アライバル探偵社

北海道・東北地方の別れさせ屋


料金システム 相談窓口

北海道、東北地方全域で対応しております。

札幌や旭川以外の場所でも低価格を実現

札幌を中心に道内全域対応です。

当事務所は都内にあるため料金が高くなるのかと不安に思われる方がいらっしゃいますが、その心配は無用です。確かに空路でいくため、経費がかかります。ただ、進め方次第で負担を少なくすることができるのです。

行う作業をまとめて進めておこなう。

このような形で行えば交通費を安くできるのです。また、全国で対応しているため、別の案件と絡めて行えばその負担も軽減できます。そのため、それらの経費は少なくて済むでしょう。

それよりも案件全体や内容の部分で悩むべきです。

ススキノ

札幌のススキノは平日での人の往来が激しい。

北海道の場合、やはり雪の影響が大きいです。初期段階が他の地域より難しくなります。ターゲットの外出する機会が減ることもあるでしょう。しかし、生活をする上で、出掛けないで自宅に籠り続けるのは無理があります。また働いていれば、職場の往復もするでしょう。場所が札幌であれば電車移動の可能性もあります。

動かない人をターゲットするにはある程度数をこなしていくしかありません。調査も重要になりますが、それだけ行っていても状況は変わりません。そのため、基本的な情報が揃っている場合は調査を行わずにすぐに工作にする形で当事務所は行っております。

北海道だから頼めないのでは…。
そのようなことはありません。当事務所は道内全域で対応しております。

北海道の体験談、口コミ

私が当初依頼をしたのは復縁でした。私も彼も札幌市内にある役所に勤めていました。二年前から交際し、夏休みは東京に遊びに行ったりしたのですが、その冬に彼のほうから別れを告げられました。彼は私のわがままに耐えられなくなったと話していました。確かに束縛していたところや依存していたところはありました。ただ、恋人であれば当然の要求しかしておらず、無理難題を押し付けたわけではありません。もう一度やり直したいと伝えましたが、それは受け入れてもらえませんでした。

色々と悩み、インターネットで検索したところ、このような業務を請け負っている業者があることをしりました。

複数業者があり、札幌市内にも何社かあるようですが、どこも怪しいところばかり。掲示板にも悪徳がいるというのを見ました。

色々と悩みましたが、見ているだけでは前に進まないと思い、この会社に電話をしました。担当の方は親身になって状況を聞いてくれ、理想の方法を提案してくれました。

実際に依頼をし、着手したところ、新たな事実がわかりました。

彼に新しい彼女がいたのです。しかも私の後輩にあたる人が彼女でした。それを聞き、写真も見せてもらいましたがしんじることが出来ませんでした。実は彼を紹介してくれたのはその彼女だったからです。

正直何もする気が起きませんでしたが、それを聞き彼と復縁したい気持ちが高まりました。本来はよりを戻すために依頼をしたのですが、別れさせる必要がでたため、方法を変えることにしました。

ターゲットを彼ではなく彼女に。彼女に関しては後輩だったため、情報は揃っていました。具体的な方法に関してはここでは控えますが、荒れることなく自然な形で別れさせが成功しました。

まさか復縁を望んでいたのに別れさせ屋に頼むことになるとは思っていませんでしたが、これで気持ちの整理がつきました。

彼との関係ですが、まだ復縁には至っておりません。ただ、もう二人では会わないという話でしたが、最近休みの日に遊べるようになりました。まだ道のりは長いですが、頑張ってもとに戻ろうと思います。

担当者の一言

本件のように、本来の目的を達成するために別れさせが必要なケースがほとんどです。ただ事前にわからない場合もあります。すすめるなかで新たな事実がわかることもございます。また時間の経過とともに状況が大きく変わる場合もあります。そのため一つの方法に決めうちするのではなく、状況を見ながら都度方法を考えていく必要があるのです。冬に依頼があったものだったため、北海道の雪に苦戦しましたが、理想通りに進められたのはよかったです。

難易度が高くても成果を上げる青森の別れさせ

別れさせ屋を青森で行うなら当事務所を利用すべきです。

青森は北海道より南にありますが、地域としては一番工作を行うのが難しい場所となります。

■交通の便が悪く、ターゲットの移動手段が車である。
■職業の大半が農業か公務員。
■人口が少なく、工作を行うのが不自然。

他にも理由がありますが、都道府県の中では難易度の高い場所となります。

成果に繋げる方法

スポットで行うと漏れが生じます。今日の動きが明日も同じではありません。連日して作業をすることで漏れを少なくでき、また自然な形で進められるようになります。難易度が高いからといって諦めないで下さい。まずは状況を把握するために一度ご相談下さい。

青森の体験談、口コミ

お恥ずかしい話ですが、私は妻子がありながら、とある女性と深い関係になりました。その女性は同じ社内の人です。社内といっても私たちの職業は教師です。つまり、学校でした。

ちょっとした気の弛みだったのかもしれません。確かに彼女のことは尊敬し、今でも好きです。ただ子供のこと、今まで支えてきてくれた妻のことを考えると離婚は出来なくて。そのため彼女に別れを告げました。そのときはきれいな形で別れられたのですが、あとになりやっぱり離婚してほしいと言われました。話をしても感情的となり、終いには職場や妻、私の親に事実を伝えると喚かれました。

確かに彼女には悪いことをしたと反省しております。また自分で蒔いた種なので、本来であれば罰を受け入れるべきですが、妻や子供、また教え子にも迷惑がかかるかもしれないと思い、別れさせ屋に依頼をすることになりました。

てっきり依頼前は彼女に工作員を近づける形だと思っておりましたが、状況や最終目的などを考えた結果、ターゲットにするのは妻となりました。不倫関係と婚姻関係、優位なのは後者です。つまり妻を動かすことができれば被害を最小限に止めることができるという理由でした。他の業者には彼女に工作を仕掛ける形を提案されていましたが。、具体性がなく、また実現も難しい感じでしたが、ここでは最終的にどうなればよいのかという部分を踏まえ、方法を考えてくれました。確かに自分が悪いことをしたので、妻にそれをわかってもらい、妻が最終的に判断するのが一番だとそのとき私も感じました。

てっきりただ伝えるだけかと思っていたのですが、そうではなく根回しをしっかりと行い、妻の負担にならず、離婚の選択を選ばないようにしてくれたのは本当にありがたかったです。

今は夫婦の関係も良好です。彼女から謝られました。春に異動となり、会うことはなくなりましたが、彼女には迷惑をかけてしまったと今でも反省しております。

担当者の一言

一般的な別れさせ工作はカップルのどちらかに異性を近づける形ですが、本件のように第三者を動かすことで円満に進められるケースもございます。不倫者と婚姻者立場は明らかに結婚している側が有利であり、法的にも認められております。浮気相手は立場が非常に悪いです。そのため脅しのようなことをしたりするのです。しかし、そこを上手く潰せば、相手は何も出来なくなるのです。青森では連日して張り込みをすることとなりましたが、ターゲットが妻だったため、情報も多く比較的スムーズに進められました。

秋田の彼は既婚者。夫婦を別れさせたい

秋田の雪

豪雪地帯の秋田では冬の工作は難易度が上がる。

秋田駅前、特に飲み屋が多い川反では人も多く、工作を進める上でやりやすいのですが、少し離れれば田畑が広がり、難しい地域です。このような場所は日にち選びが重要です。相手の職業により変わりますが、基本平日は会社と家の往復です。しかも車移動です。つまり立ち寄らなければ工作に進むための接触ができません。ただ休みであれば可能性は広がります。外出するのが条件ですが、家を出ればどこかに行きます。その先で接点をもてばよいのです。問題はカップルで動かれた時です。二人で出掛けられてしまうとなにもできなくなります。この辺りは二人の関係などを踏まえて行う形となるでしょう。

なまはげ

男鹿市にあるなまはげ。秋田の観光スポット。

秋田では鹿角でも潟上などの地域でも対応しております。
また男鹿市などでも工作は行っております。
一度当事務所にお問い合わせ下さい。

秋田の体験談、口コミ

前から別れさせ屋さんの存在を知っていました。ただ、まさか利用するとは思ってもみませんでした。

私はとある男性とモバゲーでやり取りをし、意気投合しリアルで会うこととなりました。同じ趣味だったため、そのときは凄く楽しく、短い期間で深い関係となりました。その後も定期的に会い、デートなどもしたのですが、あるとき彼から実は結婚しているということを言われました。私は彼が結婚していたとしても構わないと伝えたのですが、彼は受け入れてくれませんでした。妻のところに戻ると言って私のもとを去りました。彼と一緒になるためには別れさせ屋に頼むしかない。もうその時に気持ちは決まっておりました。

ターゲットは妻。一般的な方法を用いて進める形となりました。妻も働いているため、日中は別行動、また休みの日もバラバラのようですが、問題は仕事が看護師ということでした。休みがいつかわからない。また、夜勤や準夜勤などシフトもバラバラ。こんな中で果たして動きが押さえられるのか不安でした。ただここではそれを踏まえた上で方針を決めました。

スポットで行うよりも連日して行い相手の動きを把握する。またいつチャンスが来るかわからないため、いつでも接触が出来るような方法で行うというものでした。確かに夜勤とわかれば次の日は休みの可能性が高まります。前日のシフトである程度予測ができることもあります。空振りは痛いですが、それも先につながるため、我慢しました。

連日して行ったおかげで相手の休みの日がわかり、自然な形で接触が行えました。工作を進めるなかで、妻は離婚を選択しました。彼はそれを最初は受け入れなかったようですが、妻は彼が浮気をしていたことを知っていたようで、彼の意見に関係なく離婚となりました。工作員がそばにいると、この辺りの情報がすぐに入ってきたため、彼から連絡がくるタイミングもわかりました。でも、彼は私に嘘をつきました。本当は妻のほうから離婚をされたのに、やり直したいから別れてきたと話したのです。これを聞いて私は冷めてしまいました。

別れても好きな人。岩手盛岡で復縁のための離縁工作

震災の影響で一時は減少しつつありましたが、最近になり別れさせ屋の相談及び依頼も増えてきました。理由は恐らく県外の人が岩手に来たからだと思います。

盛岡の繁華街

盛岡の飲み屋街。夜になるとネオンが光る。

依頼件数は多少人口に比例します。関わる人が多ければ摩擦が生まれ、新たなトラブルが発生します。特に関係が短い中で急速に深まるとその様なトラブルになりやすいのです。

岩手の場合、ボランティアなどのスタッフが多く流入しました。干渉は避けられません。男女の出逢いも多くあったでしょう。震災の影響で結婚を早めた方もいらっしゃいます。このように不安も影響していると思います。

ただ不謹慎ではありますが、その震災を有効に使うことで自然な形で進めることもできます。岩手だからできる方法を提案いたします。

岩手の別れさせ屋体験談、口コミ

彼女から別に好きな人ができたと言われ、一方的に別れを告げられました。その人はボランティアで来た人のようです。寝とられた形となり、本当にムカつきました。彼女はその男と一緒に岩手を離れて東京で生活するそうです。

男の身元が全くわかりませんでした。担当からは彼女を追って割り出すしかないと言われました。特定出来ない可能性もあると言われましたが、待っていたところで状況は変わらないと思い、依頼を決意しました。

結果からお伝えすると、別れさせは成功しました。しかも工作員を近づけることなく彼女が別れを選択する形で終わりました。

男性は他の女性にも手を出していたため、それを利用しました。

まず、最初に行ったことは男の特定でした。そいつが普段なにやっているか不明のため、担当の人と話をして、彼女の休みである火曜日と水曜日を狙いました。予想通り、休みの日に二人は会い、男の家を特定しました。本来であれば工作員を近づける形でしたが、男が帰る前から家の明かりがついてました。そのため、翌日張り込みをしたところ、女性と一緒に住んでたんです。予定とは大幅に変わりましたが、結果彼女が戻ってくるのであればどうでもよかったです。依頼して正解でした。

彼女は再度僕のところに戻ってきて、以前よりも関係が良好になりました。あのまま何もせずにいたら、今のように彼女とは一緒にいられなかったでしょう。早い段階で頼んでよかったです。

担当者の一言

工作員を近づけることが必ずしも適しているとは限りません。情報を上手く駆使することで、本件のように成功するケースも多いのです。
そのため、多少の調査が必要な場合もあります。この辺りは話を聞きつつ判断する形となります。

山形で依頼するなら冬と夏どっちがよい?

山形県では酒田から米沢まで県内全域で対応しております。夏は暑く、冬は寒い。さらには豪雪地帯のため特に真冬の工作はあまり適してはおりません。外出する機会も限られるため適している時期は夏でしょう。鶴岡市なども同様に行う時期は考えなければなりません。どうしても日本海側は雪の影響が強いです。別れさせ屋工作を行うためにはどこかしらでターゲットと接点を持たなければなりません。つまり外出する機会が多いほうがより成功に近づきます。

口コミ・体験談

夫に浮気相手と本気になったから離婚してほしいといわれました。相手は夫の職場の28歳の女性です。今年の8月上旬から海に行くようになり、それがきっかけで仲が深まり二人きりで会うようになりました。

勤務明けや休みの日に夜中から朝方にかけて、最上などにドライブにいったりしているみたいです。そしてつい先日両思いであることが確認できたそうです。

夫は私のことを嫌いになったのではなく、私に対して一緒にいるのがあたりまえになり好きという気持ちがうすれてきていて、いまは相手女性に対する好きという気持ちのほうが大きいのだそうです。相手女性が夫のどこを好きといってきているのかきくと一緒にいて楽しい。話をしていて楽しい。自分のことをわかってくれていそう。相手女性は本気だとはいってるようで夫も相手のことは本気で好きだとはいっていますが本当に相手女性が本気なのか?という疑問もあるようでもし相手が本気でなく、離れていくようならばあきらめるしかないとおもっているようです。

このような経緯ですが、二人を別れさせることが可能でしょうか?当方の最終的な目的は夫婦再生です。私たちの間には子供がいません。上記の通り二人が別れれば夫は戻ってくると思います。私たちの住まいは山形市内で、浮気相手に関しては寒河江に住んでいるようです。

解決方法

相談者の方は妻であり、そのため浮気相手よりも法律上立場は上です。夫側が離婚したいと申し出たとしても、妻がそれを受け入れなければできません。しかし、法的に縛っていても、それは何の解決にもつながりません。

夫婦再生を目指しているのであれば二人の関係を断ち切る必要があります。一般的な手法の場合、異性を近付ける形ですが、本件の場合は同性工作員を近づける形が良いと思います。交際していたとしても相手女性の要望は叶いません。しかし、当事者はそれに気付かない、もしくは気付かないようにしているのです。

善意の第三者が女性と仲良くなり気持ちを聞き出しつつ、今の関係を続けていても幸せに離れないという話をしながら心理誘導をする形となるでしょう。

仙台からの依頼が多数。宮城県の工作事情

宮城では仙台近郊の都市からの依頼が多くあります。2011年の東北地方太平洋沖地震の影響で一時期依頼は減りましたが、最近は以前と同じようになりました。ただ沿岸部からの相談はいまだ回復しておりません。そのため仙台近郊の名取や多賀城などからの依頼に偏っております。

単純に人口に比例しているのかもしれません。東北では県庁所在地に人口が偏る傾向があります。そのためその地域は交通などが発展しておりますが、それでも少し離れれば地方都市なので車は必須です。宮城で工作を行う場合も車が必要となるでしょう。とくに休日は車で外出する人が多く、行き先に応じて手法を都度考えなければなりません。事前に決められた方法通りには進められないということになります。そのため依頼をする段階では大まかな方針だけ決めておき、後は状況に合わせて変化させていく形の方がより可能性が高まるでしょう。

業者の中には一つの作業しか行わないところがありますが、ふたを開けて見たら全く違っている可能性もあるのです。そのような中で無理に決められた方法を進めようとすれば結果的に失敗してしまうでしょう。別れさせ屋工作は確実なものではありません。そのため出来る限り成果を高めるための努力が必要となります。他社にはない工作プランを提供いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

口コミ体験談

1年くらいずっと好きだった人に、彼女がいることが最近わかりました。無理に別れさせようとは思いませんが、どこの誰で、いつから付き合ってるのか、彼との今のラブラブ度などの情報がわかれば別れそうな時期を狙って再び彼に有利にアタックできるかと思い、ご相談させてもらいました。

ちなみに彼の家は名取でと会社は仙台。それと車くらいの情報しかありません。彼はプライベートはあまり話さないほうなので彼女の情報も全くありません。

彼女との関係をみた上で諦めるかそれともアプローチをするか、もしくは別れさせるかを考えたいと思っております。

解決方法

別れさせのターゲットは彼にした方がよいでしょう。彼から気持ちを聞き出しつつ心理誘導を行う形となります。このような形で進めれば二人の関係性を直接聞き出せ、また彼の気持ちを聞き出すことができます。

また心理誘導で別れさせにもつながりさらには交際をするように促すこともできるのです。工作は目の前のことだけではなくその先の目的も踏まえて方法を考えなければなりません。

彼のことなので情報は揃っていることでしょう。
そのため事前調査はさほど必要ないと思います。

震災後に変化。福島の別れさせ相談

福島の方からの依頼は震災の影響で一時的に減りました。原発の問題で沿岸部は済んでいる人が少なく案件が少ないです。とくに今回の地震で人の流れが変わりました。

除染の看板

いまだに震災の爪跡を残す福島市。

ボランティアのスタッフや工事関係者など様々な人が出入りしております。また帰宅困難地域で自宅をあとにし、郡山などに引っ越した方、被災したため仮設住宅に住んでいる方もいらっしゃいます。このように環境が変わることで新たな出会いや恋愛トラブルが発生することもあるのです。

実際に震災後結婚をするカップルが一時的に増えました。恐らく自然災害の恐怖から一人でいるよりも誰かと一緒にいたい気持ちだったのだと思いますが、その場のノリと勢いで結婚をしてしまったため、以後後悔をしている人も中にはいらっしゃるでしょう。しかし主だった離婚事由も無く、また別れを切り出したとしても話し合いになるどころか余計気まずい状況を作ってしまうため、何もできずにいる方も多いと思います。

結果的に別れさせ屋業者に依頼をするしか手が無いと考え相談をする方もいらっしゃいます。当事務所ではそのような悩みを抱えている方のサポートもしておりますのでお気軽にお問合せしていただけたらと思います。

口コミ体験談

娘が46歳男性と半年ほど付き合っている。娘は「入籍する」と言っており、先週の土曜に頼まれて3人で会った(彼を紹介された)。男性は同じ郡山で喫茶店を経営している。娘もそこで出会ったと思われる。が、この3月で同店を閉めることが決まっていて、そのあとは田舎の二本松に帰る見込みが高い。そっちで住みこみの形で仕事をするかもしれないし、もしくは郡山に残って何か仕事を探すかもしれない。

娘は相談者らと実家暮らしだが、時々男性の家に寝泊まりする。まだ学生で、3月に卒業予定。だから少なくとも3月までは実家にいる。相談者が娘の結婚に反対なのは年齢の問題と、その男性がバツイチであるため。母親もいわく、外見だけでなく内面的に考えても、どこが良いのか分からないとのこと。3人で会ったあとに娘に対して結婚には反対だとメールをしたが、「考えておく」旨の返事があったのみ。この二人の関係を断ちたい。

解決方法

お嬢様の年齢が若く、交際相手と年が離れているとやはり気になると思います。成人をしているため本人の自由意志ではありますが、今まで育てた身としてはできる限り幸せな結婚生活を送ってもらいたいと思うのが親の本望です。その人と結婚することが必ずしも失敗になるとは限りません。ただ親と同じくらいの相手と付き合うのはその後苦労するかもしれません。

相手の人は遊びでお嬢様と交際をして、あとで捨てるつもりなのかもしれません。いくら本気だと言われても状況が状況のためそれを受け入れるのは困難でしょう。

お嬢様のために工作を行うのも一つだと思います。ただ強制的に別れさせる形ではなく、できる限りお嬢様に選ばせる形を目指すのがよいと思います。そのため行うのであればお嬢様に同性工作員を近づけ、結婚のこと彼のこと、また家族のことを聞き出しつつその中で別れさせを演出していくのがよいでしょう。

相談お見積もりは24時間対応で無料です。電話、メールまたはLINEでお問い合わせください。

TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム
メールアドレス*
ご相談内容*
■大まかな相談内容だけで構いませんのでお書きください。