アライバル探偵社

同性愛者の恋愛事情

テレビタレントの影響からか、同性愛に対する意識も変わってきております。社会的にも認知され、海外では同性同士の結婚も認められるようになりました。性同一性障害を患っている方の性転換をすることに対する意識も変わりつつあります。ただそれでも一般の恋愛とは違いがあり、前に進めないなどの悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。とくに年配の方には良い印象を持たない人がいるようです。病気だから、性癖だからという理由では納得はしてもらえず、また肉体的な欲求ではなく精神的な欲求といってもそれも理解してくれない人もいます。同性愛を毛嫌いする方も中にはいらっしゃいます。このように周りから冷たい対応をされ、結果的に別れを選ぶ方も中にはいらっしゃいます。とくにこの手の悩みを抱えているのは女性に多いようです。

まず基本的なことですがFtMやMtFなどのGIDの方と同性愛者とは別で考えなければなりません。前者は生物学的性別と自己意識が違うというものです。つまり心と体の性別が違うというものです。一つの障害です。

同性愛というのは恋愛の対象が同姓というだけで、自己の性に違和感を感じているわけではありません。一つの性癖のようなものです。GIDの方の場合、そもそも見た目の性別が違うだけであり、異性愛です。つまり根本が違います。同一視されることが多いのですが、別物とお考えください。このページでは同性愛の恋愛に関してお話いたします。

一般的ではないように思われますが、古来より男色文化というのは日本に定着しております。有名なのは織田信長や武田信玄といった戦国武将ですが、彼らも男色家で少年愛といった性癖を持っておりました。また江戸時代では衆道という一つの哲学と考えられ、民間でも男色文化が発展していたそうです。歌舞伎役者もその手の行為をしていたそうです。女性の同性愛が表に出ていないのは単に男性社会だったためでしょう。恐らくレズビアンというのも以前からあったものと考えられます。昔からあったとは言うものの、日本の道徳的考えから同性愛というのはあまり社会的に見ても良いものとされておりませんでした。また本人もそれで悩んでいる方が多かったと思います。

近年ではタレントがカミングアウトするケースが多くなり、その悩みも少なくなってきております。またインターネットが普及したおかげで、出会いの場というのも増えてきております。ゲイやレズビアン専門のSNSサイトなどができたおかげでしょう。以前までは新宿二丁目やハッテン場と呼ばれる特殊なコミュニティでしか出会いが無かったためかなり閉鎖的なものでしたが、現在はそのあたりがクリアになってきています。しかしながらやはり一般的ではないのは確かです。社会的認知はされているものの、それを受け入れるかどうかはその人次第です。そのためそこで悩み、苦しんでいる人は結構いるのだと思います。

ちなみに同性愛の経験がある人は統計でみると2割程度いるそうです。つまり10人中2人は経験者ということになります。もちろんその時の気持ちでそうなっただけの人も中にはいるでしょう。ただその気持ちが少なからず誰しもあるということは間違いありません。

恐らくこのページを見ている方は同性愛で悩んでいる人で、且つ自身の恋愛が成就できないと苦しんでいる人でしょう。当事務所ではそのような方の恋愛をサポート、またアドバイスをしております。結局は人と人とのつながりあいであり、そこには男女という壁はありません。方法次第では対処できる部分もあると思いますのでお気軽にお問い合わせください。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容