アライバル探偵社

東北の復縁工作

東北地方全域で対応しております。

札幌在住の外国籍の人とよりを戻したい

北海道の特徴はやはり雪を気を付けなければなりません。札幌市内であれば気にする必要はありませんが、それ以外の地域は雪で工作が円滑に進められなくなることもあるのです。そのため冬場は工作が行えない地域もあります。

外国人との復縁工作

札幌在住のアメリカ人の彼(29歳)と復縁したい。出会いは相談者が講師として勤務する日本語学校で、去年の10月に彼が入校してきて11月から交際開始。それが、今年の3月末に彼が一時帰国した時から関係が悪化。

原因は現地での彼の元彼女(22歳)。帰っている間に彼は元彼女と会っていたようで、しかも4月頭に日本に戻ってきた時に連れてきた。相談者がそれを知ったのは、一緒に歩く2人を偶然見かけたから。彼の一連の行動により、22歳の元彼女は「彼と復縁できた」と誤解したよう。

相談者は彼に「そういうことならそれで構わない。2人が幸せなのなら私はそれでいい」と伝えたそうだが、彼は「そうじゃない。結婚したいと思っているのは君だ」と答えたそうで、あくまでも元彼女とやり直すつもりはないという返答だった。「あの子はもうすぐ帰るからそれまで待って」と言われた。だがその後まだ元カノがアメリカに帰る様子がなかったため、フェイスブック上で元カノにメールしてしまった。そのメールの中で「彼は自分と交際している」点に触れたが、自分こそが彼と交際していると思っている元カノは激怒。彼に言い寄った。そこで彼は相談者に怒り。それで関係がこじれ、完全な別れには至っていないものの悪い状況。

今は、電話は着信拒否されていてメールもたまに返事が来る程度。彼のほうからメールが届くこともあるそうだが、内容的には「暴力的なもの」が多いらしい。たとえば「学校やめてやる。こうなったのもあなたのせい。俺の将来設計はぶち壊された」など。彼は5月に学校を辞める手続きを取るとまで言っているそうだが、相談者としては「彼は日本に滞在し続けたいだろうからそれが可能になる動きを取るはず」と考えていて、その点からすると学校は辞めないのではという予想がある。

学校を辞めるとビザが観光ビザに変わってしまって3カ月しか連続滞在ができなくなるから。彼が本当に辞めてしまえば工作依頼は再度検討するらしいが、辞めない限りは工作したい。

対処法:待ち時間はありません

国際化が続く中でこのような相談も増えております。日本国内と外国では恋愛に対する考え方に違いがありますが、やはり浮気は浮気として考えます。自国にいる彼女も「彼が日本で浮気をしている」と思っているのでしょう。ただ彼は日本国内に残りたい意思があり、立場は相談者の方が上と考えるべきでしょう。またビザの関係があるため相談者の思惑通り学校を辞めることは少ないと思います。あとは彼の気持ちひとつで状況は変わるでしょう。

学校を辞めるかどうかを待っていると時間が経過してしまいます。その結果を知りたいところではありますが、早期に対処するのが無難でしょう。

妻との関係修復。夫婦再生を青森で

復縁工作を依頼される方は九州よりも東北の方の方が多いように感じます。理由は恐らく北国の人の方が精神的に不安定になりやすいからだと思います。人恋しいと思う気持ちがもう一度やり直したいと思い、工作を考えるのでしょう。青森の方からの依頼も人口の割合から考えると多いように思います。

ただ同県には復縁工作業者がありません。あったとしてもレンタルオフィスなど事務所の存在が無いところです。そのようなところに依頼をすると別名目で様々な費用を請求されてしまいます。結局は都内にいるスタッフを現地に派遣するだけで、結局は都内の業者に頼むのと料金に変わりがありません。当事務所では都内で頼むのと変わらない金額で青森でも安心して依頼が出来るような形を提案しております。

工作の進め方を上手く行えば、そのあたりの経費を押さえ、円滑に進めることが出来るでしょう。青森県の方でも気軽にご利用できる復縁工作をぜひご検討していただけたらと思います。

青森の復縁体験談

青森在住の三浦と申します(男性・40歳・会社員)実は妻との関係修復に悩んでおります。

私は2年ほど前から会社内の人間関係で悩み、カウンセリングを受けるようになりました。1年ほど前から心療内科にも通い、またカウンセリングなども受けて治療中です。診断の結果は躁鬱、統合失調の疑いがあると言われています。何とか妻や子供達には迷惑をかけたくない、また不安定になった状態を妻子に見せたくないという思いで別居を申し出て、現在私は一年ほど前から一人でくらしております。

週に一度は自宅に戻り家族と過ごすようになっているのですが、妻は私が浮気をしていると疑ってしまってます。それはないと話しても納得しません。治療方針から独りで暮らしている部屋は見せないでいます。特にその部分を疑っているようです。妻の疑いが晴れればまたやり直せそうですが、このままズルズルと続けばいつかは離婚の話が出てくる可能性もあります。子供のこと、妻のことを考えると余計鬱状態となってしまい、さらに悪い方向へと進みそうです。夫婦改善のためにできれば復縁のサポートをしてもらいたいと思います。まだ別れてもいない状態ではありますが、この場合でも工作は可能でしょうか?

対処法

現状婚姻関係は続いているものの、家庭内別居状態やすでに離婚話が出ているなかで関係を修復したいというご相談は多くあります。本件の場合、奥様が疑っている状況ですのでその疑いを晴らす必要があります。治療も重要ですが、奥様との関係修復も重要でしょう。

一度疑いをもってしまうとそれを修復するのは難しくなります。例えば過去に浮気をしたことがある場合、その後も疑いは続いてしまいます。復縁を目指すためには奥様の信用を得ていくしかありません。この状況から考えられる手法はまず奥様に同棲工作員を近づけていきます。現状では知り合いではないため、まずはどこかしらで接点を持たなければなりません。接触、連絡先交換を行い、工作に進んでいきます。工作中はお子様の考えを聞きつつその中で心理誘導を目指す形になります。

このままでは別れてしまう。秋田で別れ防止を依頼

秋田は豪雪地帯のため復縁工作を行う場合は夏の方が適しております。冬場に依頼を考えた方でも、出来れば雪が解けるまで待った方が良いでしょう。しかし、時間というのは残酷です。待っている間何も変わらなければよいのですが、相手の生活も月日とともに変化いたします。気が付けば別の人と交際していた、または結婚していたということも十分考えられるでしょう。本人の意思でなかったとしても妊娠してしまい結婚をするしかなくなってしまう状況も考えられます。このように例えその時が適していない時期だったとしても、時間を遅らせるのは相応のリスクがついて回ります。つまり工作を行うタイミングは今すぐなのです。

冬場だとしてもできないわけではありません。また復縁が成功したケースというのもございます。我慢するのではなく、今すぐに改善を目指していくことをお勧めいたします。

秋田の復縁体験談

現在交際している彼女がいます。私は将来的に結婚を希望していますが、彼女は最近になって好きかどうかわからなくなったというようになりました。メールや電話の頻度も減り、熱が冷めてしまったような反応が増えています。交際期間は3カ月になります。出会いはネットゲームを通じて知り合い付き合い始めました。すでに7回ほど会っており、お互いの両親にも会っています。付き合う時も結婚を視野に入れていることは話していたのですが、まだ迷っているという反応でした。彼女が一人暮らしで時々急に気持ちが落ち込んでしまうことがあり、その時に好きかどうかわからなくなったらしいです。実家の環境も複雑で気持ちに余裕がなくなっているようなのであまりしつこい連絡は控えているのですが正直どう対応していいものかわかりません。前向きな関係に進むにはどうしたらいいでしょうか?よろしくお願いします。

対処法

最近このように出会いの場がインターネットのゲームなどを通じて知り合うケースが増えております。とくに地方の場合この手の出会いは多くなってきているでしょう。この場合、出会ってからの期間が短く、双方ともに詳しい相手の性格などを見れていない状況です。このような中で関係を深めようとするとちょっとしたことで関係を壊してしまうケースもあるのです。とくに彼女のように精神状態が不安定な場合、対応次第で別れる形となる場合もあるのです。先々結婚を考えているのであれば、そこは焦って進めるのではなく、お互い話し合いの場をしっかりと見つけるべきでしょう。このようなケースの場合、工作は必要ないかもしれません。ただ共通の知人がいない場合何かあった時に修復が難しくなります。保険という意味で工作員を近づける方法をとっても良いと思います。

遠距離の復縁は岩手でも依頼できるか?

盛岡はやはり人口が多いため、その分依頼も多くなります。また太平洋沖の地域からの依頼も一時期震災の影響で少なかったですが最近増えてきました。特に地震の影響で急速に関係が発展した人もいるでしょう。時間が経つことで関係を悪くしてしまった人も同様にいらっしゃると思います。

せっかく掴んだ幸せを、些細な喧嘩でダメにしてしまったという話もよく聞きます。復縁したい相手が別に好きな人が出来てしまったというケースもあるでしょう。もう少しで結婚までする予定だったのに、気が付けば一人になってしまったケースもあります。

当事務所では岩手の方の復縁工作も対応しております。盛岡を中心に県内全域でサポートしております。ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

遠距離でも復縁は可能か?

相談者は30歳女性。依頼内容は復縁。震災後に彼と盛岡で出会う。当時彼は自宅が被災しており、一時的に盛岡へ避難。その際に友人を介して出会ったという。会ったその日から意気投合し、交際へと発展。二年ほど付き合ったが彼が仕事の関係で東京に引っ越す話となった。彼の引っ越し後も定期的に通い合い会っていたもののある日突然彼から別れを告げられたという。もう好きじゃない、一緒にいられないなどと言われたそうだ。何とか関係を取りとめようとするが、もう気持ちが無いの一点ばり。結局別れてしまった。彼は32歳。現在都内の会社に勤務する営業マン自宅などもわかっているとのこと。別れてから半年ほど経つが復縁は可能か?

対処法:まずは事実を明らかに

震災を機に交際をした人は多くいらっしゃいます。また結婚したカップルもその中にはいます。今回は遠距離のため別れてしまったのだと思いますが、彼の環境の変化をサポートしていなかった相談者にも問題があると思います。

慣れない土地で不安を抱え生活をしているためこのようになってしまったのでしょう。ただそれだけではない可能性があります。可能性として高いのは彼の浮気です。恐らく律儀な人なので両天秤で交際が出来ない人なのでしょう。しっかりと別れを告げてから別の人と交際した可能性があります。仮にそれが真実なのであれば別れさせが必要なケースとなります。どちらにしてもまずはそのバックグラウンドを調べる形となります。その結果を見て今後を判断する形となります。

運命の人ともう一度やりなおすため山形で依頼したい

山形は秋田と同様に季節の影響をかなり受けます。特に冬季の工作は適しておりません。豪雪地帯の場合、外出は限られます。ファーストコンタクトを行うとしても不適切であり、またその後の工作も円滑に進められるわけではありません。工作に適している時期は夏でしょう。ただ相手が農家などの第一次産業をしているのであれば、繁忙期でありそれもそれで適していないところがあります。結局のところ、相手次第で工作の進むペースや可能性というものも変わってくるのです。

運命の人との復縁

復縁の費用などだいたいこれくらいの金額が知りたく送りました。復縁対象者と音信不通な感じで別れました。向こうが仕事ばかりで電話にも出なくて。それがずっと続いてなんかムカついて連絡するのを辞めたんです。今思えば、運命の人ってその人なのかなって思うようになって。もう1回戻るには情報が古いような感じがしてなんとか見つけること出来ないかと思いメールしました。

別れたのは5年前です。当時彼は鶴岡にある工場で働いていました。住まいは隣の市の酒田でした。私はも彼と同じ場所に今でも住んでいます。当時彼は仕事を辞めるかもと話していたのでもうすでに辞めている可能性もあるかもしれません。自宅も引っ越しているかもしれません。

対処法:まずは情報収集から

別れてから一定の期間が空いてしまうと情報が古くなります。ある程度の年齢に達しており、またその後数年間連絡を取らなければかなり状況が変わっている可能性があります。結婚をしているといったケースも多いです。どちらにしても今いる場所の特定が出来なければその後の復縁を目指すためのサポート業務が出来ません。

行う作業は身元特定です。情報が古いため特定をするために30万円ほど初期に費用がかかります。相手が男性ですので名前が変わることも無く、生年月日も何年経とうと同じです。このように不変の情報から特定を目指す形となるでしょう。特定後は彼に対し工作員を近づけていく形ですが、期間が空いているため依頼人の方も工作に参加してもらうことになるでしょう。工作がある程度進んだ状態で一度再会を果たし、再度気持ちを甦らせるという方法になるでしょう。

宮城で行う失敗しない復縁工作

宮城県は仙台の方からの依頼が非常に多いです。東北は札幌、仙台、盛岡の三都市からの依頼が多いです。宮城県も岩手同様に震災が起こった直後は依頼件数が減っておりましたが最近になりかなり増えています。落ち着いてきて恋愛が出来るようになってきたのでしょう。

恋愛がうまくいけばよいのですが、必ずしも自分の思い通りに行うことはできません。そのため復縁工作が必要となってくるのです。

突発的な事情(地震や事故等)で関係を深めた男女の場合、一度気持ちが冷めてしまうと修復が難し配ります。理由は相手の情報を知らずに付き合っているからです。基礎的な個人情報だけではなく、相手の趣味嗜好、行動パターン、範囲などがわからない人がいます。情報が少ないと、先々工作を行う中、動きの見えない状態で行わなければなりません。予測ができない部分や想定外のことも起こりえるでしょう。結果的に失敗する可能性が増えてしまうのです。

もちろん、相手の情報があったとしても想定外のことが起こる可能性はございます。ただ情報が無いのとあるのとでは大違いです。無い場合はまず足元を固める意味でも相手の基礎的な情報は事前に入手したうえで工作に進めるべきでしょう。このように工作はその前にある程度の下地作りが必要となる場合があります。しかし、その下地作りがうまくいかないケースというのも少なからず存在します。たとえば身元が一切特定できない状態では工作には進めなくなります。つまり特定ができなかった時点で失敗というわけです。しかし、一度にすべての費用を支払ってしまうと、例え前半の部分で失敗しても後半までをカバーできないのです。そのため当事務所では金銭的リスクをできる限り軽減できるようなプランを作成しました。仙台でも恋愛工作の経験を積んできた当事務所スタッフが適した方法であなたをサポートいたします。ご相談やお見積もりは無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

福島では遠距離の恋愛トラブルが多い

福島県は震災以降、郡山などを除いては依頼の数は減っている状態です。海岸部に関しては住んでいる人も少ないためだと思います。

福島も他の震災地域同様に出会いがあり、また別れがあるのは確かです。そのため同地域に住んでいない別の場所に引っ越した方からの依頼はございます。

福島で多いケースは遠距離の復縁です。出会った当初は近場に住んでいたものの仕事や学校の関係で遠距離となり、その後疎遠な状態が続き気が付けば別れてしまうといったものです。遠距離恋愛はお互いがそれの意識がないと関係が悪くなってしまいます。距離というものをしっかりと理解し、双方ともに負担の偏りがないようにすることが関係を継続させるための秘訣です。遠距離恋愛を成就させるためには一方的にどちらかの住んでいる場所に行くというのは好ましくありません。相互で通い合うような形をとるべきでしょう。しかし、愛情の度合いというのは二人の間でも違いがあります。毎日連絡を取りたいと思う人もいれば、用もないのに電話をするのは煩わしいと感じる人もいるでしょう。このように真逆な考えの方たちが遠距離恋愛をすれば、お互いの主張が通らず関係を悪くしてしまうのです。

連絡を取らなければ疎遠となる、連絡を取れば嫌がられる、このようにどちらをしたとしても関係が悪くなります。しかし事前にある程度決めておけばそれは避けられると思います。どれくらいの頻度で会うのか、また連絡を取るのかという部分を話し合って決めてしまえばストレスなくやり取りが行えるでしょう。男女の恋愛においてもお互いの意思は尊重しあうべきです。話し合いながら妥協点を見つけるというのも重要です。しかし、遠距離恋愛というのは長期間続けるべきではないです。それをしていればいつかは破たんしてしまうわけで、どこかしらで目安を決めるべきでしょう。目安無く延々と遠距離恋愛を続けていれば、短い期間で破綻してしまいます。ただ2年後には一緒に暮らすというような目標や目安があれば、多少のトラブルも乗り越えられるようになるのです。このようにして関係を常に意識することが大切なのです。

福島県内ではそれ以外の悩みを持つ方でも復縁工作の対応をしております。いわき市などでも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

相談お見積もりは24時間対応で無料です。電話、メールまたはLINEでお問い合わせください。

TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム
メールアドレス*
ご相談内容*
■大まかな相談内容だけで構いませんのでお書きください。