アライバル探偵社
別れても好きな人と、やり直すために

復縁を目指すために私たちができること

別れてしまった彼氏や彼女とよりを戻したい方が復縁を願います。
当事務所はそのサポート業務を行っております。

復縁はまず別れた原因を考えるところから

厳密にいうと復縁というものは離婚した男女がやり直すことを言い、縁という言葉は縁談などに使われるように結婚を意味します。
離婚のことを離縁と呼び同じ人と再婚することを復縁と呼ぶ。縁を復活させることがそれにあたるわけですが、最近では恋人同士だった人たちがよりを戻す場合においても使われるようになりました。
当事務所でも夫婦関係の改善だけでなく別れた元彼、彼女とよりを戻すためのサポート業務を行っております。

よりを戻すためにはどのような作業が必要なのかを考えていきましょう。
まず別れた状況がどのような形だったのかを思い出してください。
大きく分けると二通りあります。

■自分自身が別れの原因。
■元彼や元彼女が別れの原因。

少なからず別れには双方ともに何らかの原因があるとお考えください。相手に明らかな原因があったとしても自分自身にも少なからず落ち度があるはずです。交通事故と同じようなもので過失割合がどの程度なのかを考えてみましょう。

自身に過失がある場合、コミュニケーションが取れていなかったことが多いです。仕事が忙しく会う時間が作れない。要望に応えられなかった。反対に依存度が高すぎて距離を置かれてしまったケースもあるでしょう。この場合、綺麗な形で別れられない場合が多いです。自分からしてみれば相手のことを考えて行動していたとしてもその気持ちが伝わっていなければ意味がありません。
人によっては別れの原因がわからない方もいらっしゃいます。原因は自分にあるとは思うが、具体的に何が悪かったのかわからないというものです。直接聞けるわけもなく対策を講じようにも何もできない状況ではないでしょうか。このような場合はひとりで解決するのは難しいでしょう。

相手に過失があるケースで考えられるは第三者、つまり別に好きな人ができたケースです。厳密にいえば見切られた、または寝取られた形です。
この場合相手が悪いわけですが、そのような行動を起こしたのはあなた自身にも落ち度があったと思うべきでしょう。

復縁したい相手の気持ちは別の方向を向いているため、その向いている方向を変えていかなければなりません。このような場合、別れ際がある程度穏便であれば関係が良好の時もあるでしょう。恋人ではないとしても友達として関係が続いているのであればそれは残しておくべきです。
よりを戻すためには相手との接点が最低限必要です。今の関係を生かしつつタイミングを待つ形となります。

このようにどちらが悪かったのかを考えるとその後どのような対処が必要なのかが見えてきます。

くれぐれも「相手が悪い」と決めつけないようにしてください。

お話しした通り相手が悪かったとしても少なからず自身にも過失があります。例え相手の浮気が原因だとしても全面的に悪いと決めつけるのではなく、自分にも落ち度があったのではないかと思うのが重要です。

原因がわかったらその対処!

原因がわかればそれをどのように対処していくかを考えます。

復縁したいと願う人の中には相手に依存している方が多くいらっしゃいます。ただ、現状はすでに別れており、あなたに対して気持ちがない、もしくはマイナスの評価です。

むこうの立場になればわかると思います。
好きでもない、むしろ嫌いな人から好意を伝えられてもうれしいと思う人はいないでしょう。反対に不快です。無理によりを戻すように話しても余計関係を悪くしてしまいます。そのため問題点の修復作業が必要です。病気と同じで治療をせずにいれば病状が悪化します。まず病気の原因となる部分の治療をしていきます。

別れ際に相手からいろいろと言われていると思います。それが事実なのかはわかりません。ただ与えられた課題のようなものですので別れの原因を意識し、そこを修復から始めてください。

復縁は突然できるものではありません。一段ずつ登り、その先に成功があるのです。
可能性が高まるのであれば何でもする気持ちでいなければなりません。何もせず悩んでいるよりも改善に向けて行動を起こすことは極めて重要なことです。

このようにして対策を行っていくわけですが、それをしても復縁は難しいです。

完璧に熟し、問題を改善しても相手の気持ちはそれで変わるわけではありません。問題点がなおったからよりを戻そうと言ってくれればよいのですが、そのような答えは返ってきません。それで復縁できるのであれば苦労は無いでしょう。

復縁において問題の修復と同様に必要なポイントは相手の気持ちの変化です。
相手は別れを決意、そして実行に移しております。例え問題が改善しても受け入れる側にその気がなければ何も変わりません。ただ単に無害な人になったというだけです。よりを戻したいと訴えたとしても受け入れないでしょう。

復縁を目指す上で相手の気持ちが変わらなければなりません。しかし当事者が相手の気持ちを変えるのは難しいです。
もちろん時間の経過とともに悪い印象が薄れる場合もあるでしょう。しかしそれがいつになるかはわかりません。また時間の経過とともに生活も日々変わってしまいます。新たに恋人ができてしまう場合もあります。このように準備が整っても相手の気持ちをこちら側に向けさせなければならないのです。そのために復縁工作という手段があるのです。

恋愛のプロが手掛ける復縁工作

復縁工作と聞いて何をするのかわからない方も多いと思います。
そのため基本的な工作の説明をします。

復縁工作とは「復縁を目指すために何かしらの作業を行いながら相手とよりを戻す機会を作り出す」というのがそれにあたります。「何かしらの作業」が工作に該当する部分です。

方法はご予算や状況により変わるのですが、基本的によりを戻したい相手に工作員を近づけ、その中でよりを戻す要素を見つけ出す、または心理誘導などを行いながら、戻りたい気持ちをよみがえらせる。また別れた原因となる部分を改善しつつ、復縁の可能性を高めていきます。

これらの作業を行うためには、工作員がターゲットとなる人に接点を持たなければなりません。まずはこの作業が工作のスタートとなります。
面識は無いため、接点を持たなければならないのです。誰かの紹介というわけにはいきません。仮に誰かの紹介で近づいてもそれでは意味がないのです。お宅様とつながりがあると思われてしまえば、警戒して本心を言わなくなるでしょう。警戒心が芽生えるとさらに印象を悪くしてしまいます。そのため、全く関係のない形で接点を見つけ出さなければならないのです。
知り合いとなるために自宅がわかっているからといって直接家に行くわけにもいきません。つまり尾行や張り込みなどの作業を行いつつ、その中で接触を目指していくのです。

接触を行い、連絡先交換をします。何度も偶然を装い会うのは不自然でまた無理があります。そのため電話番号やLINE、メールアドレスを交換し、まずは友達関係を構築いたします。その後やり取りを行い、定期的に会っていく形となります。そこで本件の復縁工作がスタートするのです。
ここまでの作業が前半部分となります。下地作りではありますが、先に進めるためのアプローチで、これがうまくいかなければ次に進めません。そのためある程度本腰を入れ行う必要があります。

やり取りを開始し、定期的に会っていきます。以後は関係の構築を行いつつ本題である復縁に向けたサポートを行います。ここで重要なのはいままで交際していた時の状況や相手の情報です。
復縁をすべきだと説得してもそれは受け入れてはもらえないでしょう。理想は相手からよりを戻したい気持ちになってもらうことです。ここではリーディングという手法を使います。持っている情報をうまく駆使し、相手によりを戻したい気持ちを芽生えさせ、その行動を起こすように心理誘導をしていきます。

工作を行う上で重要なポイント

何をするにしても必要となるのが情報です。不足している場合は最低限それを揃える作業が必要となります。最低限必要なものは勤務先や自宅住所、容姿がわかる写真、SNSなどです。最低限自宅か勤務先は必要となります。

SNSなどがわかっており書き込みを一般公開していればある程度の動きも見えてくるでしょう。ブログなどをしていれば心理状態も把握できる場合があります。そのほか趣味嗜好、性格、行動パターンといったものです。

これらをもとに方針を決める形となります。無計画に行えばそれに伴うリスクは多くなります。もちろん人を対象とするためすべてを取り決めることは不可能です。そのため今ある情報をもとに大まかな方針だけは決めておきます。あとは実際に進める中でそれに合わせた方法を考える形となるでしょう。

情報が揃った後は工作員を近付ける接触、連絡先交換に移ります。この段階で新たな恋人がいるという事実が分かった場合は別れさせ工作に移行します。ただ必ずしも交際相手に工作を行うという手法とは限りません。復縁を視野に入れているのであればやり直したい相手をターゲットとして別れさせと並行して復縁工作を行うケースもあるのです。詳しくは別れさせ屋のページをご覧ください。

工作員を近付け、連絡先交換後は定期的にやり取りをしつつ関係を構築してい行きます。工作は基本同性工作員を利用します。友達関係を構築していく中で定期的に会い元カレ、元彼女の話を聞き出していくのです。また現状を把握するために情報収集も同時並行で行います。このような作業を行い、心理誘導へと移行します。心理誘導の具体的な手法に関しては相手の反応や案件の状況により異なりますのでその都度考える形となります。

復縁できる可能性って?

復縁できる可能性はあるのか?という質問が多いのですが、それはゼロではありません。ただ何%の可能性があるのかはお伝えできません。

そもそも、相談時では限られた情報しかありません。その程度の情報で可能性云々の話はできないのです。相手の性格を話していただいたとしても、それはあなた側から見た相手です。つまり事実とはズレが生じている部分もあるでしょう。そもそもその相手の性格がわかっているのであれば、別れる状況は免れることができたでしょう。別れたのであれば、相手の性格を理解できていなかったのだと思います。少しきついことを言いましたが、これは事実です。
人対人、とくに恋愛に至っては相手のことがあまり見えていない場合が多いです。主観的となり自分の感情を優先するからです。そのため齟齬が生じたり関係に亀裂が入ったりするのです。

工作を依頼する上で可能性がどの程度なのかを気にするお気持ちは非常にわかります。しかし何も見えていない状態ではそれを判断できないのです。そのため、現段階で言えることは五分五分というところです。もちろん、進める中で見えてくるでしょう。そのため着手しながら可能性は判断していきます。

可能性を高めるためにできること

可能性を高める上で重要なものは情報です。工作において情報は重要なポイントとなります。そのため今お持ちの情報を整理してください。必要な情報は客観的なものです。相手の住まいの場所、勤務先、日常の暮らし方や趣味嗜好などが客観的な情報です。確実性があり、第三者から見ても正しいとされる情報が多ければそれは可能性が高まるでしょう。工作は情報量次第で行える方法は変わります。選択肢が増えれば不測の事態にも対応できるようになります。
情報が多ければその分可能性は高まるわけですが無理に集めようとするのは禁物です。とくにあなたはすでに別れた、もしくは別れそうになっている相手です。そのような状況で情報を集めるために動き、それを知られてしまうと余計状況が悪くなるばかりか、工作がその時点で行えなくなってしまう可能性もあるのです。動くのはお控えください。

復縁の可能性を高めるためには依頼人側も変わっていく必要があります。
相手に復縁したい気持ちが芽生えても、当事者が以前と変わりがなければまた別れる可能性があります。
復縁は別れの原因の改善と、相手の気持ちの変化、また依頼人自らの気持ちや問題点の改善がありはじめてできるものとなります。つまり依頼者様もその間修復や自己改革に向けて行動を起こさなければなりません。よく別れたら冷却期間が必要なんてことが言われています。冷却期間とは何もしないで冷静になる期間ではないのです。

冷却期間はどれくらい置くべきか

よく、別れた後は冷却期間を置くべきだと言われます。その理由は時間の経過とともに精神的ストレスを和らげ、また過去の不快感を忘れるようにするため。時間が癒してくれるのはこれが理由です。その癒しの部分が不完全な状態でアプローチをかければ拒否反応から相手は逃げの姿勢となってしまいます。そのような状況下で復縁を迫れば、ストーカー扱いされてしまう恐れもあります。ではどの程度の期間を置くべきかに関してです。これに関しては正直お答えようがありません。なぜなら別れた状況や相手の精神的な負担というのは見えないからなのです。
別れ際、過度のストレスを与えていた場合、円満に別れて現在も連絡が取れる状態とを同じ尺度で考えるわけにはいきません。相手が何を思っているのかわからない以上何日経てばよいのかはわからないのです。

このように相手の心理状態により置く期間が変わるのは当然です。ただ別れ際がスムーズなのであれば、比較的短い期間で癒えるでしょう。逆にひどい状態なのであればある程度時間を置く必要があります。

一般的には三週間~三か月程度といわれております。

しかしこの期間中には様々な作業をしなければなりません。冷却だから「ただ冷静になり待つ」ではだめなのです。

別れた後の対処法

「冷却期間なので何もせずにじっと待ち続けた」
これは大きな間違いです。

何もしなければ状況は平行線のままです。冷却期間という言葉通り何もしないのは大きな間違いです。よりを戻したいのであれば、それまでに行わなければならない必要最低限のことをすべきでしょう。落ち込んでいる暇はないのです。つらくても何かをすべきなのです。時間的余裕は一切ありません。

基本的に別れの原因の多くは「別れの原因が自分自身にある」か「理由が分からない」のどちらかです。ただどちらに関しても自分に責任があると考えて行動すべきでしょう。
復縁は問題点の修復をしなければ改善しません。つまり何もしていないということは、改善にすら近づいていないということです。冷却期間の喪が明け、いざアプローチをかけたとしても良い回答は返ってきません。状況が変わっていないためそれも当然でしょう。冷却期間とは別れの原因の究明や改善に費やす期間となります。何をすべきかをおさらいしていきます。

男女問わず異性には知性や教養、見た目などの最低限の部分は求めてくるでしょう。付き合う相手は見た目ではなく中身と話す方もいらっしゃいますが、同じ中身が伴っているのであれば見た目のよいほうを優先するでしょう。見た目が判断材料ではないとしても、悪いよりは良いほうがいいでしょう。
相手の趣味嗜好にあわせ体系を変えていく、メイクや服装を変えるのも重要なポイントとなります。このようにして以前とは違う自分を作るのも一つのポイントです。もちろん180度変わる必要はなく多少の変化でよいのです。何かが変わったと思わせるのは復縁で重要なポイントとなります。

また見た目以上に中身の変化も必要です。
見た目が悪いから別れたというケースは少なく、ほとんどは中身に問題があり別れた形だと思います。
依存度が高い、束縛が強いなど、相手への要求が過度となり関係を悪くしてしまうのです。その結果別れた人は多いのではないでしょうか。つまり、その中身の部分が変わらなければ復縁の可能性はゼロなのです。

別れた後は冷却期間を置く、ただしその期間中は自己改善をしていく。このようにすることで復縁の道はひらけていくのだと思います。何もせず悩んで待つのではなく、やらなければいけないことはたくさんあります。復縁を目指すのであれば、自分自身を見直していくべきでしょう。

冷却期間中にしてはいけないこと

期間中絶対にしてはいけないこと、それは期間中は絶対に相手に連絡をとらないことです。当たり前です。冷めるのを待つわけですから、相手には何もしないというのが条件です。一度でも連絡を取ってしまえば、状況は悪くなります。

連絡を取らないと忘れられるのではないか?それで構わないのです。

問題が生じているわけで一度相手の心の中、頭の中から消える必要があるのです。期間中に連絡を取れば、また一からではなくそれ以下のところからスタートしなければならなくなります。くれぐれも連絡は取らないように注意しましょう。

もう一つは、あなたも一度相手のことを頭から消し去ってください。期間中、相手のことばかり考えていると夜も眠れなくなるでしょう。それでは心身ともに疲弊してしまいます。健康は恋愛をうまく進めるうえで必要な要素です。精神的に不安定な人と復縁したいとはだれも思わないでしょう。
心身ともに安定させる上で相手のことは忘れてください。無論、SNSなどの動きを見るのは禁物です。中途半端に相手の情報がわかるのは余計悩みを増やす形となってしまいます。これらは一度遮断すべきでしょう。

料金システム

当事務所は一度にすべての費用を支払わないで済む形で対応しています。ほとんどの業者がまずは一度に着手金を支払います。この費用は成功不成功関係なく発生します。他社の場合、全体の1割にも満たない状態で終わったとしても着手金の返金はありません。1割しかできないのであればそれ以降の費用を支払うのは無駄となります。復縁工作は確実なものではないため成果だけではなく金銭的リスクを考えて行わなければなりません。失敗した際の負担は軽減すべきでしょう。そのため当事務所ではいくつかの作業に分けて進める形を採用しております。

事前調査

事前調査費用 10~30万円(地域等により異なる)
事前調査期間 1~2週間(案件内容・情報量により異なる)

ファーストアプローチ(工作に進むための初期段階)

工作費用 50~70万円(地域等により異なる)
工作期間 ~1ヶ月(案件内容により異なる)

本工作(別れさせ・復縁工作など)

工作費用 10万円(地域等により異なる)
工作期間 1ヶ月(案件内容により異なる)※平均期間4ヶ月。
成功報酬 40万円

このような形で種別ごとに分類し、その中で成果を求めていきます。

この業界では着手金を支払った途端に連絡が取れなくなる。事前に話していた内容と全く違う。このようなトラブルが絶えないようです。トラブルの原因となるのが着手金です。一度に支払ってしまうと返金はない。だからこそ業者も仕事を疎かにしてしまう。業者と依頼人は信頼関係で成り立ちますが、一度や二度会っただけで信用しろというのは酷なものです。関係とは実際に着手していきながらできるものであり、その手前では難しいのです。そのため当事務所ではこのような形で費用の支払いを分け、信頼関係を作りながら工作を進めていくシステムを採用しているのです。事案により料金が異なり、また状況や手法次第で費用の支払いも軽減できます。そのためまずは状況を教えてください。ご連絡お待ちしております。

地域別体験談及び特徴

東北地方 loading=

東北地方 対応地域は北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島となります。

関東地方

関東地方 東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬の特徴

中部地方

中部地方 山梨・静岡・愛知・長野・岐阜・三重のすべての地域

甲信越地方

甲信越地方 新潟・富山・福井・石川などの北陸地域

関西地方

関西地方 大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山などの近畿地方の特徴

中国地方

中国地方 広島・岡山・山口・島根・鳥取の復縁工作

四国地方

四国地方 香川・愛媛・高知・徳島のすべての地域

九州地方

九州地方 福岡・大分・宮崎・佐賀・長崎・熊本・鹿児島・沖縄


相談お見積もりは24時間対応で無料です。電話、メールまたはLINEでお問い合わせください。

TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム
メールアドレス*
ご相談内容*
■大まかな相談内容だけで構いませんのでお書きください。