アライバル探偵社

離婚問題や親権トラブルの解決方法

結婚とは法律上の契約行為の一つで、それを破棄するのは簡単ではありません。相応一致で婚約を解消できればよいのですが、そもそも離婚を前提にしていたわけではないので、必ずといってよいほどトラブルが発生します。トラブルの原因の多くは親権と金銭的な問題の二つです。とくに親権者の取り決めは離婚を泥沼化にする原因となっております。離婚といえど円満に解決したいでしょう。しかし、どちらか一方にしか渡されない親権は取り合いになるケースがほとんどです。そのため協議では対応できず、調停、裁判へと発展していくのでしょう。

また中には離婚をしたいものの相手が同意をしないというケースもあるようです。これも同様に一方的に訴えているだけでは解決しません。しかし、そもそも離婚の意思がない人を当人が説いたとしても解決には至りません。よけい夫婦関係を悪くし、居場所もなくなってしまうでしょう。このように思うように進まないことがほとんどですので、思い付きで行動をするのではなく、ある程度計画を練ってその中で進めるのが解決を目指す一つの方法でしょう。

親権問題に関しては夫側が頭を悩ますところです。離婚を訴えたものの、妻側は親権を主張。夫側も親権がほしいが子供が幼少のため、明らかに不利な状況。妻にも育児などに落ち度があるのにそれを証明する証拠を入手できていなかった。このような状況になってしまう可能性もあるのです。事前に準備をしておけば理想通りに離婚を進められたものの、それをせずに感情で話を進めてしまうと、痛手を追うのはあなたです。

上記のように事前に足元を固めてさえいれば離婚もできまた親権も所有ができたものの、そのあたりの準備をせずに、相手の反応に合わせてその時対応していたのでは遅い場合があるのです。とくにこの手の訴訟にも発展するような問題は先手を常に打たなければなりません。相手がどのような反応をしたとしても切り返せるように様々なカードを用意しておく必要があるのです。その離婚を円滑に進めるためのカード数が多く、また強ければこちらの都合通り話しが進められますが、手持ちのカードは一切ない状態で話し合いを行えば、相手の思うつぼです。交渉ごとは常に相手の反応を予測し、それの先回りをしなければなりません。そのあたりが見えない相手なのであれば、どのような反応でも対処できるように事前準備が必要でしょう。当事務所ではこのあたりのサポート業務を行っております。

これは親権だけでなく財産分与などの金銭的な問題に関しても同じです。情が一切なくなってしまった相手には一円たりとも渡したくないというのが心情でしょう。もちろん一切渡さないという形はできませんが、考えようによっては分配の仕方というのは変わります。ただそれらを証明する証拠はどうしても必要なのです。しかしそれを自分で集めるというのは労力のかかるものであり、また当事者が動いているのを悟られるとあとで面倒になる場合もあります。負担を少なくするために行っていた作業が、よけい負担が多くなってしまっという場合もあるでしょう。そのため一人で行動をするのではなく、第三者機関、つまり探偵や興信所などに依頼をしたほうが結果的に負担が少ない形となる場合もあります。当事務所では離婚に関する対処法の相談、またお見積もりなどを無料で行っております。よろしければ一度メールもしくはお電話にてご相談ください。


TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容