりも小さなチャンスを如何に大きくしていくかが工作業者の腕の見せどころではないでしょうか。

当事務所では闇雲に調査を行うのではなく、工作に進むための調査しかしません。長崎でもこれは同じです。とくに車社会ですので、それを逃せば先がないかもしれません。そのためいつでも接触ができる環境で行っているのです。

佐世保在住の方からの相談

26歳独身の佐世保在住の男です。ある女性と昨年夏から交際関係にありましたが、彼女には結婚予定の男性がいました。結局彼女は今年の夏にその男性と結婚しました。理由は妊娠によるものだとのことです。もしかしたら私の子供なのかもしれませんが詳細は不明です。そのことから別れる形となりました。もし私の子供なのであれば一緒に育てていきたいという気持ちがあります。また私の子供でなかったとしても、彼女と一緒にいられるのであれば構いません。彼女の子供なのだから受け入れられる自信はあります。そのため私は彼女と結婚相手を別れさせたいと考えております。

彼女に関しては一通りの情報が揃っておりますが、男性に関しては年齢と職種しか知りません。いまでも彼女と連絡が取れる立場ではありますが、今の状況で電話やメールをしても良い関係は築けないと思い控えております。そもそも夫の話を聞くわけにもいかず、情報は揃えることはできないでしょう。

このように情報が全くない場合でも別れさせ屋工作は可能なのでしょうか?

別れさえすれば、後は自分の力で復縁は出来ると思っております。つまりサポートをしてもらうのは離婚をするまでという形です。

対処法:ターゲットの特定が必要

復縁目的ではあるが、その目的を達成するためには別れさせる作業が必要な案件は比較的多いです。ただこの場合まずはターゲットの特定作業が必要となります。

情報量が不足しておりますが結婚をしているため同居でしょう。特定はさほど難しいものではありません。ただ容姿が分らないのでマンションなどの集合住宅に住んでいるのであればある程度時間が必要となるでしょう。容姿が特定できればあとは尾行して勤務先特定、使用する車両の特定など順次調べる形となります。一通りの情報が揃えばあとは別れさせるために工作員を近づける形となります。

方法としては男性に対し異性を近付ける形となります。ただ既成事実を作るというような手法は法律に抵触するため当事務所では行っておりません。あくまでも心理誘導をベースに行うことになります。

別れさせが必要なケース。大分の方の場合

同じ職場の人と交際していたが、些細なことでけんかとなり別れることになってしまった。このようなケースはどの地域でも起こり、大分の方でも経験されている人はいらっしゃいます。

職場恋愛は極めて小さなコミュニティの中で起こるため、様々なトラブルが発生いたします。とくに密に接している人であればあるほど恋愛関係に発展することが多いのです。SEなどの職業でもプロジェクトチームで作業を行います。同じ作業を一緒にしていると距離も縮まるでしょう。そのため恋愛感情も同時に働いてしまうのです。

トラブルが多い職業は医療従事者です。病院も同じように各病棟個別に分かれており、その中で業務を行います。同じ患者を見ながらカンファレンスを続けている中で恋愛へと発展してしまうのでしょう。
交際するまでは良いのです。問題はちょっとした擦れ違いで関係が悪くなってしまった時です。関係が悪くなり別れる結果となっても簡単に職場を変えられるわけではありません。多少距離を置き少しずつ修復したいと思っていても同じ職場にいるためそれも難しいでしょう。その当たりを気にし過ぎてしまい余計ギクシャクしてしまう場合もあるのです。そのため職場恋愛の復縁は難しいところがあるのです。いっそのこと仕事を辞めてしまう人もいますが、それをしてしまうと今度は距離が離れすぎてしまいます。適度な距離感を保つのは難しいものなのです。

大分でもこの手の相談は多く寄せられます。状況は人により様々です。同じ職場恋愛でも職種で大きく変わります。あなたにあった手法を考えるために状況を教えてください。

別れさせて復縁したい

元彼とその現彼女を別れさせたい。彼と相談者が別れたのは今年4月で、最終的に縁を切ろうと決めたのは7月。交際は2年位。彼が現彼女と出会ったのは2月とか。7月に現彼女から連絡があり、付き合っているとの報告を受けた。それまでは詳しい状況を知らず。それを彼に話すと、彼は謝ると言いだす。現彼女とは縁を切るから許してくれと言ったそうだ。彼は相談者との縁を戻したいと言っていた。そんな彼を許して、またやり直そうと思った矢先、翌日に2人で旅行に行かれた。海外旅行に行ったようで、それを相手女性から報告される。彼に再度問いかけると謝りもせず今度は開き直ってきた。さらには別れを切り出された。その時は感情的になってしまったが、今考えるとやり直したい気持ちが芽生え始める。できれば二人を別れさせてよりを戻したい。

対処法:別れさせが必要な案件

本件は別れさせることが出来れば自然と復縁が出来るでしょう。浮気性のある性格の人は工作対象としては不適切です。そのため彼女をターゲットにする形となります。彼女に関しては情報が不足しているため、まずは情報収集を行う必要がある案件です。一通りの情報が集まれば、工作に進むという形です。

一般的な手法は異性を近付ける形ですが、本件はそうではなく同年代の同性工作員を近付けるのが効果があると思います。彼の性格などを考慮すると今後も浮気をする可能性は大きいです。今の彼女は許している部分はありますが、それと同時に不満を持っているところもあるでしょう。そのような感情があれば別れる要素があります。そのため方法は異性ではなく同性を近づけ心理誘導を行う形です。

宮崎でも負担の少ない形で依頼が可能

宮崎県でも復縁工作の対応ができます。市内全域だけでなく、県内すべてで対応しております。宮崎県は九州の中でも孤立しているほうで、実際にある案件のほとんどが依頼人もターゲットも県内に在住しております。また学校が一緒、職場が一緒というケースが多いです。そのため工作ターゲットの情報が分かっている、共通の知人も多く、相手の行動も把握できているという状態のため、比較的スムーズに工作を進めることが可能です。

しかし共通の知人がいると相手の状況がすぐに分かってしまうため、失恋して悩んでいる方にとっては辛いでしょう。場合によっては共通の知人に不快な話をされ、それを耳にしてしまうケースもあります。相手の情報が入ってくるのは工作には適していますが、入ってくる情報は全て人伝手のため、それが嘘なのか真実なのか、真実だとしてもどれくらい歪曲しているかまでは把握ができません。結局相手の気持ちは分からないままただ情報だけが入ってくるのです。

本当の気持ちが知りたいと思っても知人を通して聞いても本心までは分かりません。結局利害関係がある仲間内では話す内容は限定されます。建前上の言葉しか聞くことはできないでしょう。そのような情報だけで復縁を目指そうとすれば余計関係を悪くしてしまうかもしれません。

必要な情報は復縁したい相手の深層心理の中にあります。これを引き出すためには様々な作業が必要とされ、また知り合いを利用したとしてもそれを引き出すことはできないでしょう。引き出すためのツールが必要であり、また引き出した後のアフターサポートも重要となります。当事務所では宮崎でも失恋した方のサポートを行っております。そのため具体的にどのように別れたのかを教えてください。それに合わせた解決方法を提案いたします。

別れさせおよび復縁

1ヶ月前に別れた彼女(30歳)と今彼の別れさせ、および復縁希望。彼女とは会社の飲み会で知り合った。同時期に勤務していたわけではなく、彼女が先に勤務していて辞めたあとに相談者が入社した。辞めた人も交えての飲み会があったために出会った。

10ヶ月間付き合い、最後は相談者の性格的な部分を理由に彼女から別れを切り出された。が、実際は彼女は別の男性と交際を始めた様子。相談者自身が彼女を尾行して男性と会っているのを確認した。

男性は、彼女がよく遊んでいる先輩女性の弟と思われる。その先輩と弟は二人で住んでいるようで、地域は相談者と同じ宮崎。尾行した日、最初に近所の居酒屋で彼女を捕捉、同時に男性を確認。店を出た二人が先輩の家と思われる一軒家に入っていくところまで確認した。彼女は相談者との別れ際には、男性の存在については一切触れず。

対処法:状況把握が先決

まず当事者が尾行をすると万が一見つかれば事件へと発展してしまいます。そのような行動は慎むべきでしょう。自分で行動を確認できれば費用の負担は軽減できますが、リスクになる場合もあるのです。状況次第ではお受けできなりますので注意してください。その弟が浮気相手なのかどうかもわからないため、ターゲットは彼女となるでしょう。彼女に工作員を近づけ、気持ちを聞き出しつつ心理誘導を行うという作業となります。仮にその弟と交際しているようであれば別れさせが必要となるでしょう。結果次第で方法は変わるため現時点では断定せず、柔軟な対処が必要とされます。

元カレとよりを戻せるか?鹿児島の復縁工作

復縁のターゲットとなるのは元彼か元彼女。結婚していたのであれば元妻や元夫です。やり直したいという気持ちを相手から引き出すといった形で工作は進んでいきます。鹿児島県でも同様に復縁工作のご利用が可能です。

地方の場合、ターゲットとなる人物のほとんどが車両移動です。鹿児島市でも同じように車を使う人ばかりです。そのため工作に進むためのファーストアプローチは電車移動の方よりも難しいです。車を尾行しなければならず、また行先も不明です。行った先で誰と合流するのか、また何をするのかも不明の中で行わなければなりません。様子を見たいですが、それをしているとチャンスを逃してしまう恐れがあります。そのため様子を見るとしても過度に行うよりもある程度見切りをつけて行っていく方が良いでしょう。

業者の中にはやたらと事前調査ばかりを行うところがあるようです。確かに事前調査は必要です。しかし、それだけをしていても何の意味もありません。復縁を目指すためにはファーストアプローチ及び連絡先交換が最低限必要です。必要な作業を一切せずに、ただ調査だけ行い、結果何もできずに終了してしまうという話も耳にします。当事務所では基本、情報が一通り揃っているのであれば事前調査はほとんど必要ありません。情報を確認するために多少行うだけで、あとは工作に進むためのファーストアプローチを行っていきます。またこのような形で行っておりますので、支払いに関してもまずは前段階の作業分だけのお支払で構わないのです。料金システムがこのような形となっておりますので、負担を少なく始められます。また鹿児島県でも着手後すぐに工作に進む手筈を踏んでいきます。

元カレとの復縁体験談

元彼と現彼女の別れさせ、および元彼との復縁希望。2011年3月に別れたが秋頃に復縁しようとしたら彼にはすでに交際相手がいた。今も彼は現彼女と仲良くやっているようで、この年末に「もう連絡したり会ったりしないほうがいい」と彼に言われた。

■彼情報
36歳、フリーランスのライター自宅および記者編集部は鹿児島市内。普段の勤務場所は自宅と編集部以外にも鹿児島県外の現場があり、勤務形態も休日もすべて不規則。自宅は6階建てぐらいのマンションの4階。オートロックなし、エレベーターあり。車と自転車を持っていて、どちらも普段から使う。自転車はマンション敷地内の駐輪場に、車は自宅近くの平置き月極駐車場に置いている。

■彼女情報
30歳、携帯ショップの接客業。

対処法:費用対効果を考えるべきです

別れてから半年ほど経過しているため、それがどのような影響を及ぼすのかわかりませんが、まず行うべきことは別れさせです。彼女をターゲットにする形となるでしょう。しかし彼女の情報が不足しています。そのためまずは特定作業を行ないますが、特定するためには二人が会わなければなりません。いつどのような形で会うかが分らないため特定が出来るかどうかも不明です。しかし特定が出来なければ彼女に対し工作を仕掛ける形が取れません。そのためだけに費用をかけるというのは費用対効果が悪いでしょう。そのため、彼もターゲットの一人として考えるべきです。どちらにしても彼を尾行するため、特定が難しそうであれば彼を対象に、特定できそうであれば彼女を対象にすればよいと思います。このように工作は一つの作業を行うのではなく、柔軟に対処するほうが効率よく出来る場合があります。

沖縄で低価格で工作を行うために

沖縄は那覇がメインとなりますが、稀に離島からの依頼もございます。ただ全国的にみると依頼件数が少なく相談自体が少ないのです。理由は環境が影響してくるのでしょう。

おおらかな人が多いというのは良く聞く話で、恋愛トラブルに発展する可能性が低い地域なのでしょう。ただこれは依頼人とターゲットの両方が沖縄に住んでいるという事だけの話しであり、ターゲットは沖縄在住で、依頼人が全く別の場所に住んでいるケースは状況が異なります。遠距離恋愛はトラブルに発展することが多く、沖縄では遠距離恋愛の果てに別れてしまったものを修復したいという相談が多くあります。

実際に沖縄で行う場合、現地にスタッフを派遣し、滞在させその中で工作の切り口を見つけていく形となります。このような方法で行う理由は交通費などの負担を少なくするためです。交通費に関しては着手金の中から出費していくわけですが、往復を繰り返せばその分負担となってしまいます。それを避けるために連日して行う中である程度形を作り出していくというのが当事務所の進め方です。連日滞在することで無駄な経費を減らし他の地域と同じクオリティで工作を行うことができます。

沖縄で工作に適した時期は台風の来ない秋から初夏にかけてです。夏場は天候が荒れて工作を想うように進められなくなります。天候が落ち着いているのであれば夏でもも問題なく行える、むしろその時期の方がスムーズに進められるのですが天候ばかりは事前に全てを知ることができず、かなりこれには悩まされるポイントとなってしまうでしょう。

このように工作は天気も影響します。幾ら地元の人が台風に慣れているからといっても、やはり自然災害なので慎重になるでしょう。天候を考慮して着手するのが望ましいです。

沖縄で出会った人と復縁したい

当方は都内在住ですが、ターゲットは沖縄に住んでいます。去年の夏旅行で女友達と沖縄に行きました。そこで彼と出会いました。当時は観光客として滞在していたのですがその期間中に関係を持ってしまいました。以後定期的に沖縄に行き彼と会っていました。交際してから三ヶ月程で結婚の話が持ち上がりました。彼も一度東京に来て両親と化追わせをしました。しかし今年の四月に突然彼から別れを告げられました。理由は不明ですが浮気をするような人ではありません。

彼は以前から鬱病を患っており、恐らくそれが原因だと思います。男性でもマリッジブルーの様な現象が起こるそうなので、それのせいだと私は考えております。別れた後もメールのやり取りをしており、沖縄に行くペースは減ったものの、それでもいまだに彼と会い関係もあります。会うたびに復縁の話を匂わせますが、もとに戻る気は無いと言われております。このように中途半端な関係ですけれどやり直すことはできるのでしょうか。

対処法:アプローチを間違えなければ

遠距離でターゲットが沖縄というケースはあります。どうしても会えるペースが少なくなってしまうため、関係を保つのが難しいでしょう。またメールや電話だと相手のストレスとなってしまうことがあります。本件のターゲットのように気分の浮き沈みが激しいとマリッジブルーとなり結婚に前向きへとならない方もいらっしゃいます。とくに急激に関係を深めたのであれば尚更でしょう。関係というのは徐々に深めていく方が壊れづらいです。そのため今はやり直すための準備期間と考えるべきです。

連絡が取り会える関係ですので、アプローチの仕方を間違えなければよりは戻せると思います。そのため行くたびに復縁を匂わすのはタブーです。もう少し彼の心の中を見た方が良いでしょう。理想は彼の気持ちがわかる状態にしておくことです。それをするためには工作という作業が必要となります。ターゲットに工作員を近づけ、気持ちを聞き出しつつ相手の反応を伺う。その結果をもとにご相談者様がアプローチ方法を考えていくというものです。

相談お見積もりは24時間対応で無料です。電話、メールまたはLINEでお問い合わせください。

TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム
メールアドレス*
ご相談内容*
■大まかな相談内容だけで構いませんのでお書きください。