アライバル探偵社

身元調査や人探し

他社とは違った方法で、ターゲットの特定を目指します。
人探しというのは探偵業の基本的な業務の一つです。テレビなどでよく見る「あの人は今...」や行方不明者の捜索などは探偵業が行っていることがあります。基本的には手元にある情報をもとに足取りを調べるという形が主となります。情報量が多ければその分見つかる可能性も高まるでしょう。しかし自殺や誘拐など事件性のある行方不明者(特異家出人)を探し出すというのは非常に難しいものとなります。そもそも足取りを残しているわけではなく、また警察が捜査をしても見つからないという状況です。警察はよほど凶悪な事件でない限りは、受理をし手続きを行い、それに伴い業務を行うだけです。ちゃんと調べてほしいと思っても、全ては警察の裁量で行われるため、しっかりとやってくれるかは警察次第となります。探偵業はあくまでも仕事として行いますので、依頼人の要望が叶うように調査を行います。

家出人の数というのは年間で10万人程度といわれております。6割ほどが二年以内に所在が確認でき戻ってくるケースですが、残り4割は帰宅確認が取れておりません。取れてない内訳は死亡、犯罪などに巻き込まれているケース、二年以内に所在が分からないというものです。この残り4割が特異家出人に該当する人たちです。毎年2000~3000人程度行方不明となっているのが現在の状況です。

死亡が確認されるケースですが、最も多いのが自殺です。家出をする人は自殺を目的とした人がいます。基本的に自殺願望のある人はすぐに死のうとはしません。ある程度の期間の中で決心を決め自殺場所を探すのです。つまり早期に発見できていればそれを止めることが出来るでしょう。行方不明になってから二週間程度が目安となります。そのため自殺する可能性がある場合はすぐにでも警察に届け出を行い、それでも不安なのであれば;探偵社に問い合わせることをお勧めいたします。当事務所でも対応しております。

最近多くなってきているのが未成年者の家出です。以前までは数日待っていれば帰ってくるということがほとんどでしたが、最近では家出したまま行方不明になってしまうケースもあります。生活をするため犯罪に手を染めることもあるでしょう。また犯罪に巻き込まれるケースもあります。そのような事態になってからでは手遅れです。これに関しても早めに対処するのが望ましいでしょう。当事務所ではご親族からのご依頼というのも多く受けております。

このように家出をした人の捜索が主となりますが、それ以外の人探しもございます。以下の様なものがそれ以外の案件です。

お金を貸したが逃げられた。
初恋の人の現在の状況が知りたい。
生き別れた親を一目みたい。
復縁したい相手の今の住まいが知りたい。
住所は分かるが勤務先が分らない。逆に住所が分らないというケース。

このように人探しといっても様々です。ある程度の情報をお持ちであれば調査自体は可能です。ただ情報が少なければその分費用も高くなり、また判明率も下がってしまいます。まずはどのようなものをお持ちなのかをご確認ください。判明率を上げるポイントは「人探しのポイント」をご確認下さい。ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。


◆お電話でのご相談・お見積りも無料にて承ってます。

0363040074

以下のフォームは簡易相談ができるものとなっております。お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。当事務所のスタッフより連絡をいたします。なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容
クレジットカード対応