アライバル探偵社

金銭トラブル

金銭トラブルの多くは男女関係によるものから発展したケースがほとんどです。特に交際期間中に貸し借りをし、別れ際に清算しようとしてトラブルへと発展していきます。当時は付き合っているということもあり、借用書の作成もせず、また返済方法など明確にしていなかったと思いますが、所詮は赤の他人ですので、恋愛感情がゼロとなればこのようなトラブルが発生するようになるのです。

個人間のお金の貸し借りは基本的に貸した側が不利となります。無理に回収しようとすれば恐喝と見なされる可能性もあるからです。お金は無いところから回収はできません。場合によっては時間をかけて回収していくしかない場合もあります。

とくに近年ではSNSなどを通じて交際するケースも増えております。昔であれば友人の紹介だったため、その友人の伝手を使えば居場所などもわかったのですが、出会った経緯が出会い系サイトやマッチングサイトなどの場合、共通の知人がいません。つまり引っ越されてしまうと居場所が分らなくなってしまうのです。この場合、借用書があったとしても何もできなくなります。金銭トラブルを解消するのであれば以下の条件をクリアしていかなければなりません。

■借用書の有無
お金は借りたのではなく貰ったと言われてしまえばそれまでです。
しっかりと借用書を交わすべきでしょう。

■相手の身元情報
住所や勤務先だけでなく、出来れば実家や友人の情報もおさえておきたいところです。

■負担の無い返済計画
お金が無い人からは回収はできません。
そのため相手の負担が少ない回収計画を立て行うべきでしょう。

当事務所のホームページを見ている方は二番目の身元が分からないという人が多いです。ご相談もそういったものが多くあります。当事務所は探偵社ですので、回収業務を手伝うなどはできませんが、相手の身元を特定するなどの作業は行っております。逃げられてしまい居場所が分からない、そもそも情報が不足しているため、いつでも逃げられてしまう。このような方のために当事務所が住所調査などをしてまいります。実家などを把握しておけば、最悪引っ越されたとしても追える可能性はあります。

行なうべき作業

金銭の回収は回収先にお金が無ければできません。無理に行えば、余計難しくなります。相手を返す気持ちにさせなければなりません。そのため慎重に進めていく必要があります。まず初めに行うことは、貸した金額を明確にすることです。複数回貸しているのであれば合計額がどの程度なのか明確にしてください。続いて借用書の有無です。いついくら誰に貸したのかを明確にするものです。借用書があったとしても必ず返ってくるわけではありません。ただこれが無ければ貸し借りがあるかどうかが分らないのです。

借用書が無い場合はすぐに作成しましょう。最後に相手の身元を押さえることです。住所だけでなく勤務先や実家などを把握しておけば、最悪引っ越されたとしてもそれらの情報から特定出来るかもしれません。これらの一連の作業を行いながら、あとは返済計画を立てます。貸付人は立場の弱い人間です。無理に回収しようとは思わず、相手の支払える額を踏まえた上で、少しずつ回収することを目指しましょう。金銭トラブルの多くは男女関係があるケースがあります。トラブルになっているということは一刻も早く手を切りたいという気持ちなのでしょう。ただ無理をすれば回収できません。この辺りは注意して進めてみてください。


◆お電話でのご相談・お見積りも無料にて承ってます。

0363040074

以下のフォームは簡易相談ができるものとなっております。お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。当事務所のスタッフより連絡をいたします。なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム ■お名前(仮名可) 
■メールアドレス 
ご相談内容
クレジットカード対応