アライバル探偵社

結婚サポート

結婚サポートとは交際しているが結婚までには至らない。この状況を打破すべく、人為的に気持ちを動かしていく工作です。家族の反対があり結婚に進まないといっても成人していれば結局のところ当事者の問題です。家族にしっかりと話をすれば恐らく理解をしてくれるものを、それをせずして時間だけが経過してしまう状況を招きます。そうならないためにサポートしていきます。

結婚話が進まないワケ

結婚に踏み切れない多くの理由は以下です。

■家族や親族の反対。
■経済的な状況。
■当人まだ遊びたいからという理由で結婚をしてくれない。

多くはこれらの理由でしょう。どれも対処は可能だと思います。

結局は本人の意志の弱さが問題点となっております。本当に結婚したいのであれば多少の障害も乗り越えられるでしょう。それが出来ないのはただ逃げているだけです。

結婚の価値観の違いなども関係してくるでしょう。また周りの影響もかなり受けているのだと思います。逆に相手に問題は無く、相談者様自身に問題があるケースもあります。しかし当事者間でそのような話が出ることも無く、また仮にあったとしてもそのことは言わないでしょう。今の状況が心地よく思っているのであれば、わざわざ荒波を立てようとはしません。結局のところ、相手の気持ちが見えていない状態ですので相談者様側からアプローチもできないでいるのだと思います。

下手に進めようとすれば関係が悪くなってしまう。この曖昧な状況を続けていく形となってしまうでしょう。このまま問題なく関係が続けばよいのですが、いつかは破たんしてしまうかもしれません。

女性の場合妊娠できる年齢的な問題も抱えているわけです。子供を産みたい気持ちから結婚を押し迫る方もいらっしゃるでしょう。問題点を解決していない中でそれをすれば相手との関係は悪くなってしまいます。重要なのは相手の気持ちを知りそれを動かす力を備えることです。それをするためには別の目線で相手を見て何を考えているのかを知るべきです。それが難しいようであれば第三者の力を借りるのがスムーズに結婚に進めるためのチケットを掴むことが出来るかもしれません。

後悔しない将来を考えるのであれば、今の段階でしっかりとした対応をした方が良いでしょう。

状況別対処法

交際はしているが結婚の話が進まないという方に当事務所ではサポート業務を行っております。
ただできない理由は人それぞれです。案件に合った方法を選んでいく形が理想です。

相手が結婚しているため、話しが前に進まない

別れさせ屋工作が必要な案件です。離婚が成立しなければ一緒に生活をすることはできません。
また今の様な不倫関係を続けていればいつかは破たんしてしまいます。早急に対処するのが望ましいでしょう。詳しくは別れさせ屋のページをご覧ください。

お互い結婚の意志はあるが親に反対されている場合

どちらの親が反対しているのか、また反対する理由によります。基本的に親は反対するものです。どこの馬の骨とも分らない人を突然連れてこられて結婚しますと言われれば誰でも不安に思うでしょう。余程おおらかな人間でない限り反対をするかと思います。この部分を解決せずに結婚をすることもできますが、やはり家族のつながりは切ることが出来ません。できればお互いしっかりと気持ちを決めた上で結婚をしていった方が良いでしょう。一番多いケースがこの形ですが、逆にこれは乗り越えやすい部分だと思います。本当に結婚したい気持ちがあるのであれば親の気持ちを変えることもできるでしょう。

結婚の話が出るが彼が踏み留まっている状態

経済面で結婚を踏みとどまっている方も多いと思います。特に男性はそれを考える人は多いでしょう。昔ながらの結婚観の方の場合、嫁を育てるイメージからこのように考えるのではないでしょうか。確かに子供が生まれれば経済面を気にしなければならないでしょう。ただ結婚だけであれば、そこを気にする必要はないのです。しかし、この考えが根底にあるため当事者がいくら話したとしても受け入れてはくれないでしょう。第三者のサポートが必要となるものだと思います。

彼女が結婚になかなか同意してくれない

まだ遊び足りないから結婚はしたくない。女性にはこのように考える人がいます。結婚をすると妻帯者となり友人と遊ぶのも少なくなってしまいます。また異性との交流の場も徐々に減ってしまうでしょう。年齢が若い人はこのように考える人が多いようです。

女性がそのように考えている場合は、その人の気持ちを動かしていく形が良いでしょう。男性の場合、ただ浮気をしたいだけなのかもしれません。この場合は性格的な問題でありそれを変えるのは少し難しいところがあります。相談者様に魅力が無いと思われているのかもしれません。または釣った魚には餌をやらない人なのかもしれません。この場合は工作ではなく自己改善やアプローチの仕方を見直していくのが効果的でしょう。

元々相手は赤の他人

そもそも結婚観が違う男女が同じ土俵の上で話し合ったとしても良い着地点は見つかりません。場合によっては譲歩したりする必要も出てくるでしょう。結婚まではある種の交渉のようなものです。お互いが好き同士だとしても結婚を選択しない人も中にはいるのです。極端に考えれば結婚は書類上の契約のようなものですが、それを重く考える人も中にはいるでしょう。このように価値観の違いが前に進まない状況を生んでしまうこともあります。そのためお互いの考えを認識することから結婚の道はスタートしていくものです。これは親に反対されている場合でも同じです。結局は親のせいにしているだけで、交渉が苦手なのでしょう。親に対し交渉をするというのは少し変な言い回しではありますが、感情を抜きにすれば何事も交渉にあたるのです。冷静になってみて親の気持ちを考えるのも一つでしょう。このようにすることで結婚のための第一歩が踏み出せるかもしれません。

アフターサポート

結婚サポートをどのように進めるかにもよりますが、ターゲットに工作員を近付ける形を取っていればその後のサポートが行なえる形となります。結婚はするまでがメインではなく、その後の生活が重要となります。円滑な結婚生活をするためには何が必要でしょうか。それは相手の気持ちを知ることです。相思相愛といってもやはり相手の見えない部分はあると思います。そのため相手の気持ちがわからずに悩んでしまう方、または真逆の対応を取り怒らせてしまう方も中にはいるでしょう。些細な喧嘩から離婚に発展してしまうこともあるのです。ただ相手の気持ちが事前に分っていればそのようなトラブルが発生せず円滑な結婚生活を送れることが出来ます。アフターサポートはそれをするための工作のようなものです。結婚前に工作員がすでにパートナーの方と交友関係が出来ております。結婚したから工作を終了とするのではなく、その後も継続的に関係を続けていれば、今の相手の気持ちを聞きだすことが出来るでしょう。不満点を聞きながらそれをもとに改善策を見つけ出す。また再度聞きながら状況を少しずつ変えていく。復縁工作に似た作業ではありますが、このケースは別れているわけでもなくまた何か大きな問題を抱えているわけではありません。そのためゆっくりと状況を変えていく形が重要となります。アフターサポートは有料です。ただこの段階までくればさほど労力が必要となりませんので安価で対応が出来ます。

アフターサポートの内容
■結婚後の相手の動向などを見る。
行動調査に該当します。浮気をしていないかなどの動きを見てそれを報告する形です。ただこの場合外側から相手のことを見るだけとなりますので、効率も悪く得られる情報も少ないでしょう。このような調査を行うよりかは下記のような工作を行うほうが効率的だと思います。

■相手の気持ちを探る。
すでに接点を持った工作員が相手と会い、気持ちを聞き出していく形です。スパイのようなものです。結婚をしてみてどういう気持ちだったのか等を聞き出していきます。すでに関係も出来上がっており、また相手の性格なども周知しているためより具体的に何を考えているかがわかりやすいです。アフターサポートの一般的な方法となります。そこで問題点などがあれば依頼者に報告、その対策に関してもこちらからアドバイスしていきます。

このようにアフターサポートで結婚生活を円滑にするのも一つの手です。何よりも重要なのは結婚をした後です。ある程度年数が絶てば相手の考えも読めますが、それ以前は分らないところが多いと思います。手探りで進めるというのも一つですが、ちょっとした過ちが離婚話に発展してしまう可能性もあります。それなのであればリスクを少なくするためにこのようなサポートを利用した方が良いと思います。

料金システム

当事務所の結婚サポートの費用はその他の工作同様に成功報酬制となっております。ただ他の工作とは違いターゲットの情報は一通りそろっていることがほとんどです。そのため事前調査は不要な場合があります。いかが料金システムです。

ファーストアプローチ(工作に進むための初期段階)

工作費用 50~70万円(地域等により異なる)
工作期間 1~2ヶ月(案件内容により異なる)

本工作

工作費用 10万円(地域等により異なる)
工作期間 1ヶ月(案件内容により異なる)※平均期間4ヶ月。
成功報酬 40万円

事前調査が必要ないため、他の工作よりは30万円ほどやすくなるでしょう。その分を本工作に回すのも一つです。短期間では解決できるものではないためある程度時間をかけて行ったほうがより可能性が高まります。

FAQ

未成年者でも利用可能でしょうか?

未成年者の場合はご両親などの保護者の同意が必要となります。基本的に未成年者の方が結婚に進まないと悩んでいるケースではご家族の同意が得られないためです。そのような場合、当事務所に依頼をする形は取れないでしょう。現実的には依頼不可とお考えください。

成人はしてますが親の反対を受けております。そのようなケースでも依頼可能でしょうか?

結婚サポートの多くはご家族の反対によるものが非常に多いです。しかし、成人している以上判断は相手の方とあなたです。手法次第では結婚に進めるチケットを手に入れられるかもしれません。そのため状況を詳しく教えてください。

付き合ってもいないが結婚までのサポートをしてもらえる?

このような場合はまず付き合える環境を整える形となります。結婚サポートとは違う形となります。まずは付き合うまでのサポートを行い、その後継続して行う形となります。行う作業が多くなりますので料金システムも違います。詳しくはお問い合わせください。

相手が遊び足りないからという理由で結婚に踏み切ってくれない。このようなケースでも対応できる?

年齢が若いとこのような考えの方は多くいらっしゃいます。これは相手の気持ちが変わらなければ前には進みません。つまり心理誘導などを行う形となりますが、基本的に対応可能です。

結婚を約束したが相手は既婚者で奥さんが離婚に同意してくれない。何とかならないか?

このようなケースの場合はまず別れさせ屋工作が必要となります。ただ離婚が成立すれば結婚へと話が進むため、そちらを主とし工作を行う形となるでしょう。

結婚の話を無理に進めようとしたら別れ話を切り出された。何とか修復したいが可能か?

復縁工作が必要な案件だと思いますので、まずは元の状態に戻す必要があります。それができればその後は無理せず進めることで結婚へと進むのではないでしょうか?工作期間中は相手への接し方などの恋愛アドバイスも同時に行う形となります。

相談お見積もりは24時間対応で無料です。電話、メールまたはLINEでお問い合わせください。

TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム
メールアドレス*
ご相談内容*
■大まかな相談内容だけで構いませんのでお書きください。