アライバル探偵社

インターネットトラブル

ネットトラブルは年々増加傾向に

近年、出会いの場はインターネットで知り合うケースが多くなってきております。ただ、ネット上で知り合うと共通の知人も少なくちょっとしたことでトラブルに発展するケースもあるのです。

ネット上で知り合う際の多くのトラブルは金銭の貸し借り、また恋愛トラブルです。

お金を貸したが連絡が取れなくなってしまった。返済を求めたくても居場所がわからない。
借用書もなく、定期的にお金を貸していた。連絡は取れるものの返済される気配がない。
モバゲーで知り合った相手とトラブルが生じ、アクセス禁止までされている。なんとかして解除したい。
Yahooパートナーズなどのお見合いサイトで知り合ったが、関係が悪くなってしまったのでなんとかしたい。
MIXIで知り合った相手と交際していたが、喧嘩別れをしてしまった。復縁は可能か?

ご相談の多くは金銭トラブルか恋愛がらみとなり、金銭の貸し借りにおいても男女関係があるケースがほとんどです。
昔であれば、友人を通じて知り合うなどがほとんどでしたが、ネット上の場合、共通の知人はいなく、いたとしても、その友人も面識が無いというケースもあるのです。もともと赤の他人であり、また匿名性の高いインターネットで知り合うため、情報が無いケースも多いのです。場合によっては名前もハンドルネームしかわからない、また連絡先もフリーアドレスということもあるでしょう。

金銭トラブルに至るケースはインターネット上の金銭トラブルのページをご覧ください。

とくに近年では出会い系サイトに代わってLINEやツイッター、FACEBOOKなどのSNSで出会った相手とのトラブルも増えてきております。若年層ではモバゲーやその他のソーシャルゲームで知り合うケースもあるようです。知り合ったきっかけがSNSで、また出会い目的なのであれば、距離が縮まる時間は短いですが、その分相手を理解せずに関係を深めるため、ちょっとしたことで溝を深めてしまうケースも多いのです。

このようにネット上のトラブルは関係者が少ないため、当事者間で解決していかなければならないものがほとんどです。しかし、すでに問題となっている状況でお互いで話し合いをして解決できるようなものではありません。それをすれば余計状況を悪くするばかりか、手に負えなくなる場合もあります。良かれと思ってとった行動が、状況をさらに悪くしてしまうこともあるでしょう。自分の気持ちで動くのではなく、状況をしっかりと見たうえで多角的に判断し適切な方法をとるべきでしょう。

出会い系サイトで知り合った相手のケース

携帯電話やインターネットが普及し20年ほど前より出会い系サイトで異性と知り合うことが多くなり、それに伴うトラブルも増えました。最近では出会いだけでなく結婚相手を探すお見合いサイトも増えており、男女関係のトラブルが多くなりました。昔は出会い系サイト業者と個人間のトラブル(詐欺等)でした。以前よりはこの手の相談は減りましたがいまだにワンクリック詐欺などに騙される方も多いようです。このようなケースに関しては最寄りの警察か消費者センター等にご相談下さい。

業者とのトラブルが大半ではありましたが、現在は個人間でのトラブルが増えております。金銭の貸し借りや結婚詐欺のような被害、また失恋から復縁を目指したいという相談まで様々あります。とくに増えているのがお見合いサイトで知り合った人と不仲になってしまったため、その間を取り持ってほしいというものです。お見合いサイトはいわばインターネット上の結婚相談所です。つまり双方ともに結婚を目的として出会いを求めております。お互い真剣だから、ちょっとした気持ちのズレが関係を悪くしてしまうのです。徐々に距離を縮めるのであれば、多少のトラブルも乗り越えられるのだと思いますが、メールなどの通信機器を用いやり取りを行い、その後会うという形であり、さらにそこから結婚まで駆け足で進めるため溝ができてしまうとそれを修復するだけの時間もありません。関係が深まるスピードが速ければ、壊れていくスピードも同じように早くなってしまうのです。一度壊れてしまったものを自ら改善するのは不可能に近く、第三者を介在させなければなにもできなくなってしまいます。また相手はその後も結婚相手を探しているため、早めに手を打たなければ余計な作業をするはめになる場合もあるでしょう。お見合いサイトで知り合った相手との復縁を目指しているのであれば、早めに対処するべきです。

最近増えているケース

・ヤフーパートナーで知り合った相手と何度かあったが、別れ話を切り出された。
・アッチャンで会ったが連絡が取れなくなってしまった。相手の情報が不足しているがなんとかしたい。
・出会い系サイトで知り合った相手にお金を貸したが連絡後取れなくなってしまった。居場所を特定してお金を回収したい。

以上のように金銭トラブル、よりを戻すための復縁工作の依頼も増えております。
ただ、何をするにしても情報がなければはじまりません。無い場合は一から調べる必要もあります。どのような情報があるのかにより進め方は大きく変わるため、まずは一度お問い合わせいただき、状況等を教えてください。

SNSで知り合った相手のケース

インターネットの出会いは出会い系サイトの代わり、SNSで知り合うケースが増えております。無料サービスであり、ある程度相手の身元がわかる場合もあるからでしょう。オフ会などに参加し、関係が深まることも多いようです。このような出会いから結婚をするカップルも増えております。ただネット上で知り合うと、相手の素性がわからないこともあります。交際したあと実は既婚者だったと知らされるケースもあります。これが知り合い経由であれば、このようなことはおこらないでしょう。簡単に知り合えるというメリットの裏には相手の素行がわからない、素性を知らない場合が多いようです。

しかし、関係を深めてしまった以上、あきらめるのはなかなか難しいものです。できれば上手くやり直せないか、交際を続けることはできないかという相談も多くあります。とくにネット上で知り合うケースは共通の知人が少なく、間を取り持つ第三者がいません。一度関係を悪くしてしまうと、相手がどこで何をしているのかがわからなくなる場合があります。仮にわかるとしても、それはネット上の情報のため、どこまで本当のことをアップロードしているのかは不明です。

SNS絡みのトラブルになってしまった方の多くは、このネット上の情報を頼りにしてしまいがちなところがあります。ログインの時間や、ネット上でつながりがある人とのやり取り、発言内容などを逐一チェックし、いろいろと考えてしまう方が多いです。それらは一つの情報のため、参考になりまたそれをもとに対策を行える場合もありますが、それが足枷となり余計悩まされたり、また振り回されたりする場合も多くあります。ネットの情報はあくまでも参考程度にしておくべきであり、それをすべてと思わないことが大切です。

とくに最近はソーシャルゲームやモバゲーなどでのトラブルが増えております。

相手と一度もあったことはないが、相手のことが好きになってしまったというケースもあります。しかし、お互いの考えの相違、またブラウザ上でのやり取りしかしていない希薄な関係のため、ちょっとしたことで関係は悪くなり、アクセス禁止やID削除などをされてしまい、連絡を取る手段すらなくなってしまう場合もあります。本来であればそうなる前に対策を行うべきでしたが、そもそも関係を悪くなる前提でやり取りはしていません。この場合、相手の身元が一切わからなくなってしまうこともあります。そうなると私どもでも対応できない形となる場合もあります。

どちらにしても、現状どのような状況なのか、また最終目的はなんなのかと今お持ちの相手の情報はどういったものなのかを教えてください。何かしら解決策が見つかるかもしれません。

ネット詐欺、インターネット上の金銭トラブル

ネット上で知り合った相手にお金を貸してしまい、連絡が取れなくなるケースはいまだにあります。相手を信用してしまい、それで貸してしまった。しかし突然連絡が取れなくなる場合もあるのです。相手の身元を知っているのであれば回収の見込みはありますが、名前も住所もわからない相手の場合、何もできなくなってしまいます。またそのような状況に至ってしまう方の多くは借用書もなく、そこに金銭の貸し借りがあった証拠がない場合がほとんどです。仮に相手の居場所を突き止めたとしても、「借りていない」といわれてしまえばそれまでです。訴えを起こす貸主側には、貸したことを証明する必要があります。借主に関しては借りたことを証明する必要はありません。このように居場所が特定できたとしても難しいわけで、さらに身元を調べて特定をする作業が必要なのです。免許証などを確認しており、正確な情報がそろっていればよいのですが、ほとんどのケースは名前も本名かわからない、住まいも不明という状態です。確実にわかることは、ネット上で使用している氏名やID、メールアドレスまたは携帯番号と容姿程度です。このような状況から身元を特定していかなければなりません。

まずはお手元の情報を整理してみてください。以下の情報は揃っているでしょうか?
相手の名前、生年月日、大まかな住まい、容姿や写真(プリクラでも可)
これらの情報があると望ましいです。できれば使用するであろう最寄り駅と写真があると都合がよいでしょう。地方で車移動が考えられる場所であれば、車両ナンバーや車の特徴があるとある程度方針が立てられると思います。まずはこれらの情報をもとに、ある程度範囲を狭めていきます。情報が少ないため、少しずつ情報を拾っていくしかないでしょう。

料金システム

インターネット上のトラブルの解決方法は、各ページを見ていただければわかるとおり様々な方法があります。行う作業が多くなればなるほど費用も高額となってしまいます。つまり情報が少なければその分費用は高くなってしまうのです。場合によってはお受けできないケースというのもあるでしょう。この手のトラブル解消で多い料金は30万円前後です。安い金額であれば10万円程度でしょう。情報が全くないという状態の場合、100万円単位の金額がかかるケースもあります。

このように行う作業により料金が変わります。しかし、支払える金額は限りがあり、資金の限界だけでなく、本案件に支払える上限額というのもあるでしょう。たとえば30万円の金銭貸借回収を目指すのに40万円使うのはありえません。このように予算的な部分は行う上で重要なところなのです。闇雲に進めていけば、そのように支払額が予算枠を大幅に超えてしまう場合もあります。そうならないためには前もって資金面を明確にしたうえで、その範囲内でできる方法を考えていく方がより理想的な形で進められるのです。金銭的なところの負担を軽減させ、そのなかでできる解消方法を探していく。これが当事務所の料金システムとなります。

あくまでもイメージとなりますが、当事務所の料金は一か月30~60万前後(地域や人数等で変動)、単発の場合10~20万円程度となります。どちらにしても状況を詳しく聞かないからには見積もりをお出しすることができません。そのため、まずは一度お問い合わせいただき現在の状況また情報量と最終的な目標を教えていただけたらと思います。

FAQ

入会した覚えがないのに料金の請求が来た。

入会した覚えが一切ないのであれば、支払う必要はありません。ただ実際に利用をしたのであれば、支払いの義務があるのは当然のことです。不安であれば消費者センターや弁護士に相談されることをお勧めいたします。

結婚相談所で知り合った人と付き合っていたが先日別れてしまった。やり直したい。

まず別れた経緯、相手の情報をまとめてください。どの程度の頻度で会い、相手の反応はそれまでどうだったのか、別れ際何をして結果的にどうのような話し合いだったのか。それと相手の情報で何を持っているのかで方法が変わります。ただほとんどのケースが復縁耕作という作業を行い、よりが戻るように仕向けていく形となります。

モバゲーで知り合った相手と以前と同じようにやり取りが行えるようになりたい。

ネット上の関係は相手が見えない分残酷な状態で別れることもあります。一方的に拒否をし、以後連絡を取らないという方もいらっしゃいます。リアルな世界で会っていれば、お互い顔を合わせて話し合いができますが、空想世界の場合、そのようなことをせずに関係を断ちきることができます。まず、相手の情報は何を持っているのかを確認してください。相手の居場所を特定するだけの情報があれば、リアルな世界からアプローチをかけ、それが無いのであればネット上から作業を行う形となります。このように情報量により手法は大きく変わります。

お金を貸したが返済がない。自宅の場所も知っているが、回収は可能か?

当事務所は金銭回収業者ではありません。回収業務を行うことは法律で禁止されております。当事務所ができることは、借主の身元特定までで、それ以後はご自身もしくは弁護士等の代理人を立てて行う形となります。このような金銭トラブルのご相談はお控えください。

相談お見積もりは24時間対応で無料です。電話、メールまたはLINEでお問い合わせください。

TEL MAIL

◆LINEでも相談対応しております。

LINE

以下のフォームからでも簡単に相談が可能です。

お名前とメールアドレス、ご相談内容を書き、確認画面を押してください。
当事務所のスタッフより連絡をいたします。
なお、携帯アドレスをご利用の際は一時的にPCアドレスから受信できるように設定してください。
またアドレスのお間違えの無いようにお願いします。

無料相談フォーム
メールアドレス*
ご相談内容*
■大まかな相談内容だけで構いませんのでお書きください。