アライバル探偵社

身上調査・結婚調査

結婚は人生の一大イベントです。また当事者だけではなく親族も関係することです。

結婚相手とは元々は赤の他人であり、家族間で付き合えば様々な摩擦が生じるでしょう。徐々に距離を縮められれば良いですが、家族関係が上手くいかず結婚生活に支障をきたす場合もあるのです。近年では離婚者数も増加し、バツイチという言葉も定着しつつありますが、それでも離婚経験者の社会の風当たりは強いです。特に子供がいる中で離婚となれば、経済的な負担も大きいのです。このように結婚は書類だけの手続きではありません。以後一生一緒に生活することを前提としております。それで人生が決まるわけです。それなのであれば何も考えずに結婚するよりも、相手を知り、お互いが理解しあえてから行ったほうが後悔も無いでしょう。そのため、結婚を考えている方は一度当事務所にご相談ください。また親族からのご依頼も受け付けております。

身上調査とは

一般の方には身上調査と聞いてもイメージがつきづらいでしょう。ただこの調査は古くからあるものです。
結婚相談所に行かれた方であれば「身上書」を目にしたことがあると思います。また作成した人も中にはいるでしょう。
身上とは身の上(みのうえ)のこと。その人物がどのような人でどのように生きてきたかを調べるのが身上調査です。

身の上とはその人の性格だけではなく職業や出身、学歴などその人の今までの生い立ちを調べていくものとなります。一般的には婚前または結婚調査と呼ばれるものです。現在では行われておりませんが、昔は部落出身者かどうかを調べるために興信所が地名総監などを利用し、出身地がそれに該当するかを調べるというものでした。これらは差別に該当するため、法律で規制されております。業者の中には違法とわかって行っているところもあるようです。特に西側(関西や九州)では同和問題など色濃く残っており、部落調査を依頼する人もまだいるようです。当事務所では探偵業法その他関連法令を厳守し、差別を助長させるような調査は行っておりません。

当事務所独自の結婚調査

結婚相手の素性が分らなければ、なかなか話を進められない状況となってしまう人もいらっしゃいます。本当に結婚相手として適しているのか、相手は私のことをどのように思っているのか等、分らない部分が多いでしょう。とくに相手の気持ちに関しては本人にしかわからないところだと思います。当事務所ではただ尾行する、情報を集めると言った旧来の結婚調査とは違った手法で、あなたの目的を叶えるサービスを提供しております。

今までの結婚調査は借金の有無や異性関係、素行や風評など外側から見るものでした。これらの調査には色々と盲点があります。例えば借金の有無に関しては信用機関から借りたものがわかるだけで、個人間の債務はわかりません。異性との交際関係に関しても、調査日次第となってしまいます。調べても「恐らく」という言葉がついてしまうのです。調査をすることで事実がわかるケースもありますが、分らなかった場合有耶無耶のまま結婚をしなければなりません。では事実を知るためにはどうすればよいか。それは直接本人から聞き出す形です。借金がどの程度あるのか、また浮気をしているかどうかなどは本人が一番知っていることです。それなのであれば直接本人から聞き出せる状況を作っていけばよいのです。

しかし、依頼者の友人として接点を持っても事実はわかりません。基本的にこの方法は善意の第三者という形で自然な形で接点を持ち、交友関係を構築する中で聞き出していく形となります。一般的な探偵社ではこの方法は行わない、行なえないでしょう。理由はそれを行うためのプロセスやスキルが無いためです。当事務所は様々な工作を通じ、結婚調査の新たなアプローチ方法を編み出しました。当事務所ではこのようにただ尾行や張り込みをするだけの探偵社ではありません。依頼者様の要望を叶えるために様々な手法を駆使し、結果を出しております。

当事務所が行なえる調査は以下のものとなります。

貸借関係等の有無・借金の有無

結婚をする相手に借金があるのかを調べる調査となります。結婚後実は高額な借金があったと知っても、簡単に離婚はできません。近年では離婚歴がある人も多く、一般的とはなりましたが、いまだに「戸籍が汚れる」というように思う人も多いのです。高額債務があり、それの完済目途が立っていたとしても、以後同じように金銭トラブルが生じる可能性もあります。

結婚相手の異性関係

浮気は離婚原因の一つです。実は二股をかけていたなどあとあとわかるケースもあります。場合によっては実は結婚していたなど、そもそも結婚が出来ない状態の人もいるでしょう。そうでなかったとしても異性関係は事前に知っておくべきで、どのような人物と関係があるかがわかっていれば、何かトラブルが生じた時に対処しやすくなります。

過去の職歴

ターゲットが女性の場合、性風俗などで働いていたかどうかなど気にする人は多いようです。結婚後、それが明るみとなれば子供への影響もあるでしょう。男性に関しても職歴で人となりを見極めることが出来ます。職を転々としており、まともに働いていない相手であれば、結婚をするのは不安でしょう。事前に調べることでどのような人物なのかを知ることが出来ます。

親族などの情報

最近では結婚はお互いの意思で決めるという風潮ですが、やはり家族や親族とは縁が切れません。接点を少なくすることが出来ますが、全く関与しないわけにはいかないでしょう。親族に犯罪者入るのかどうか、その他夫婦生活をしていく上でトラブルは抱えていないのか等を調べる調査項目となります。

普段見えない結婚相手の素行

二人で会っているときとそうでない時のギャップは誰しもあるでしょう。見えないところで何をしているか知ることで相手の素性も見えてきます。とくに同棲経験が無い相手であれば、なおさらこの調査を行うべきでしょう。

釣書の詐称、身上書の精査

交際相手が結婚相談所やインターネット上で知り合った相手なのであれば、見えない部分が多いと思います。伝わる話はすべて相手の口からです。結婚後に嘘とわかり離婚をしたとしても、戸籍上には離婚歴と残ってしまいます。そもそも嘘をつく相手なので、あとあとトラブルに発展することもあるでしょう。

私生活における素行

暴力団関係者もしくはそれに準ずる人たちとの交際がある。その他覚せい剤や窃盗などの犯罪行為をしているなど、結婚相手としてはそぐわなく、またその後のトラブルへと発展してしまいます。怪しい動きがあるのであればそのあたりは調査すべきでしょう。

会社や近所での風評・うわさ

外から見ていても得られる情報は限られております。その人の信用、評判を知るのも結婚をする上で重要です。秘密裏に聞き出すことで調べていることは気付かれません。

資産の確認調査

お互い好き同士といっても財産の有無は非常に気になるところです。結婚後、資金面で悩むよりも良い生活が出来るほうが望ましいです。

このように結婚前に調べておくべきことは複数ございます。

差別のための身上調査に関して

日本には昔、被差別部落というのがありました。時代は江戸よりもはるか昔です。義務教育でも士農工商という身分制度があったのを習ったことがあるでしょう。被差別部落とはそのさらに下に属する不可触民に該当する村出身の人たちのことを指します。穢多や非人と呼ばれる人たちがそれに該当します。

現代ではそのような職業・身分差別はありません。しかし、そこの出身者だからという理由で差別が現代でもあるようです。とくに関西や九州などでは当然のようにある地域もございます。年々その手の差別は減少傾向にありますが、それでもごく一部で差別に該当する行為があるようです。

興信所の行う結婚調査は元々部落調査というものでした。結婚相手がその地域の出身かどうかを家系図などで調べていくというものです。40年ほど前まではごく普通に行われていたようです。ただこれらの調査は以前より法律で規制され、さらには探偵業法ができ、探偵業者は本来この手の調査は出来なくなっております。もちろん当事務所では差別を助長させるような依頼はお受けしておりません。出身地だけで結婚相手を決めるのは非常識なやり方です。当事務所ではこのような調査が無くなることを願っております。

結婚調査の相談事例

結婚調査といっても様々な側面からアプローチをかけ、また得たい情報は依頼者様により異なります。
当事務所では以下の様なご相談が多くよせられます。

■金遣いが荒いようだが、普段何をしているのかが気になる

このような場合、ターゲットを尾行し普段の生活を見る形となります。ギャンブルなどをしていないか。していた場合どの程度の頻度でどれくらいお金を使っているのか等、お金の流れを見ていく形となります。買い物に関してもカードを利用するのか現金を利用するのか、ATMの使用頻度などを確認する形となります。

■二人で会っているとき以外の生活が不明瞭

尾行や張り込みによる調査となります。過去のケースには実は妻や夫がいたものもありました。それでは結婚できません。また別に交際相手や異性との友達関係なども調べることが可能です。報告は写真を添付し、行動を時系列でまとめたものをお渡しいたします。すでに婚約をしている中で他の女性と関係がある場合は相手に対し慰謝料請求をすることも可能です。

■周りの評価が知りたい

聞き込みなどの情報収集がメインとなる調査です。
ターゲットと接点のある人物を対象にし、聞き込みを行う形です。ただ調べていることを告げれば、事実が聞き出せなくなり、さらには相手と依頼人の関係も悪くなってしまうでしょう。そのため自然な形で聞き出すことになります。

■親がどのような人なのかが知りたい

まず行うべき作業は実家の特定です。情報をもとに調べていく形となります。
実家が分れば親の行動を監視し、どのような人物なのかを見ていく形となります。

≪受けられない調査≫

■相手が特殊部落出身者か調べて欲しい。
■身内に特殊部落の出身者がいないか調べて欲しい。

FAQ

結婚相手が部落出身者なのか知りたいのですが可能でしょうか?

差別を助長させる調査は当事務所では対応しておりません。道徳的な問題だけでなく、法律で禁止されております。他の業者でも届け出をしているところは受け付けていないでしょう。

子供の結婚相手がどんな人か気になります。親族でも依頼は出来ますか?

親族からの依頼も対応しております。ただご家族からの依頼の場合、相手の情報が不足しているケースがあります。つきましてはご相談の際に交際相手の情報をどの程度お持ちなのか教えてください。

具体的にどのような情報が入手可能なのでしょうか?

違法な目的としないものであれば様々な情報が取得可能です。結婚調査で多いものが資産や借金などの金銭的な部分を調べるものです。次いで職歴や素行などその人の生活を知るために利用される方が多いです。何を知りたいのかをお話していただければそれに合わせた方法を提案いたします。

調べていることが相手に気付かれる心配はありませんか?

基本的に秘密裏に進めるため、ターゲットに調べているということは気付かれません。聞き込みなどを行う場合においても、あくまでも自然な形で行うため知られる心配はありませんのでご安心ください。

結果をもらってもどうすればよいか分からないのですが...。

結果をお伝えすると同時に当事務所スタッフからアドバイスをすることも可能です。また調査員の所感もお渡しいたします。最終的には依頼者様がどうされたいのかでその後の方針も変わってきますが、一般的なアドバイスを行い、その後のサポートが必要であれば、対応いたします。

相談お見積もりは24時間対応で無料です。電話、メールまたはLINEでお問い合わせください。

TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム
メールアドレス*
ご相談内容*
■大まかな相談内容だけで構いませんのでお書きください。