アライバル探偵社

復縁したい方がすべきポイント

別れてしまった彼氏や彼女とよりを戻したいという方が復縁を願います。
当事務所はそのサポート業務を行っております。

厳密にいうと復縁というものは離婚した男女がやり直すことを言い、縁という言葉は縁談などに使われるように結婚を意味します。
縁を復活させることがそれにあたるわけですが、最近では恋人同士だった人たちがよりを戻す場合においても使われるようになりました。
当事務所でも夫婦関係の改善だけでなく別れた元彼、彼女とよりを戻すためのサポート業務を行っております。よりを戻すためにはどのような作業が必要なのかを考えていきましょう。

まず別れた状況がどのような形だったのかを思い出してください。
大きく分けると二通りあります。

■自分自身が別れの原因。
■元彼や元彼女が別れの原因。

少なからず別れには双方ともに何らかの原因があるとお考えください。相手に明らかな原因があったとしても自分自身にも少なからず落ち度があります。しかしどちらかに別れの発端となったものがあると思います。

交通事故と同じようなもので過失割合がどの程度なのかを考えてみましょう。

自身に過失がある場合、コミュニケーションが取れていなかったことが多いです。仕事が忙しく会う時間が作れない。要望に応えられなかった。反対に依存度が高すぎて距離を置かれてしまったなど精神的な部分で関係がこじれるケースが多いでしょう。

この場合、綺麗な形で別れられない場合が多いです。自分からしてみれば相手のことを考えて行動していたとしてもその気持ちが伝わっていなければ意味がありません。人によっては別れの原因がわからないという方もいらっしゃいます。恐らく原因は自分にあるとは思うが、具体的に何が悪かったのかわからないというものです。直接聞けるわけもなく対策を講じようにも何もできないという状況ではないでしょうか。このような場合は自身で解決するのは難しいでしょう。まず目指すところは連絡の取りあえる関係です。

元彼や元彼女に過失があるケースで考えられるは第三者、つまり別に好きな人ができたものです。厳密にいえば見切られた、または寝取られた形ということです。

この場合相手が悪いわけですが、そのような行動を起こしたのはあなた自身にも落ち度があったと思うべきでしょう。復縁したい相手の気持ちは別の方向を向いているため、その向いている方向を変えていかなければなりません。このような場合、別れ際がある程度穏便であれば関係が良好の時もあるでしょう。恋人ではないとしても友達として関係が続いているのであればそれは残しておくべきでしょう。よりを戻すためには相手との接点が最低限必要です。今の関係を生かしつつタイミングを待つ形となるでしょう。

このようにどちらが悪かったのかを考えるとその後どのような対処が必要なのかが見えてきますが、あくまでも方針を決めるために判断するだけです。

くれぐれも「相手が悪い」と決めつけないようにしてください。

お話しした通り相手が悪かったとしても少なからず自身にも過失があります。例え相手の浮気が原因だとしても全面的に悪いと決めつけるのではなく、自分にも落ち度があったのではないかと思うのが重要です。

原因がわかったらその対処!

原因がわかればそれをどのように対処していくかを考えます。

復縁したいと願う人の中には相手に依存している方が多くいらっしゃいます。ただ現状別れており、あなたに対して気持ちがない、もしくはマイナスの評価です。むこうの立場になればわかると思います。

好きでもない、むしろ嫌いな人から好意を伝えられてもうれしいと思う人はいないでしょう。反対に不愉快になってしまいます。無理によりを戻すように話しても余計関係を悪くしてしまいます。

病気と同じで治療をせずにいれば病状が悪化します。まず病気の原因となる部分の治療です。別れ際に相手からいろいろと言われていると思います。それが事実なのかはわかりません。ただ与えられた課題のようなものですのでそこを修復するところから始めるべきでしょう。

復縁は突然できるものではありません。一段ずつ登り、その先に成功があるのです。可能性が高まるのであれば何でもするという気持ちでいなければなりません。何もせず悩んでいるよりも改善に向けて行動を起こすことは極めて重要なものとお考えください。

このようにして対策を行っていくわけですが、それをしたとしても復縁は難しいです。

完璧に熟し、問題を改善しても相手の気持ちはそれで変わるわけではありません。

「問題点がなおったからよりを戻そう。」
それでできるのであれば苦労は無いでしょう。

一番のポイントは相手の気持ちの変化です。相手は別れを決意、そして実行に移しております。例え問題が改善していたとしても受け入れる側にその気がなければ何も変わりません。ただ単に無害な人になったというだけで終わります。よりを戻したいと訴えたとしても受け入れないでしょう。

復縁を目指す上で相手の気持ちが変わらなければ全てが意味のないものとなります。しかし当事者が相手の気持ちを変えるというのは難しいです。もちろん時間の経過とともに悪い印象が薄れる場合もあるでしょう。しかしそれがいつになるかはわかりません。また時間の経過とともに生活も日々変わってしまいます。新たに恋人ができてしまう場合もあるでしょう。このように準備が整ったとしても相手の気持ちをこちら側に向けさせなければならないのです。

私たちはそのサポートをしております。

復縁工作って何!?

復縁を考えている人であれば一度は聞いたことがあると思います。よりを戻したい相手をターゲットとして工作員を近付け、相手の気持ちを変えたりする作業のことを言います。

工作業者のほとんどが探偵業者です。その理由は行う過程でターゲットを尾行しなければならないケースがほとんどだからです。他人から依頼を受け対象者を尾行や張り込みなどをするためには公安委員会に届け出をしなければなりません。工作業務自体は探偵業とは関係ありませんがそれを行う過程で調査が必要となってきますので、どの業者も届け出をしているのです。

まず、工作というのは具体的に何を行うのかをお話しいたします。これに関しては案件により違いがあるため状況を聞かない段階で全てをお話しするのが困難ですが、基本的にはターゲットの気持ちを聞きつつ心理誘導をしていくのが主な業務となります。相手は別れを決意した人です。頭ごなしによりを戻すように説得をしたとしても受け入れてくれるのは稀でしょう。そのため説得は好ましくありません。自発的によりを戻しても良い、戻りたいと考えるようにしていかなければなりません。また情報収集という点でも工作は重要となります。接点が少ない、または無い状態ですので相手の今の状況が把握できていない人は多いでしょう。これでは切り出すタイミングも計れません。状況を知ることで対策もしやすくなるでしょう。

敵を知り、己を知れば復縁殆うからず

復縁をする上でまずは自分の問題点、つまり自分自身を知る。次いで相手の状況を知る。これが大原則となります。「敵を知り、己を知れば百戦殆うからず」という孔子の言葉があります。自分の置かれている状況を知り相手の今を知れば対策も考えやすくなるでしょう。短絡的に行うのではなく、状況を見て戦略的に行うのがポイントとなります。

工作を行う上で重要なポイント

何をするにしても必要となるのが情報です。不足している場合は最低限それを揃える作業が必要となります。最低限必要なものは勤務先や自宅住所、容姿がわかる写真、SNSなどです。最低限自宅か勤務先は必要となります。

SNSなどがわかっており書き込みを一般公開しているのであればある程度の動きも見えてくるでしょう。ブログなどをしていれば心理状態も把握できる場合があります。そのほか趣味嗜好、性格、行動パターンといったものです。

これらをもとに方針を決める形となります。無計画で行えばそれに伴うリスクは多くなります。もちろん人を対象とするためすべてを取り決めることは不可能です。そのため今ある情報をもとに大まかな方針だけは決めておきます。あとは実際に進める中でそれに合わせた方法を考える形となるでしょう。

情報が揃った後は工作員を近付ける接触、連絡先交換に移ります。この段階で新たな恋人がいるという事実が分かった場合は別れさせ工作に移行します。ただ必ずしも交際相手に工作を行うという手法とは限りません。復縁を視野に入れているのであればやり直したい相手をターゲットとして別れさせと並行して復縁工作を行うケースもあるのです。詳しくは別れさせ屋のページをご覧ください。

工作員を近付け、連絡先交換後は定期的にやり取りをしつつ関係を構築してい行きます。工作は基本同性工作員を利用します。友達関係を構築していく中で定期的に会い元カレ、元彼女の話を聞き出していくのです。また現状を把握するために情報収集も同時並行で行います。このような作業を行い、心理誘導へと移行します。心理誘導の具体的な手法に関しては相手の反応や案件の状況により異なりますのでその都度考える形となります。

その他可能性や細かな部分は恋愛のプロが手掛ける復縁工作をご確認ください。またわからない点や詳しく聞きたいことがありましたらお気軽にお問い合わせください。


◆LINEでも相談対応しております。

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容